第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

艦これ展(ジーストア)回顧11:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録11

CCIMG_9784 - 2

護衛艦の歴史を紐解きますと、興味深いのは、しらね型が、はるな型の改良型に留まった事で、部隊計画が大きく変容したこと

CCIMG_9782 - 1

当時は護衛隊群にヘリコプター搭載護衛艦は汎用護衛艦に艦載機がない前提でしたので、51護衛隊と52護衛隊に、しらね、ひえい、そして次に、くらま、はるな、と集中していた

CCIMG_9780.jpg

護衛艦隊がこうした編成を採った関係上、53護衛隊を新編してヘリコプター搭載護衛艦の総数を増やす計画もあったのです

CCIMG_9781.jpg

もっとも、これは実現せず、そこで建造されたのが艦載機を持つシステム艦の護衛艦はつゆき型なのですよね。仮に護衛艦やまぐも型の改良型が建造されていれば、はつゆき型は無かった可能性も高くい

CCIMG_9780 - 3

そして、やまぐも型改良型は現在の視点からは対艦ミサイル防護やデータリンク能力で落第、と、護衛艦隊近代化も変な空白が出来ていた可能性も

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト
榛名の旅 |

艦これ展(ジーストア)回顧10:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録10

CCIMG_9800.jpg

6000トン型ミサイル護衛艦は、イージスシステム以前のターター艦、実現していたらばアメリカのレイヒ級ミサイル巡洋艦みたいな規模だったのかな、と

CCIMG_9796_201802190133057e4.jpg

代わりに建造されたのが、はたかぜ、しまかぜ、と

CCIMG_9798_2018021901330257d.jpg

巡洋艦はミサイル巡洋艦とヘリコプター巡洋艦、各二隻の建造が見込まれ、第一護衛隊群と第二護衛隊群に配備される方針だったという

CCIMG_9790.jpg

はるな、ひえい、が第三護衛隊群に集中配備され、他の老朽艦隊護衛艦は予備扱いの第四護衛隊群へ配備というのが当時の構想です

CCIMG_9801 - 1

レイヒ級ミサイル巡洋艦やイタリアのヘリコプター巡洋艦ヴィットリオヴェネトの模型が出ていれば、改造できるのかもしれませんが、海外では出ているのかな

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

二〇一八年の挑戦!:ポストEOS-M3決着、FUJIFILM X100F /単焦点への素朴な不安と実情

bIMG_7497.jpg

EOS-M3には通常の場合は22mmSTMレンズ、所謂パンケーキレンズを装着しまして本格的な撮影の際に15-45mmレンズを装着しています

bIMG_7501.jpg

FUJIFILM X100Fを考えた場合、そもそもサブカメラに必要な焦点距離はどこまでなのだろうか、という単純な論点に帰結するのかもしれません

bIMG_7499.jpg

EOS-M3は現在、EOS-7Dと並び撮影機材の双璧を為しているのですが、FUJIFILM X100Fを仮に置換える場合、単焦点と一眼レフの転換が問題となります

bIMG_7500.jpg

35mm単焦点レンズのFUJIFILM X100Fですが、しかし旅行先で夜の散策などは一眼レフを携行しない場合があり、事実上その場合には主力機種となる

bIMG_7502.jpg

FUJIFILM X100Fを主力とした場合、主力機種を単焦点として良いのか、という視点から、そもそもサブカメラに必要な焦点距離を考えてしまう訳ですね

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

艦これ展(ジーストア)回顧09:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録9

CCIMG_9807 - 1

模型で再現する場合ですが、実物よりも大きな船はフルスクラッチで船体を自作しなければならないので大変だ

CCIMG_9808 - 2

ウォーターラインで再現しようとして考えてみると、まあ、はるな型の52番砲を載せ替え、ターターを搭載するところでしょうか

CCIMG_9807.jpg

スプルーアンス級駆逐艦のピットロード社製キットにキッド級改造キットが付いていまして、ミサイル発射装置を流用できます

CCIMG_9801 - 3

スプルーアンス級のキットが入手困難である可能性が高いのですが、ここからスタンダード連装発射機とイルミネーターを搭載して5000トン型護衛艦、とするのが簡単かな

CCIMG_9808.jpg

絶版模型も中古流通がそれなりに在りますので、店頭やWebで諦めず一つ一つ探してゆくといい事もあります

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

艦これ展(ジーストア)回顧08:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録8

CCIMG_9784.jpg

未成艦、1960年代後半を見てゆきますと、計画当時はるな型護衛艦も当初は5000トン型護衛艦として、ターターミサイルを搭載する構想が

CCIMG_9787.jpg

これもコストが大きくなり過ぎるとして見送りとなりましたが、この規模のミサイル搭載とヘリコプター搭載の巡洋艦一見難しそうですが、イタリアがアンドレアドリア級ヘリコプター巡洋艦として実現させているのですよね

