fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

特別塗装の嵐電!! 京福電鉄創業100周年記念塗装電車に乗ってきた!

◆100周年記念
 京福電鉄はことしで創業100周年を迎えるんだけれども、その記念電車に乗ってきた。そういうことで、今日はその乗車記録を掲載。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 1
 100周年記念号の到着なのだけれども、まず最初に訂正。本家Weblog北大路機関の本文とコメントの方で、尖閣諸島の情勢は、これ以上拡大しそうにない、というような事を欠きましたが、こちらの見識不足でした。中国は監視船を派遣するとのことです。ううむ、これは戦前に北方漁業を行っていた際にソ連海軍からわが漁船団を防護するための大湊鎮守府のような運用を想定しているのか、それとも・・・。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 2
 モボ610系の記念塗装。話は続いて、尖閣諸島。海上保安庁の巡視船が日本領海内で不法操業していた中国船籍の漁船を追尾したところ、相手が巡視船に体当たりしてきたので公務執行妨害で船長を逮捕して漁船は拿捕、というかたちなのだけれども、近々大規模な華僑の抗議船団が尖閣に進出するとのことで、これの警備に海軍が出てくる可能性があるとのこと。ううむ、そこまで悪化するのか、行動に移るのはもう少し米軍が沖縄から引き揚げた場合で中国海軍が空母を含め強化してきた時だと思っていたのだけれども、甘かったのか。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 3
 出発して、まず西院付近でモボ26系とすれ違い。尖閣諸島なのですが、官製デモを行う国が関与しているわけで、思い起こすのはフォークランド紛争の前にアルゼンチン政府が英領サウスジョージア島に民間船を装った軍属の艦を寄港させて勝手に国旗を立てて、これに対するイギリス政府の対応を契機に軍事行動の正当性を積み上げようとした事ですな。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 4
 モボ101系。さて、尖閣問題なのだけれども、事を荒げることは回避しなくてはならないものの、引きすぎてフォークランド紛争でイギリスの犯した過ちを日本が踏襲しないように、やるべきことはやらなくてはならない、という実情。ううむ、いきなり海上警備行動は行えないけれども、準備体制は構築しておくべきか。出来ることは限られているけれども、護衛艦を勝連付近に遊弋させて、一方で海上保安庁の他の管区からも増援体制を固めて前方に保安庁、後方に自衛隊、という体制の構築かな。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 5
 併用区間を往くモボ26系。尖閣諸島だけれども、海上保安官の常駐は考えたほうがいいかもしれないですね。これまでは沖合に巡視船が遊弋しているだけだったのだけれども、こうした状況での無防備は絶対に違ったメッセージを与えてしまう訳で。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 6
 もう一両の記念塗装モボ610系。島嶼部防衛だけれども、実際問題冷戦時代の北方重視に準じて考えなければならない問題で、北方は機甲部隊重視、ロシア軍の再建が進む中で機甲部隊の重要性は変わらないのだけれども、一方で西方は空中機動力重視、ということが必要なのかな、と。ううむ、第七師団が機甲師団なのだけれども、第八師団は空中機動師団、というくらいの改編は将来必要になるかもしれないと思えてきました。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 7
 モボ101系。ところで、現時点で状況が悪化した場合、航空自衛隊は尖閣諸島周辺の航空優勢をどの程度維持できるのかな、即応は第83航空隊だけれども、予備で飛行教導隊、そして引きぬける航空団から戦闘機を引きぬいて、普天間と嘉手納の滑走路も間借りすれば、沖縄本島を中心に尖閣諸島周辺でCAPを行う事くらいは出来るとは思うのだけれども、中国空軍が本気で介入してきた場合、どういう状況になるのか。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 8
 モボ101系。那覇基地や那覇空港が整備で使えない時に自衛隊機や民間機が臨時に嘉手納基地や普天間基地の滑走路を利用した事はあるので、有事、となれば米軍も支援してくれるだろう、と。ちょうど嘉手納にはF22が前方展開してきていて、グアムにはグローバルホークも配備されている訳で、まあ、日本としては、というか日本人としてもう少し自分の国は自分で守れる、と言い切れるくらいの装備、那覇基地に第9航空団を新編するくらいの覚悟は欲しいのだけれども、すぐには無理、という事で、現時点、この布陣で何とかなりそうなのかな。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 9
 モボ630系の江ノ電塗装。本気で着上陸の危険sネイがある場合なのだけれども、これも事前にある程度察知できるものなのだろうか。全部中国海軍が揚陸艦を出して艦隊を編成すれば第5航空群のP-3Cが発見するのだろうけれども、現在、部隊の常駐が無い尖閣諸島の場合、中国はどの程度の兵力が必要、と考えるのかが、ちょっと未知数。まず、日本側が、おおすみ型と空中機動部隊で逆上陸を仕掛ける、という事を想定すれば相応の部隊を編成して乗り込むのか、日本は反撃が無い、と想定してフィリピンのミスチーフを不法占拠した際のようにさっさときてしまうのか、このあたりが分からないです。そして不安。
嵐電創業100周年記念号にはじめて乗車 10
 最新型のモボ2001.ううむ、九州沖縄サミット用に建造した大量の小型高速巡視艇と中型大型巡視船20隻、それに保安官と足りなければ警視庁の機動隊と警察庁の管区機動隊を尖閣に配置、横浜から巡視船しきしま、を派遣して物量で警戒態勢を構築すれば、状況の拡大は防げるかな。まず海上自衛隊を出すのではなく沖縄本島付近で予備として支える事、そして不法操業による拿捕が今回の事案の根底にあるのだからそもそも不法操業が出来ないほどに巡視船を集中して、物量で対応することが状況悪化を防ぐ一つの方法でしょう。ここで対応を誤ると一カ月後には海上警備行動命令を出さなくてはならない事にもなりかねんです。
北大路機関
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
嵐電・叡電 |

