fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・ミリタリー題材アニメーションと制作者原作者への参考資料

DKQIMG_0131.jpg

ミリタリー題材アニメーションの限界と割り切りについて、前回紹介したところですが、参考資料と連接できる土台があれば、???、という展開を回避できるのだろうか、と思ったりします、狙撃をテーマにしたヒロインが活躍する世界で、例えば狙撃は目標の捕捉が困難であるため、実際には能力証明射手のような小銃分隊へ随伴する狙撃要員を除けば観測手とペアを組むのですが、そうしなければ射撃の修正はもちろん索敵も高倍率の照準眼鏡ではままならず、最悪の場合遠距離監視ばかり重視した結果、敵歩兵と近接戦闘距離へ追い込まれ、小銃の瞬間火力に狙撃銃が撃ち負ける、という事も起こり得まして、ソノンはキリトに間合い詰められてダメになってましたよね

そもそも、狙撃が想定される状況下では相手は遮蔽物を利用し前進しますから、道路のど真ん中を、特に死角が多い市街地にて見通せる場所を利用し移動する事は、接敵行軍中にはあり得ません、火力圏外の競合地域でも主力が前衛を置かずに行動する事はまずありませんし、相手がゲームに参加しているだけの素人であっても、一度でも狙撃状況に追い込まれるならば、自然にいわゆる実員指揮感覚が身につくはずでして、しかし原作者や制作者には当然、実員指揮感覚というものは圏外にて創作制作活動を行う訳ですので、まず、実員指揮感覚を疑似的に習得できるような参考資料を捜し、示すことが必要なのかな、と

実際問題、例えば武器の性能などは簡単に調べられる時代となりました、ジェーン年鑑が広く安価にWebにて購入出来る時代となりましたし、資料入手はかなりこの二十年で変化し、劇的な変化といっても過言ではありません、他方で、その装備がどのような意図で開発され、運用と戦術に適合されたのか、海外輸出の実例と戦訓から導き出される戦術変化などは、正直なところ理解に非常な時間を要します、所謂専門家は、開発国と戦訓をもとにこれらのヒントをたくり出してゆくのですが、これらをもう少し、少なくとも素人でも深く考えれば変だよな、というような展開に至らないような情報を得られる視点は必要なのかもしれません、シノンがかわいければいいや、という方は別ですが、ね

スポンサーサイト



鞍馬の考 |

鞍馬の考:時事論点・・・ミリタリー題材アニメーションの限界と割り切りについて

DKQIMG_1351.jpg

武器や軍事機構が登場してきますアニメーションが徐々に多くなってきまして、魔法少女ものと思っていた作品が、実は88式地対艦誘導弾まで登場するバリバリのミリタリー題材を扱っていたりして結構驚かされたりしたものですが、リアリティ重視の方の言葉としまして、88式地対艦誘導弾のケーブル連接がどれだけ時間と手間があるのか、と、リアリティの低さに憤っていたのを思い出します

その後注意深く鑑賞しますと、裏ヒロインの方は時間を止められるのだから、マニュアルを学習しケーブル連接など時間制限は無いのだろう、と思っていますと、時間停止には限界があるとの事で、云われてみると地対艦ミサイル連隊の仕事を一人でこなすには限界があるのだなあ、と考えさせられました

その後、戦車と学園存続モノの劇中で、1920年代の戦車が1940年代の中戦車級戦車に難なく随伴しているのを観まして、機動力の描写は割愛するしかないものなのだなあ、と考えさせられ、徹甲弾が防盾に命中すると貫徹しなくとも砲尾や照準器が衝撃で破損するものなのだが、其処まで描くと複雑になり過ぎるので割愛するしかないものなのだなあ、と考えさせられ、戦術面でももう少し描くことが出来そうなものだが、遅滞と防御の違いなど描いてほしかった、とおもいつつ

ミリタリー題材アニメーションの限界と割り切りについて、やはり、割り切らなければ単なる教材の延長になってしまいます、そこで、よりディープな愉しみ方へ需要があるならば、一部は第二北大路機関にて紹介してみてもいいのかなあ、と思ったりもするところです

鞍馬の考 |

鞍馬の考:時事論点・・・アニメーション聖地巡礼と地域活性化、難しい一般説明と左翼政党介入

DKXIMG_6932-1.jpg

蒼き鋼のアルペジオ、横須賀グルメスタンプラリーは恙なく成功裏に終わりました、しかし、同じアニメーションを話題としたスタンプラリーでも、岐阜県美濃加茂市では、のうりん、美濃加茂市の農林高校を思わせる学校を舞台にアイドルが転校してきましてひと騒動ドタバタある作品なのですが、なかなかの人気作であったことからスタンプラリーが行われる事となりました、が、問題は、アニメーションのスタンプラリーであるのだから実際の市長や市議のポスターではなくアニメーションのポスターが用いられ、盛り上げる事となるはずでした