CCIMG_9785.jpg

はるな型建造は本当にいろいろ研究があって、いちばん凄いのは、あの大きさで全通飛行甲板型を想定していたという

CCIMG_9785 - 1

5000tで全通飛行甲板と云いましても、格納庫は考えていなくて、甲板係留を考えていたのだとか

CCIMG_9808 - 1

これだとヘリコプターを載せられるだけ載せられる、なんて利点も強調されていましたようです。問題も多い、ただ絶対整備が大変だし、波浪を下部って悪天候の際はヘリコプターが危ない

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)


榛名の旅 |

艦これ展(ジーストア)回顧07:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録7

CCIMG_9783.jpg

第五次防衛力整備計画という石油危機で実施されなかった防衛力整備計画で検討されていた二種類の護衛艦、8300トン型ヘリコプター搭載護衛艦も、8700トン型ヘリコプター搭載護衛艦も、時期尚早として建造されたのが、しらね型ヘリコプター搭載護衛艦です

CCIMG_9798.jpg

8700トン型ヘリコプター搭載護衛艦についてはハリアー搭載を念頭に部内研究を進めており、オペレーションリサーチではバックファイア爆撃機の要撃を想定した、と

CCIMG_9796.jpg

6000トン型ミサイル護衛艦、8300トン型ヘリコプター搭載護衛艦、完成していたらば戦後初の巡洋艦艦隊を構成できた事になります、夢いっぱいだ

CCIMG_9809.jpg

ソ連の巡洋艦が大幅に増強されて板のと同時期ですので、こうした防衛力の必要性があったのでしょう、それまで近海海軍に甘んじていたソ連海軍が外に出てきたのですから、ね

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

鞍馬の考:本日の注目備品 ガールズ&パンツァー最終章ココスフェア第5週 15

DGGIMG_1072.jpg

ガルパンフェア最終週は明日から

DGGIMG_1087.jpg

今回はかなりギリギリだった

DGGIMG_1077.jpg

この五週間かなり紅茶を頂いた

DGGIMG_1075.jpg

紅茶の香りが少しわかるようになったという

DGGIMG_1092.jpg

砂糖もミルクも抜きの紅茶、気分も一新できます

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
鞍馬の考 |

艦これ展(ジーストア)回顧06:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録6

CCIMG_9806.jpg

護衛艦ウォーターライン製作当時は存在さえ知らなかった四次防のミサイル護衛艦をウォーターラインで再現できないかと、ふと思いついた事があります、古い専門誌や部内誌を調べると非常に面白い

CCIMG_9805.jpg

6000トン型ミサイル護衛艦というものが研究されていまして、はるな型護衛艦に続く護衛艦として同時期に計画されていた8300トン型ヘリコプター搭載護衛艦と合わせて構想されるも、石油危機で見送りになりました

CCIMG_9802.jpg

汎用護衛艦では、1973年石油危機の少し前、やまぐも型護衛艦の後期型案なんかもウォーターラインで再現してみたいところ、やまぐも型をガスタービン方式に変更し、小型対潜ヘリコプターを搭載する構想でした

CCIMG_9801.jpg

対艦ミサイルの搭載までは想定していなくて、対艦ミサイルは、たかつき型改良型を、対艦ミサイル搭載護衛艦として建造し、連携を考えていたとのこと

CCIMG_9801 - 4

8300トン型ヘリコプター搭載護衛艦は、はるな型を拡大改造した設計の巡洋艦型を構想していたのですが、同時に対案で8700トン型ヘリコプター搭載護衛艦を全通飛行甲板型として構想した、と。つまり軽空母建造計画になる

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

鞍馬の考:本日の注目備品 ガールズ&パンツァー最終章ココスフェア第5週 14

DGGIMG_1071.jpg

アンチョビ姉さん、三年生でこの時期アルバイト大丈夫なの?