京福電鉄 北野線を往く1929年(昭和四年)製モボ101形電車

◆モボ101に乗ってきた
 京福電鉄には1929年に製造された物凄く古い電車が運行されていて、普段は単行なんだけれども観光シーズンには二両を連結して運行していたりする。
京福電鉄の1929年製モボ101 1
 京福電鉄北野線は単線なんだけれども、妙心寺、等持院、竜安寺、仁和寺、北野天満宮と名所旧跡が多く集まってる。昔は御所もあったほどで、そういう場所に、モボ101形という1929年製の古い電車はよく似合ってる。
京福電鉄の1929年製モボ101 2
 モボ630形。京福電鉄の江ノ島電鉄の姉妹協定締結を祝って、江ノ電塗装で運行されている。
京福電鉄の1929年製モボ101 3
 最新型のモボ2000形。最新型のVVVFインバータ制御装置を採用している電車で、これ以前は整備の利便性から全部釣り掛け駆動車だった。加速音が全然違うんで驚く。
京福電鉄の1929年製モボ101 4
 モボ101形。
京福電鉄の1929年製モボ101 5
 帷子ノ辻駅で北野線から嵐山線に乗り換える。モボ101形ともここでお別れ。釣り掛け駆動車の、あの仰々しい加速音というのは、慣れてしまうと他の電車では物足りなくなるね。
京福電鉄の1929年製モボ101 6
 モボ2000形がやってきた。
京福電鉄の1929年製モボ101 7
 モボ21形、レトロ電車として知られるこの電車が嵐山と中心部四条大宮を結んでいる。ちなみに嵐山で阪急嵐山線と、四条大宮で阪急京都本線と乗り換えられる。
京福電鉄の1929年製モボ101 8
 地下鉄乗り換えのために天神川駅で下車。この駅は地下鉄東西線との連絡を重視してホームと屋根が設けられている。
京福電鉄の1929年製モボ101 9
 モボ21形、ここの部分は自動車も通行する併用区間。
京福電鉄の1929年製モボ101 10
 嵐電天神川駅。この両側は車道で、横断歩道を渡ると地下鉄東西線に乗り換えられる。東西線は浜大津の京阪線に直接乗り入れる電車も運行されている。
北大路機関
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
嵐電・叡電 |

