fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

Weblog北大路機関補足:2013-08-27付 NHK報道:海保 尖閣対応で最大規模の増員へ


海保 尖閣対応で最大規模の増員へ
8月27日 13時43分

海保 尖閣対応で最大規模の増員へ

海上保安庁は、尖閣諸島付近を航行する中国当局の船に対応するため、来年度、この40年間で最大となるおよそ500人の増員を行う方針です。

尖閣諸島を日本政府が国有化して、来月で1年となりますが、中国当局の船による島への接近は今も続いていて、領海侵犯は60日を超えています。
さらに、中国では、新しい船の建造が進み、今後、派遣される船が増える可能性もあり、海上保安庁は、来年度、528人の増員を行う方針です。
実現すれば、昭和47年の沖縄の本土復帰に伴って海上保安本部を新設するなどしたときの200人余りの増員を上回り、この40年間で最大規模の増員となります。
このほか、12隻が所属する尖閣諸島専門のチームを3年以内に新設するのに伴って、拠点となる沖縄県石垣島に桟橋や宿舎を建設したり、態勢強化のため大型巡視船6隻を新たに建造したりすることにしています。
こうした費用として、海上保安庁は、来年度予算案の概算要求に、前の年度を200億円上回るおよそ1960億円を盛り込み、整備を進めることにしています。
.

要員確保の内訳は

海上保安庁は、1万2000人余りの組織で、増員が計画されているおよそ500人は全体の4%ほどですが、尖閣諸島に、全国から巡視船や乗組員を交代で派遣するなか、ひっ迫した現場の状況を改善できると期待されています。
528人のうち、およそ140人は、京都府舞鶴市にある海上保安学校の学生を350人から490人に増やすことで確保します。
また、巡視船に乗り組むには船舶免許などの資格が必要なため、60歳の定年を1年間延長したり、すでに退職した職員を再任用したりして、即戦力を確保するとしています。
さらに、船に乗らない地上勤務限定の職員の採用を今年度から始めるなどして、必要な職員を確保するとしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130827/k10014065451000.html
スポンサーサイト