DGGIMG_1062.jpg

包み焼きハンバーグにナイフを入れます

DGGIMG_1066.jpg

調理前は分りませんが、ハンバーグはこんな感じ

DGGIMG_1073.jpg

露光オーバーだがハンバーグはこんな感じ

DGGIMG_1079.jpg

撮るのが大変だったが、紅茶は、と

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
鞍馬の考 |

鞍馬の考:本日の注目備品 ガールズ&パンツァー最終章ココスフェア第5週 13

DGGIMG_1056.jpg

ガールズ&パンツァー最終章ココスフェア第5週はこんな感じ

DGGIMG_1055.jpg

中華スープと共に

DGGIMG_1057.jpg

野菜サラダと

DGGIMG_1054.jpg

新鮮なオレンジジュースを

DGGIMG_1060.jpg

そしてつつみ焼きハンバーグを注文です

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
鞍馬の考 |

艦これ展(ジーストア)回顧05:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録5

CCIMG_9786.jpg

現物も大型ですが、模型も大型ですね、DDHも大きくなった、ヘリコプター搭載護衛艦かが、空母加賀、模型を並べているお店もあります

CCIMG_9809 - 1

現在護衛艦いずも型へF-35B搭載が検討されていますが、模型でもあの広大な飛行甲板みて、シーホークとマーリンしか積みません、といっても説得力ないなあ、と改めて想う

CCIMG_9780 - 1

あの大きさでライトニング駄目といわれたら、もうソ連空母みたく飛行甲板にVLSを最大限埋め込むしかないなあ、と。勿論これは冗談だ、しかし似たような案で1990年代にトマホークミサイル500発を搭載するアーセナルシップ計画というものが米海軍にありました

CCIMG_9801 - 5

正直、はるな型旗艦に、たちかぜ型二隻、はつゆき型五隻、の時代とはウォーターラインのおく場所の広さが違う

CCIMG_9781 - 3

昔は、はるな型がレジンキットだけで組み立てが大変でした、現在はピットロードから護衛艦はるな、出ています

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

艦これ展(ジーストア)回顧04:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録4

CCIMG_9793.jpg

インターネット普及前は巡洋艦ベインブリッジの図面探すのも一苦労でした、結局ジェーンを中古で漁ったりしたのですが、日本の艦艇写真に比べ外国艦艇の資料が探すの大変だった、現代は良い時代です

CCIMG_9791.jpg

上記某所で書いたら、中二病だけど艦船設計したい、とかいわれた、否定はしない

CCIMG_9796 - 2

当時上映されたスティーブンセガールさんの、沈黙の戦艦、コラボのミズーリ買ったら戦時型のままで結局自分で近代化改装するほかなかったのが、考えれば大戦艦近代化個人ブームの始まり

CCIMG_9795.jpg

ただ、当時早い時期に詳しい知人から友鶴事件の話を知り、復元性計算を一応模型に反映したりする、あのころから背特力を持たせる検証を重視していたのかもしれない

CCIMG_9795 - 1

現物のミズーリ近代化改装の事例をもし大和が生残ったら、と大和型近代化改装の模型参考にしたり、ただ、大戦艦を入り口に現用艦を辿り着くのは潮流と知り、後に安心しました

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

二〇一八年の挑戦!:ポストEOS-M3決着、FUJIFILM X100F /安価さが魅力のPowershotG9Xmark2

bIMG_2584_20180214155815759.jpg

FUJIFILM X100F、やはり重視したいのは御操作一発でISO12800に代わってしまい数日間気付かなかったEOS-M3の反省です

bIMG_2567_20180214155811559.jpg

EOS-M3は時間とお金が充分あって、撮影に失敗してしまった場合でも、来週もう一回九州行こう、とか月末にもう一度北関東で、という方には向いていると思う

bIMG_2568_201802141558148d3.jpg

FUJIFILM X100Fは35mm単焦点ですが、ISO感度が金属式ダイヤルで確実に御操作から防護しているデザインです、クラシックな形状故の配置ともいえる

bIMG_3375.jpg

PowershotG9XmarkⅡ、比較対象として考えると、こちらはタッチパネルを重視しているのでその分、誤操作の可能性を排除しているといえるのかもしれません

bIMG_2576_20180214155821982.jpg

FUJIFILM X100Fと比較しますとPowershotG9XmarkⅡは価格帯が三分の一近い為に心動くのですが、誤操作を排除していても電源を入れないと設定が見えないのは痛い