叡山電鉄 小さな電車が多数走る一乗寺駅から出町柳駅までの情景

◆叡山電鉄特集
 本日は叡山電鉄特集。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 10
 出町柳駅に三編成勢ぞろいした様子。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 1
 単行のデオ700がゆく。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 2
 全モーター車について先日話題になったんだけれども、単行も全モータ0-車だ。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 3
 こういう日常風景の中を走ってるのが良いね。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 4
 デオ700の旧塗装車がやってきたので乗車。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 5
 デオ900きらら号とすれ違う。観光電車だけれども、この時間だと空いているね。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 6
 デオ700がやってきた。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 7
 出町柳駅到達。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 8
 乗ってきたデオ700を一枚。
叡山電鉄特集いちじょうじからでまちやなぎ 9
 二両編成のデオ800がやってきた。
北大路機関
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
嵐電・叡電 |

京福電鉄の電車撮影 本当に暑い中、真夏の嵐電という風景!

◆紫色の嵐電
 本日は嵐電特集です。
暑いさなかのムラサキ嵐電 5
 京福電鉄では創立百周年を祝って新塗装を導入してる。
暑いさなかのムラサキ嵐電 1
 モボ610系、これが京福電鉄の基本塗装。
暑いさなかのムラサキ嵐電 2
 モボ21系、見た目は古いけれども実は新しい電車。
暑いさなかのムラサキ嵐電 4
 レトロ調電車として親しまれているのがモボ21系。
暑いさなかのムラサキ嵐電 3
 化け電が車庫に入ってた。
暑いさなかのムラサキ嵐電 6
 モボ620系。
暑いさなかのムラサキ嵐電 7
 モボ610系が到着。
暑いさなかのムラサキ嵐電 8
 モボ630系、神奈川県の江ノ島電鉄と姉妹協定を祝う江ノ電塗装電車。
暑いさなかのムラサキ嵐電 9
 モボ101系、1929年に導入された古参電車。
暑いさなかのムラサキ嵐電 10
 モボ620系。
北大路機関
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
嵐電・叡電 |

叡山電車撮影 涼みに鞍馬の方へ行ったらデオ900形きらら号がやってきた!

◆叡山電鉄
 暑い、という一言でなんとかなりそうな暑さ。平安時代の避暑地っていう宇治の方が京都市内より暑いんだもの、どうしようもない・・・。
叡山電車特集も久しぶりだね 9
 デオ900形きらら号とデオ800形。
叡山電車特集も久しぶりだね 1
 デオ700形旧塗装車。出町柳駅で撮影。出町柳は京阪電車と連絡する事が出来て、叡山電鉄沿線と大阪が繋がっている。
叡山電車特集も久しぶりだね 2
 隣にはデオ800形が停車してる。
叡山電車特集も久しぶりだね 3
 デオ700形。なんか、この一両編成の電車って言うのは路面電車みたいで良いね。昔は京都市電と平面交差とかあったみたいだけれども・・・。
叡山電車特集も久しぶりだね 4
 デオ700形の新塗装。
叡山電車特集も久しぶりだね 5
 デオ700形。というか、ここまでデオ700形が多いね。
叡山電車特集も久しぶりだね 6
 デオ700形の新塗装がやってきた。
叡山電車特集も久しぶりだね 7
 デオ700形。叡山電鉄は出町柳駅を起点に比叡山に向かう路線と鞍馬山に向かう路線に分かれるY字型の路線になってる。
叡山電車特集も久しぶりだね 8
 デオ900形。サロンカーみたいな座席配置とクロスシートを組み合わせた、ちょっと乗るとお得な感じがする電車、しかし混雑しているのが難点か。
叡山電車特集も久しぶりだね 10
 デオ800形がやってきた。
北大路機関
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
嵐電・叡電 |
BACK | HOME | NEXT