fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

Weblog北大路機関補足:2013-08-23付 産経新聞報道:領空侵犯したロシアのTU95爆撃機,ロ国防省は「越えていない」と否定

ロ国防省は「越えていない」と否定
2013.8.22 20:49
自衛隊機が撮影した、領空侵犯したロシアのTU95爆撃機=22日(防衛省提供)
自衛隊機が撮影した、領空侵犯したロシアのTU95爆撃機=22日(防衛省提供)
 ロシア国防省は22日、同国空軍のTU95爆撃機2機が福岡県沖の日本領空を侵犯したとの日本側の発表を否定した。国営ロシア通信などが伝えた。

 同省は2機が「日本海と太平洋の公海上空で予定していた飛行を行った」と認めたが、ロシア側のデータでは「国家の境界線は越えていない」と主張した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130822/plc13082220510019-n1.htm
スポンサーサイト



北大路機関:補足記事 |

Weblog北大路機関補足:2013-08-10付 毎日新聞報道:ソマリア沖多国籍部隊:P3C参加 首相「前向きに検討」

ソマリア沖多国籍部隊:P3C参加 首相「前向きに検討」

毎日新聞 2013年08月25日 21時48分(最終更新 08月26日 01時55分)



東シナ海の監視にあたるP3C哨戒機=2011年10月、鈴木泰広撮影
東シナ海の監視にあたるP3C哨戒機=2011年10月、鈴木泰広撮影

拡大写真

 【マナマ宮島寛】バーレーンを訪問中の安倍晋三首相は25日午前(日本時間同日午後)、同国に司令部を置く米海軍第5艦隊のミラー司令官と会談し、アフリカ東部ソマリア沖での海賊対処のために派遣している海上自衛隊のP3C哨戒機について、多国籍部隊への参加を検討する考えを表明した。

 日本政府は今年12月以降、ジブチに駐留している護衛艦1隻を多国籍部隊に参加させる方針を決めている。安倍首相は「ペルシャ湾、ホルムズ海峡の安定は世界の経済に大きな影響がある。日本にとっては死活的問題だ」と述べ、P3Cの参加についても「前向きに検討していきたい」と伝えた。

 これに先立ち、安倍首相はバーレーンの経済界関係者とも懇談した。同国のハリファ首相が24日(日本時間同)の首脳会談で、東京電力福島第1原発事故後に実施していた日本産食品の輸入規制解除を表明したことを受け、「被災地の農家に大きな勇気を与える」と謝意を述べた。安倍首相は25日午後(日本時間同日夜)、ハマド国王とも会談した。


http://mainichi.jp/select/news/20130826k0000m010065000c.html
北大路機関:補足記事 |
| HOME |