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

艦これ展(ジーストア)回顧03:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録3

CCIMG_9788.jpg

ウォーターライン改造が悪化すると、空母大鳳が生き残り西日本海軍空母として1981年まで生き残ったら、と近代化改装したり進んでゆきます、艦載機もジェット戦闘機になる

CCIMG_9797 - 3

クルセイダーが1/800しか手に入らず断念しましたが、エセックス級空母近代化を参考に排煙部の再配置と艦橋の電装近代化にアングルドデッキまでは線引きしたものです、実際第二次大戦中のエセックス級は練習空母として1990年代まで残っていますからね

CCIMG_9797.jpg

あさぎり型にターターシステムを搭載する改造は、あきづき型を自作した当時はOHペリー級を意識して護衛艦あさぎり型から艦隊防空艦を量産する想定で設定しました

CCIMG_9788 - 1

ターターシステムを搭載するのですから、SPG62を一基載せて、重量相殺にCIWSを一門減らしたり、艦載兵器ハンドブック片手に重心計算をした上で載せていました、ちょっと言い過ぎた感じ

CCIMG_9803.jpg

難物は空母の改造で、今はピットロードが護衛艦にハリアーの付録を付けてくれますが、当時はイラストリアスかインヴィンシブルのレジンキット買わないとハリアー入手出来ず、レジンキットが高かったのですよね

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

二〇一八年の挑戦!:ポストEOS-M3決着、FUJIFILM X100F /被写体を身構えさせないデザイン

bIMG_1489.jpg

FUJIFILM X100F、クラシックなデザインという部分もコンパクト機種に重要な部分なのかもしれません、撮影するときの雰囲気です

bIMG_1488.jpg

EOS-7DmarkⅡをカメラバックから取り出して、ちょっといいかな、と夕餉や祝宴でスナップを撮影すると身構えてしまう方も多いでしょう

bIMG_1490.jpg

PowershotG9XmarkⅡなんかも非常に小型で、ちょっとしたスナップ写真には相手を気取らさせない利点があるけれども、FUJIFILM X100Fはいい意味で目立つ

bIMG_1491.jpg

FUJIFILM X100Fは何を撮るのか、スナップ写真ですので撮影する場を和ませる必要はあっても気取らせてはならない、とも思い、デザインの重要性を考えさせられる

bIMG_1494.jpg

EOS-M3の後継にFUJIFILM X100F、という視点ですが、これもAF合致まで時間がかかると、やはり相手を気取らせてしまう、気軽さを導くうえでも性能は重要です

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

<陸自ヘリ墜落>事故から1週間 部品欠陥か整備ミスか【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】

tbIMG_6466_20180215172850fb1.jpg

<陸自ヘリ墜落>事故から1週間 部品欠陥か整備ミスか,佐賀新聞報道です

機数不足により整備要員経験蓄積への影響、という可能性も指摘されています。メインローターヘッドの空中分解は整備要員としては文字通り想定外の要因といえますが、陸上自衛隊全体でAH-64Dメインローターヘッドの交換はまだ三例しかなく、事故機が三例目であったという。96機あった先代のAH-1Sと13機のAH-64Dでは整備員総数がまるで違う

↓以下佐賀新聞報道
<陸自ヘリ墜落>事故から1週間 部品欠陥か整備ミスか【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

艦これ展(ジーストア)回顧02:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録2

CCIMG_9781 - 1

ピットロードの模型ですと艦船武器だけの単体がセットで販売されていますので、近代化改修を試行錯誤でき、護衛艦みねぐも型の3インチ砲をメララの76mm砲塔に変えてハープーン発射筒とかCIWSとか載せ替えたりも

CCIMG_9785 - 3

その時に交流持った一人が亡国のイージスの公開に合わせて原作いそかぜ、製作したりしています、はたかぜ型護衛艦を改造する形で、原作通りに

CCIMG_9801 - 2

当方は護衛艦あさぎり型の3インチ砲をピットロードの兵装シリーズで入手したスタンダードmk13発射機に載せ替え、逆にシースパロー発射機を撤去し、3インチ砲を載せ、特型あきづき型護衛艦、とかやっていました

