第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

<陸自ヘリ墜落>事故から1週間 部品欠陥か整備ミスか【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】

tbIMG_6466_20180215172850fb1.jpg

<陸自ヘリ墜落>事故から1週間 部品欠陥か整備ミスか,佐賀新聞報道です

機数不足により整備要員経験蓄積への影響、という可能性も指摘されています。メインローターヘッドの空中分解は整備要員としては文字通り想定外の要因といえますが、陸上自衛隊全体でAH-64Dメインローターヘッドの交換はまだ三例しかなく、事故機が三例目であったという。96機あった先代のAH-1Sと13機のAH-64Dでは整備員総数がまるで違う

↓以下佐賀新聞報道
<陸自ヘリ墜落>事故から1週間 部品欠陥か整備ミスか【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】…の続きを読む
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |

防衛省、電子戦強化へ本格着手 平成34年度にも新評価装置運用【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】

DWGKIMG_9773_20180213113342083.jpg

防衛省、電子戦強化へ本格着手 平成34年度にも新評価装置運用,産経新聞報道です

おっそーい記事紹介ですが、実は国産開発をやっていたという話です。EA-18G電子攻撃機を新たに配備し部隊運用を行う方向で政府は新しい中期防衛力整備計画へ盛り込みを検討している、日経新聞が1月1付で報道しました。EA-18GはF/A-18F戦闘攻撃機へ電子戦装備としてALQ-99 TJS戦術妨害装置とALQ-218-V2無線周波受信システムにCCS対通信装置を搭載した派生型でアメリカ海軍が空母航空団で運用しています

↓以下産経新聞報道
防衛省、電子戦強化へ本格着手 平成34年度にも新評価装置運用【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

部品強度か整備問題か=空中分解、原因究明焦点―ヘリ民家墜落1週間・陸自【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】

tbIMG_0773.jpg

部品強度か整備問題か=空中分解、原因究明焦点―ヘリ民家墜落1週間・陸自,時事通信報道です

予算不足から再生部品を使いまわしていた可能性があります、整備費用の増大、と推測した根拠はAH-64Dの調達数削減による作業特殊化です。60機を導入する予定が13機の調達で終了、ミサイル防衛や島嶼部防衛等新任務への対応により予算が圧迫され必要なAH-64Dを調達できなかったと共にライセンス生産予定の先行調達部品費用を製造元の富士重工より請求、最高裁で自衛隊は351億円の和解金を支払いました。

↓以下時事通信報道
部品強度か整備問題か=空中分解、原因究明焦点―ヘリ民家墜落1週間・陸自【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化 【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】

DWGKIMG_9774_20180213113345d5e.jpg

電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化 、日経新聞報道です

F-35B戦闘機にEA-18G電子攻撃機、自衛隊に必要ではあるが予算面から現実的に難しく、防衛予算を増額する措置を伴わなければ実現できないとされた、垂直離着陸戦闘機と電子攻撃機が、今年一月に入り次々と検討しているとの報道が続き、少々驚いています。ただ、F-35B戦闘機に関しては昨年末にもヘリコプター搭載護衛艦へ艦上運用を行うべく護衛艦の改修の検討、という驚きの報道があり、その可能性は考えられていました

↓以下日経新聞報道
電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化 【Weblog北大路機関補足:2018-02-08日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

墜落ヘリ、交換部品は中古=陸自が説明訂正、修理歴も【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】

SDF1HBIMG_3688.jpg

墜落ヘリ、交換部品は中古=陸自が説明訂正、修理歴も,時事通信報道です

再生部品は陸上自衛隊では日常的に使用していると記者会見の場において発表していますが、ローターヘッドは1750時間毎に交換する消耗品であり事故機が部隊配備後最初のローターヘッド換装を行ったとの発言があり、重要部品が日常的に不足する事で可動機から任務毎に部品を融通し稼働率を維持する共食い整備と呼ばれる状態の可能性が出てきました

↓以下時事通信報道
墜落ヘリ、交換部品は中古=陸自が説明訂正、修理歴も【Weblog北大路機関補足:2018-02-14日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |
| HOME | NEXT