のうりん、美濃加茂市でのイベントにおいてこの作品の登場人物を用いたポスターが市内の様々なところに掲示され盛り上げる事となったのですが、市民からの意見で、アニメーションキャラクターを掲示する事は所謂キャラクターほど可愛らしくない女性への蔑視にあたる、という意見が複数寄せられ、ポスターを無難なものと張り替えてしまうという出来事がありました、深夜アニメですが普通に地上波で放映されBS211にて全国放送も行われ、BPOからの指摘もありません、しかし、自治体はこの声に応じポスターを切り替えてしまった事で、ファン離れを招いたとのことです、美濃加茂市の方の話を聞きますと今更観光客を誘致しなくとも工業団地建設にて日系ブラジル人と日系フィリピン人がどんどん移住し人口の一割以上が増えるなど安定しているので、もともと観光誘致の必要は無かったのだ、という声もありましたが、これはファン離れといいますか、自治体がファンを突き放したこととなりました、一般への説明というものは少々難しいのかもしれません

DKRIMG_6827-0.jpg

ガールズ&パンツァー、この作品へ左翼政党が近傍の土浦駐屯地からの自衛隊参加を妨害し、仕方なく実物大レプリカなどのみで対応する事となったのは一部で有名ですが、BD売り上げでは一巻平均12895枚の蒼き鋼のアルペジオ -ARS NOVA-、に対し、一巻平均35235という売上をたたき出しましたのがガールズ&パンツァー、です、これほど売れる作品は年に何作も出るものではなく、宇宙戦艦ヤマト2199のBD売り上げが各巻平均39101枚、と及びませんが紅白歌合戦で話題となりましたMuseのラブライブ! BD各巻売上平均の29194枚を超える作品です、作品のファン感謝イベントへ地元の大洗が熱心に協力しましたが、変なところから妙なクレームが入る、との一例でした

イベント中止への左翼団体からの要望は、横須賀などで艦隊これくしょん、蒼き鋼のアルペジオ、果ては海軍カレー祭りから海上自衛隊の横須賀サマーフェスタに観艦式にいたるまで出されるものですが、もともと海軍の街として生まれ発展し守られた横須賀は、一体となって守ります、アニメーション聖地巡礼と地域活性化、どの程度の事業評価見積に基づき考えるかによって、守るか突き放すかはかわってくるのでしょうが、作品によっては妙な言いがかりが寄せられる、という認識も必要なのでしょう、ただ、集まるファンはともに盛り上がりたい、という一点で自治体と作者と一緒に価値観を共有できますので、同盛り上がり、長く楽しむかをいろいろと考えてみるべきでしょう


鞍馬の考 |

鞍馬の考:時事論点・・・アニメーション聖地巡礼と地域活性化、ブームはどのように醸成されるか

DKXIMG_6945.jpg

アニメーション聖地巡礼と地域活性化、ブームはどのように醸成されるか、蒼き鋼のアルペジオ、などは原作連載開始からグルメスタンプラリー開始まで数年の時間差がありました、あの作品は主な舞台が太平洋上を航行する潜水艦ですから聖地が佐賀なのか横須賀なのか硫黄島なのか函館なのかわかりにくかった、というものも影響しているのでしょうけれども、ね

現在我が国の聖地巡礼において最も即応性が高い作品は、アニメーションではなく実写ドラマ、孤独のグルメ、でしょう、先日刑事ドラマ主人公を飾った松重豊が主演を務める孤独のグルメは、テレビ東京系深夜ドラマなのですが、放映された翌朝には登場するお店に行列ができるほど、作品そのものは個人雑貨輸入業を営むナイスミドル/オッサンが、仕事の合間などで一人ふたらりとさり気ない食堂やレストランやカフェに居酒屋か焼肉屋などに立ち寄り、酒は呑めない体質ながら食べるにはだれにも負けずむしゃむしゃ食べるという文字にしますと無機質な作品です

DKXIMG_6948.jpg

孤独のグルメは、原作が有名になったうえでドラマ化され、松重豊の好演と怪演が重なって大ブームとなりました、うーん俺は人間火力発電所だあ、は名言に数えられ、ドラマで紹介された店は翌日から行列となるほど、深夜ドラマですが聖地巡礼が放映から12時間以内という聖地巡礼スクランブル24時、というような事例です、しかし、前述の通り時間がかかるもので、ドラマ放映から行列までは12時間以下というものなのですが、冷静に原作連載開始からをみますと原作連載開始は1994年ですのでブーム開始はドラマ放映がはじまった2012年、実に連載開始から18年を経ている訳です、原作に描かれたお店は多くが代替わりもしくは閉店しているお店もあり、実は聖地巡礼まで時間がかかっている、ともいえるでしょう