CCIMG_9794.jpg

まさかそのあとに本当に護衛艦あきづき型が出てくるとは思いもよらず

CCIMG_9807 - 2

たかなみ型以前にアオシマの護衛艦むらさめ改造で5インチ砲載せたり、ステルスマストに変えたり、VLS増備とかは艦船模型マニアならば通る道と信じる

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

鞍馬の考:時事論点・・・焦点:仮想通貨の「盗難補償」広がるか、保険会社に温度差

DWGeDSCF0533_20180213110245f29.jpg

焦点:仮想通貨の「盗難補償」広がるか、保険会社に温度差,ロイター報道です

この作品の主人公のように何度も最後の際からやり直せるわけではない点がハイリスクハイリターンの忘れてはならない視点なのですが、目の前の利益に度々眩惑される事例は有史以来非常に多い。仮想通貨への保険ですが、仮に十分機能するものが存在するならば多少はリスクが低減するでしょう、しかし、一年間で価格が18倍まで急騰しその後一ヶ月で半値まで下がったビットコインを見ますと、ハッキング被害の金額リスクの大きさや取引所が事実上認可基準があいまいな地域に存在する場合の安全性検証の難しさから、掛け金についての在り方や、損害補償への事実関係確認の難しさなど、従来の保険会社には依然として高い障壁があるようです

仮想通貨という新しい枠組みには、ブロックチェーンを世界規模で監視し保険以外の盗難対策精度構築が代替案となるのでしょうが、そもそもの目的は便利さから仮想通貨を購入している利用者と、投機として将来の値上げを見越している利用者の比率を冷静に考えなければ、価格帯が安定した瞬間が仮想通貨への投機の寿命といえるかもしれません。更に監視による安全性確保は、仮想通貨の匿名性に、節税や資本隠しという通貨としての異なる理由からの利点を見出す利用者からは、逆に歓迎されないでしょう

↓以下ロイター報道
鞍馬の考:時事論点・・・焦点:仮想通貨の「盗難補償」広がるか、保険会社に温度差…の続きを読む
鞍馬の考 |

艦これ展(ジーストア)回顧01:ピットロード&アオシマ&タミヤ艦船模型備忘録

CCIMG_9792.jpg

艦これ、BDを全巻そろえたのが昨年末ですが、こういうの見ると久々に敢えてウォーターラインに挑戦してみたくなる

CCIMG_9804.jpg

当方がウォーターライン組み立てた当時はまだ護衛艦たちかぜ型の現役時代だったのですよね

CCIMG_9799.jpg

初めて護衛艦乗ってから20年、当時はまだ護衛艦あまつかぜ、話が聞けました

CCIMG_9781 - 2

そこで昨今の各社も軽情報を店頭で集めてみますと、あきづき、だけでも駆逐艦に護衛艦のウォーターラインは先代も最新も出ていますが、どちらを組むべきか

CCIMG_9785 - 2

学部時代に次のDEがどうなるか、模型を元に話し合った事もあったもので、資料だけではなく模型を見てみる事も、一寸考え方を変えてくれます

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

二〇一八年の挑戦!:ポストEOS-M3決着、FUJIFILM X100F /35mm単焦点の被写体を検証

aIMG_2662_20180213123610405.jpg

FUJIFILM X100Fの35mm単焦点レンズに付いて、ワイドコンバータを装着することで28mmまで広角を広げる事が出来るのですが、35mmの被写体について

aIMG_2423.jpg

35mmは標準レンズの被写体なのですが、風景写真を撮影するにはもう少し広角が欲しいもののワイドコンバータを装着したらばかなり嵩張ってしまいます

aIMG_2437-0.jpg

EOS-M3は22mmSTMレンズのほかに15-45mmレンズを標準ズームにて発売し、APS-C方式により実質35mm換算24mmの広角を実現している

aIMG_9765.jpg

FUJIFILM X100Fの機能ですが、市街地でスナップ写真を考えた場合、まあ、35mmは咄嗟の一枚を撮影するには合格点かな、と

aIMG_9773.jpg

APS-C映像センサーを採用していますし、デジタルテレコンバータによりある程度のトリミングを行う事も出来ます、ただ、史跡探訪等では広角は確かに足りません

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

防衛省、電子戦強化へ本格着手 平成34年度にも新評価装置運用【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】