北大路機関:補足記事 |

巻波一号作戦 ③ 舞鶴市街夜の散策、東舞鶴オフ会と夜景撮影に西舞鶴深夜散策

◆夜の舞鶴を散策する 
 少々間が空いたが舞鶴の巻波一号作戦掲載再開だ。
dg IMG_9064
 前回は舞鶴基地を撮影したところまで。
dg IMG_9067
 そして掃海艇桟橋方面を散策し舞鶴市役所へ。
dg IMG_9069
 東舞鶴駅にて集まる約束があったので、そのまま東舞鶴駅へ向かう。
dg IMG_9072
 駅の改札前では、いつもこの種の行事では同じ場所に集まるという方と偶然出会い、少々雑談、やはり今年の舞鶴展示訓練は乗艦券が入手しにくかったみたい。
dg IMG_9076
 話し込んだのち、オフ会へ、九州の方だったので、それならば駅に近く安い情熱ホルモンなら、九州に視点が殆ど無いので、大阪名物ホルモン焼きを、ということに。
dg IMG_9078
 前にも掲載しましたが、舞鶴は焼肉屋さんが多い、だから焼肉、と自然な流れでしたが、もう少し先日紹介のカドヤさんが駅から近ければ、そちらにしたのになあ。
dg IMG_9079
 オフ会は四名集まりました。オフ会というか、こっちに集まったので一杯やりましょう、というものでしたが。
dg IMG_9080
 そしてその後、皆様体力を使い果たして電燈艦飾の撮影へ展開する余力が無かったようなので、当方一人で撮影へ行きました。
dg IMG_9082
 はははは、G-12は高性能なコンパクトデジカメですが、夜景は手持ちでは無理、EOS-7Dに三脚を装備した砲で専念、こっちは、まあ、こちらの記事用に撮影ですね。
dg IMG_9087
 撮影した前島埠頭は新日本海フェリーの桟橋でもあるので、駅まではこの桟橋からバスが出ています。
dg IMG_9088
 東舞鶴駅前から先ほどの情熱ホルモン、舞鶴も行きますが、日常としては京都市役所に近い情熱ホルモンは、たまにいく。
dg IMG_9089
 そして今晩の御宿は西舞鶴、当初は西舞鶴か東舞鶴か乗艦場所が分からなかったので、いつもの常宿は朝食バイキングが売りなのですが、時間的に朝食が無理そうなので安い方へ。
dg IMG_9090
 223系、舞鶴線はやっぱり113系がしっくりくるなあ、と思いつつも、しかし高架化された東舞鶴には223の方が、本来しっかり似合っている、とも気付く今日この頃です。
dg IMG_9091
 お隣の西舞鶴駅、同じ市内だけれども元々は別の街なので、かなり距離はある。
dg IMG_9092
 北近畿タンゴ鉄道のホーム、この列車が最終列車なので、乗換を急ぐ観光の方も。
dg IMG_9093
 西舞鶴駅、近代的な駅舎、ここも223系が似合うか、ちなみに近くに舞鶴城があります。
dg IMG_9095
 舞鶴プラザホテル、豪華な名前ですが手頃な料金、今夜の御宿だ。
dg IMG_9107
 西舞鶴駅からは、大通りに出て三分ほど歩く、深夜でも営業している飲食店も近くに数軒あり、深夜ラーメンに居酒屋に中華料理一式などなど、アーケードの繁華街にも近い。
dg IMG_9105
 舞鶴プラザホテル、BSデジタル放送視聴可、BSデジタル放送が受信しているホテル、ルートインや東横インでは当たり前ですが、この二つが進出していない地域のビジネスホテルは意外と見られなく、BS放送受信可能と書いてあってもNHK-BSだけだったりして、舞鶴では貴重です。舞鶴のホテルでBSデジタルなら舞鶴プラザホテル、お間違えの無いように。
dg IMG_9110
 それで、まあ、神様のいない日曜日を観終わったのち、戦姫絶唱シンフォギアGと黒子のバスケはスルーして深夜の西舞鶴へ、翌日のためのお買いもの。
dg IMG_9113
 近くのコンビニへ、カッターシャツなどは選択していたのでTシャツ一枚で向かうと、なんか、物凄く有名な自衛隊や米軍関係のカメラマンの方が普通に立ち読みしていました。
dg IMG_9108
 BSデジタルがみれるということで、0030から、とある科学の超電磁砲S放映までに戻った次第です。地上波の時間帯は放映時間が遅すぎるので流石に視れません、そんなこんなでBSデジタルの時間帯は結構貴重なのですよね。

北大路機関:はるな
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)

榛名の旅 |

Weblog北大路機関補足:2013-08-19付 FNN報道:小野寺防衛相、いわゆる「敵基地攻撃能力」保持に前向きな姿勢示す

小野寺防衛相、いわゆる「敵基地攻撃能力」保持に前向きな姿勢示す

小野寺防衛相は26日、東京都内で講演し、外国から繰り返しミサイル攻撃を受けたときに、「もとを絶たないと、安全保障上、対応できない」と述べ、いわゆる「敵基地攻撃能力」の保持に、前向きな姿勢を示した。
小野寺防衛相は「何発も撃ってこられたら、これはやはり最後、防ぎきれるかなと。もとを断たないと、安全保障上、ちゃんとした対応できない」と述べ、弾道ミサイル防衛の観点から、「策源地(さくげんち)攻撃能力」、いわゆる「敵基地攻撃能力」を持つことについて、検討する必要性を強調した。
そのうえで、「最終的に、政府・国会・国民に諮って、どうしたらいいかの方向を決めてもらいたい」と述べた

(08/26 17:53)


http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00252599.html
北大路機関:補足記事 |

Weblog北大路機関補足:2013-08-19付 産経新聞報道:海自輸送艦を大幅改修 設計予算に4億円要求 離島防衛に本腰

海自輸送艦を大幅改修 4億円要求 離島防衛に本腰
2013.8.24 08:14 [自衛隊]

水陸両用車やオスプレイ搭載可能に


 防衛省は23日、離島防衛・奪還作戦のための「海兵隊的機能」として、海上自衛隊の「おおすみ」型輸送艦(基準排水量8900トン)を大規模改修する方針を固めた。隊員を乗せて前線に進出する水陸両用車や垂直離着陸輸送機オスプレイを搭載可能にする。平成27年3月に就役予定の新型ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(同1万9500トン)に水陸両用戦の「司令塔」機能も持たせる。

 これらの改修は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で挑発を繰り返す中国を念頭に、離島防衛と占領時の奪還作戦の実効性を担保する措置で、海兵隊的機能の整備が「実戦モード」に移行したことを意味する。今月末に締め切られる26年度予算案概算要求に設計費など4億円を盛り込む。

 防衛省は27年度にもオスプレイを導入。水陸両用車「AAV7」も今年度予算で取得する4両に続き、26年度概算要求では新たに派生型の2両の取得も盛り込む。派生型は指揮通信型と回収型の2種類で、この導入も実戦を見据えたもの。

 オスプレイとAAV7の「母艦」となるのが、計3隻ある「おおすみ」型輸送艦。艦内でオスプレイを移動させられるよう格納庫と甲板をつなぐエレベーターを改修、甲板に耐熱用の塗装も施す。AAV7については発進用に船尾のハッチを改修し滑り止めの塗装を行うことも想定している。

 26年度は主に設計を行い、27年度以降に順次、改修を進める考え。

 一方、就役すれば海自最大の護衛艦となる「いずも」には電子会議装置などを整備し、水陸両用戦の司令部に位置づける。

 防衛省は陸自に「水陸両用準備隊(仮称)」も創設する方針。AAV7の運用研究などを通じ、離島奪還作戦のノウハウを習得し戦闘能力を向上させる。


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130824/plc13082408140005-n1.htm
北大路機関:補足記事 |

Weblog北大路機関補足:2013-08-19付 中国新聞報道:多目的救難艦に508億円 防衛省概算要求総額2・9%増へ

多目的救難艦に508億円 防衛省概算要求総額2・9%増へ

 防衛省の2014年度予算に向けた概算要求の全容が23日判明した。戦時と災害両面で使える多目的救難艦1隻の建造費508億円を明記。離島奪還の専門部隊発足に備え、高度な通信設備など指揮機能を持つ水陸両用車2両(13億円)を新規購入する。総額は13年度に続く増額で、当初比2・9%増の約4兆8千億円となる。

 米軍が沖縄に配備した新型輸送機オスプレイを15年度から自衛隊にも導入することを目指し調査費1億円を確保する。

 多目的救難艦は、東日本大震災のような津波被害を受けた沿岸部で行方不明者の捜索やけが人の手術ができる病院機能を備えた活動拠点とする考えだ。

 離島奪還の専門部隊は15年度にも発足予定で、14年度は準備組織を陸上自衛隊に新設する。15億円をかけて教育訓練施設を整備し、13年度購入分の4両の水陸両用車に、新たな2両を加え実戦能力を高める。

 自衛隊自前の輸送力をカバーするため民間チャーター船を使った演習に11億円を計上し、迅速な輸送、展開能力を確保する。米軍が主催しハワイ周辺海域で展開する環太平洋合同演習(リムパック)には陸上自衛隊が初参加する。

 中国と対立する尖閣情勢を踏まえた領土や領海の警戒監視では、那覇基地に早期警戒機4機を常駐させて「飛行警戒監視隊」を新設し、13億円で整備器材を確保する。米軍が配備している「グローバルホーク」のような無人偵察機の15年度導入を目指し、調査費2億円も盛り込んだ。

 航空自衛隊に導入する最新鋭ステルス戦闘機F35は4機(693億円)を新たに購入。国内企業が部品製造に関わる割合を増やすことで米側と調整しており、組み立てラインの整備関連費560億円を盛り込む。


http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201308240077.html
北大路機関:補足記事 |
| HOME |