DWGKIMG_9773_20180213113342083.jpg

防衛省、電子戦強化へ本格着手 平成34年度にも新評価装置運用,産経新聞報道です

おっそーい記事紹介ですが、実は国産開発をやっていたという話です。EA-18G電子攻撃機を新たに配備し部隊運用を行う方向で政府は新しい中期防衛力整備計画へ盛り込みを検討している、日経新聞が1月1付で報道しました。EA-18GはF/A-18F戦闘攻撃機へ電子戦装備としてALQ-99 TJS戦術妨害装置とALQ-218-V2無線周波受信システムにCCS対通信装置を搭載した派生型でアメリカ海軍が空母航空団で運用しています

↓以下産経新聞報道
防衛省、電子戦強化へ本格着手 平成34年度にも新評価装置運用【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

部品強度か整備問題か=空中分解、原因究明焦点―ヘリ民家墜落1週間・陸自【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】

tbIMG_0773.jpg

部品強度か整備問題か=空中分解、原因究明焦点―ヘリ民家墜落1週間・陸自,時事通信報道です

予算不足から再生部品を使いまわしていた可能性があります、整備費用の増大、と推測した根拠はAH-64Dの調達数削減による作業特殊化です。60機を導入する予定が13機の調達で終了、ミサイル防衛や島嶼部防衛等新任務への対応により予算が圧迫され必要なAH-64Dを調達できなかったと共にライセンス生産予定の先行調達部品費用を製造元の富士重工より請求、最高裁で自衛隊は351億円の和解金を支払いました。

↓以下時事通信報道
部品強度か整備問題か=空中分解、原因究明焦点―ヘリ民家墜落1週間・陸自【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

鞍馬の考:時事論点・・・焦点:「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿

DKFIMG_5157_20180213103922509.jpg

焦点:「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿,ロイター報道です

新しい潮流に乗る事は簡単だが、この作品の様に流れを作り出して進むことは難しい。ブロックチェーンという社名を関するだけ株価急上昇、便乗商売、という形なのでしょうが、ドットコムという呼称を社名に服得る事で実際ITバブル時代に株価を上昇させた事例の踏襲ともいえるもよう。ただ、ITバブル時代にドットコムの社名を冠した企業がその後どうなっているか、長期的に実体のない社名変更が好影響を及ぼしたのか、については、少々興味のあるところですね

↓以下ロイター報道
鞍馬の考:時事論点・・・焦点:「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿…の続きを読む
鞍馬の考 |

二〇一八年の挑戦!:ポストEOS-M3決着、FUJIFILM X100F / 電源の瞬発性とON時の自動省電力

BCCIMG_5309.jpg

FUJIFILM X100Fは電源部分を切り替え式レバーを採用していましてEOS-M3の様に電源が入っているかどうかわからなくなることはありません

BCCIMG_5351_201802131233322c5.jpg

EOS-M3では省電力モードにこうした場合、一見して電源が入っているかどうかわからない欠点がありました、この欠点は一種一命的です

BCCIMG_5368_201802131233545fb.jpg

EOS-M3の省電力モードを電源が入っていないと判断して電源を押した場合、当然電源が落ちます、再起動と次の撮影まで五秒以上要し、この時間がもどかしい

BCCIMG_5385_20180213123346c8f.jpg

FUJIFILM X100Fは電源を入れたまま、自動で電源が落ちた場合にもう一度シャッターを押した場合、即座に最初の一枚を撮影出来ました

BCCIMG_5397_20180213123357b70.jpg

FUJIFILM X100F等コンパクト機種に求める性能は、即座に一眼レフを取り出すよりも早く最初の一枚を撮影する事、EOS-M3の五秒あれば一眼レフを取り出した方が早い

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化 【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】

DWGKIMG_9774_20180213113345d5e.jpg

電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化 、日経新聞報道です

F-35B戦闘機にEA-18G電子攻撃機、自衛隊に必要ではあるが予算面から現実的に難しく、防衛予算を増額する措置を伴わなければ実現できないとされた、垂直離着陸戦闘機と電子攻撃機が、今年一月に入り次々と検討しているとの報道が続き、少々驚いています。ただ、F-35B戦闘機に関しては昨年末にもヘリコプター搭載護衛艦へ艦上運用を行うべく護衛艦の改修の検討、という驚きの報道があり、その可能性は考えられていました

↓以下日経新聞報道
電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化 【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

墜落ヘリ、交換部品は中古=陸自が説明訂正、修理歴も【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】

SDF1HBIMG_3688.jpg

墜落ヘリ、交換部品は中古=陸自が説明訂正、修理歴も,時事通信報道です

再生部品は陸上自衛隊では日常的に使用していると記者会見の場において発表していますが、ローターヘッドは1750時間毎に交換する消耗品であり事故機が部隊配備後最初のローターヘッド換装を行ったとの発言があり、重要部品が日常的に不足する事で可動機から任務毎に部品を融通し稼働率を維持する共食い整備と呼ばれる状態の可能性が出てきました

↓以下時事通信報道
墜落ヘリ、交換部品は中古=陸自が説明訂正、修理歴も【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

鞍馬の考:時事論点・・・焦点:ロボット化進む東欧企業、深刻な人手不足の「特効薬」か

DKHBIMG_7448_20180213103917dad.jpg

焦点:ロボット化進む東欧企業、深刻な人手不足の「特効薬」か,ロイター報道です

この作品のメンタルモデルのようなものが誕生したらば人手不足は解消するのでしょうが、まだ先の話しです。労働力不足なのか低賃金労働力の限界なのかを見通す必要があります、が、従来は全社の可能性が指摘されていたものの、昨今は少なくとも我が国においては後者の可能性が高い、また、東欧諸国での労働力不足の背景には欧州連合EU加盟により、所謂西欧への労働力シフトが進んでおり、東欧諸国においても労働力不足、また東欧生産品に対する付加価値の西欧製造製品との限界に起因する低価格競争の流れがあるように見えます、ロボット自動化の背景は、我が国と東欧諸国は、事情が異なるにせよ、共通した部分があるのかもしれません

↓以下ロイター報道
鞍馬の考:時事論点・・・焦点:ロボット化進む東欧企業、深刻な人手不足の「特効薬」か…の続きを読む
鞍馬の考 |

二〇一八年の挑戦!:ポストEOS-M3決着、FUJIFILM X100F / AF精度の限界点を探る

ADIMG_5986.jpg

FUJIFILM X100Fについて店頭試験を繰り返しているのですが、コンパクト機種は勿論一眼レフでもその傾向がある平面上被写体を斜めの角度から撮影する機能に限度が

ADIMG_1870.jpg

FUJIFILM X100F以外の機種にも当てはまる事ですが、例えば解説パネルを斜めから撮影し、背景にメインの被写体を入れる場合に限界があるもよう

ADIMG_1233.jpg

FUJIFILM X100Fの試験操作ですが、加えて棚などを撮影する際に10cmまでのマクロ撮影が可能という機能があるのですけれどもこの操作性について

ADIMG_0162.jpg

FUJIFILM X100Fは手前の棚を撮影しようとした場合に目の前に明確な大きさの被写体がある場合でも奥の関係のない背景にAFが合致する事が多い

ADIMG_0665.jpg

FUJIFILM X100Fは試験の範囲ですので、AF領域の設定などで回避できるのかもしれませんが、万能ではないのだなあ、とちょっと気になった点でした

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |

平成二十九年度二月期 陸海空自衛隊主要行事実施詳報(2018.02.17/18)

TABIMG_1057_201802151603084a7.jpg

■駐屯地祭・基地祭・航空祭
・2月18日:平成29年度芦屋基地航空祭…http://www.mod.go.jp/asdf/ashiya/

■注意:本情報は私的に情報収集したものであり、北大路機関が実施を保証するものではなく、同時に全行事を網羅したものではない、更に実施や雨天中止情報などについては付記した各基地・駐屯地広報の方に自己責任において確認願いたい。情報には正確を期するが、以上に掲載された情報は天候、及び災害等各種情勢変化により変更される可能性がある。北大路機関
第二北大路機関広報 |

最新鋭ステルス戦闘機「F-35A」三沢基地に到着【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】

DWGKIMG_9772_201802131133298ce.jpg

最新鋭ステルス戦闘機「F-35A」三沢基地に到着、FNN報道です

三沢基地の航空自衛隊第3航空団へF-35A戦闘機の配備が開始されました。三沢基地は北日本の防空を統括する北部航空方面隊司令部が置かれ、北海道へのソ連軍、ロシア軍の脅威へ備えるべく冷戦時代には空対艦ミサイルの運用能力を持つF-1支援戦闘機、その後はF-2戦闘機を配備し、空爆に備え、戦闘機をシェルター運用している事でも知られます

↓以下FNN報道
最新鋭ステルス戦闘機「F-35A」三沢基地に到着【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

陸自ヘリ墜落 メインローターヘッド空中分解の可能性も【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】

sIMG_2362_20180215172835721.jpg

陸自ヘリ墜落 メインローターヘッド空中分解の可能性も,NHK報道です

メインローターヘッド部分は、別の機体で使用されたメインローターヘッドが摩耗により振動が確認されるようになり、アメリカ国内のメーカーへ送った上で点検修理を行ったうえで事故機に装着しており、その装着後最初の点検飛行の際に墜落したとしています。当初新品に交換したとした陸上自衛隊は事実確認不充分として記者会見の場で謝罪しました

↓以下NHK報道
陸自ヘリ墜落 メインローターヘッド空中分解の可能性も【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

鞍馬の考:時事論点・・・アングル:シンガポールが警戒、武装攻撃は「時間の問題」

DAADSCF3935_20180213103910d6a.jpg

アングル:シンガポールが警戒、武装攻撃は「時間の問題」,ロイター報道です

英連邦の一員シンガポールではこの作品の様に市街地で戦車戦訓練は行いませんが、MP-5短機関銃を携行したテロ対策要員が駅舎や繁華街で実戦的訓練を繰り返しているという。高い安全性で知られているだけに逆に攻撃目標として付加価値を有し、手製爆弾の些細な爆発でも紛争地での数百人を標的としたテロ事案よりも世界への影響度が大きい、シンガポール政府はこうして自国の安全性が逆に攻撃目標となる事を想定し危機管理に臨んでいます。我が国は、過去には1995年の地下鉄サリン事件がありましたが、強く世界に記憶されている条件はシンガポールと同じ、テロ対策の根本を考える必要がある

↓以下ロイター報道
鞍馬の考:時事論点・・・アングル:シンガポールが警戒、武装攻撃は「時間の問題」…の続きを読む
鞍馬の考 |

「いずも」型護衛艦の空母化を検討、F35Bを運用=関係者【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】

DWGKIMG_9775_20180213113327450.jpg

「いずも」型護衛艦の空母化を検討、F35Bを運用=関係者,ロイター報道です

ヘリコプター搭載護衛艦いずも艦載機としてのF-35B戦闘機、政府関係者の話として昨年十二月末に産経新聞と朝日新聞の報道を皮切りにロイター通信やCNNでも広く報じられ、大きな話題となりました。これは政府が2018年内に画定する防衛計画の大綱改訂に盛り込まれる戦闘機部隊増強計画の一環として検討されているとされ、護衛艦の空母運用を示す

↓以下ロイター報道
「いずも」型護衛艦の空母化を検討、F35Bを運用=関係者【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

陸自ヘリ墜落 「新品」と説明の部品は「中古」と訂正【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】

pkoIMG_6858.jpg

陸自ヘリ墜落 「新品」と説明の部品は「中古」と訂正,NHK報道です

AH-64D戦闘ヘリコプター墜落事故、中古部品利用による空中分解の可能性が出てきました。中古部品、正確には再生部品という区分で摩耗した部品の摩耗部分を補強再整備し新品同様に再生した部品で、規格外の中古品を海外市場から取り寄せたものではありません。ただ、再生部品は運用期間中に高頻度の振動に曝され疲労する部位が残る事も確かです

↓以下NHK報道
陸自ヘリ墜落 「新品」と説明の部品は「中古」と訂正【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

鞍馬の考:時事論点・・・インフルエンザ 「登校許可書」が波紋呼ぶ

NBCIMG_1676_20180211005403d5e.jpg

インフルエンザ 「登校許可書」が波紋呼ぶ,NHK報道です

登校許可書を医療機関が発行しなければ児童がインフルエンザを発症した場合に再登校できないということ。インフルエンザは出席停止扱いとなりますので、学校では欠席扱いとならないようですが、それにしても昔は完治から二日間程度の経過で出席できたものの、今は登校許可書を医療機関が発行しなければ出席させない学校が、あるのですね。インフルエンザは法定伝染病ではないのだし、少々行きすぎではないかと思う

↓以下NHK報道
鞍馬の考:時事論点・・・インフルエンザ 「登校許可書」が波紋呼ぶ…の続きを読む
鞍馬の考 |
| HOME | NEXT