すると、ブームがどのように醸成されるかは読みにくいものであり、実際のところ地震予知と同じであり、ブーム発生は予兆を読み取るのは難しく、ブームが発生した場合に、受動的にその展開を受け入れ、可能な範囲内で地元が出来る部分、ファン交流イベントや同人誌即売会場の斡旋、ポスター作製と観光地図への追記、その上でブームが持続するのであればスタンプラリーなど予算を大きく組むイベントへの参画など、こうした逐次投入方式の聖地巡礼対応が実のところ唯一の選択肢なのかもしれません、ね

鞍馬の考 |

鞍馬の考:時事論点・・・アニメーション聖地巡礼と地域活性化、アニメラッシュ下でのブームとの関係性

DKIIMG_7061.jpg

アニメーション聖地巡礼と地域活性化、アニメラッシュ下でのブームとの関係性について。蒼き鋼のアルペジオ、はBDそのものが全6巻の一枚平均売上が12895枚、蒼き鋼のアルペジオ -ARS NOVA-、それは一つのブームを生み出した作品でして、横須賀市でのグルメスタンプラリーは自然発生的に生まれたものでした、加賀さんが可愛らしい,ゴールデンタイムなどは平均で770枚しか売れず、2クール作品で一枚3話収録とBDが高かったわけですが作品によっては滑ってしまう事例があるのです

自治体が、アニメーション作品を契機とした聖地巡礼へ乗る場合、難しいのはBDが売れる程の作品ならば一大ブームが巻き起こるのですが、作品によっては全然知られず終わってしまう事もありますので、自治体が先手を打って大量の観光客を予想し聖地巡礼者歓迎準備をしたものの、放映された作品が余りにも人気が無かった場合、完全に空振りに終わり、そこに活性化をめざし予算を振り込んだ場合などは事業評価書に大きくマイナス点となるほか、アニメーション聖地巡礼に観光需要を頼る場合程に観光客が少ない場合、痛手が結果的に多くなることもあるでしょう

DKXIMG_6936.jpg

聖地巡礼に自治体が予算を組み万全の体制で観光客を出迎える準備をしまして滑ってしまったのが共に舞台が福井県のアニメーション作品、メガネブ!とグラスリップ、です、グラスリップなどは絵のタッチが美麗でありストーリーの最後の主人公の描写が謎を呼び、更に急な止め絵が前衛的な印象を醸し面白い作品とは思うのですがBD売り上げをみましたらば、メガネブ!176枚、グラスリップ432枚、 ブームには程遠かったわけです、採算性を考えれば1500~2000枚ほどの売り上げは欲しいとことといいますので両作ともに厳しい結果と終りました

地元が舞台となる、というならば、盛り上がってしまう訳でして、京都の様に毎日がサスペンスのBS再放送で難解な事件が起き主婦のカンとかいろいろな方式で解決する有名どころはアニメーションでぬらりひょんやうかさまやデラモチマッズイの活躍がみられるところなのですけれども、地方となりますと、その作品がどの規模のブームを起こすのか、制作当事者も知り得ない期待値だけの世界を冷静に客観視することには限界があるとは言えるのですが、採算度外視行政事業でないかぎり、滑ってしまう可能性もまた捨てきれない事を示しています

鞍馬の考 |

鞍馬の考:時事論点・・・アニメーション聖地巡礼と地域活性化、難しい自治体の主導権

DKRIMG_6827.jpg

アニメーション聖地巡礼、蒼き鋼のアルペジオ、は作品原作が古く、アニメーション放映後にブームが徐々に過熱、その後に自衛隊観艦式付帯行事として、作品が招待されたこともあり、ブームと地域活性化が理想的な条件で進展する事となりました、観艦式とアルペジオ、お堅いだけが取り柄の自衛隊というステレオタイプな認識は過去の話となり、この話を海上自衛隊HPにて知りました瞬間に当方思い浮かんだのは、権藤1佐のゴジラvsビオランテでの名言、自衛隊も変わったねえ、という気持ちが少し理解できたようにも思いました、惜しかったなあ、原作連載開始直後なら、ハルナは無くとも護衛艦はるな、舞鶴で現役だったのに

蒼き鋼のアルペジオ、劇場版公開に併せて横須賀市では、ちょうど主人公が横須賀の学校出身という設定であったし、要塞港横須賀、としてテレビアニメーションにも登場しますので、便乗しまして、要塞港横須賀アルペジオグルメスタンプラリー、として横須賀の海軍カレーやネイビーバーガーの名店をスタンプラリー方式で回る事としましたらば、商品劇場版ポスターというタイムリーな景品に予想以上の観光客が殺到し、店員さんにきくと、この前京都から来た人もいるのよお、と。もしかして先々週当方が行った時の雑談の事を示しているのではないか気になりましたが、観光特需となったもよう

DKIIMG_7056.jpg

ただ、観光特需は大きいのですが地域の魅力を少しでも広め、多くの方に足を運んでもらい、交流を更に深め住民とともに盛り上がりたい、と最も切実に考えるのが自治体観光課です、ただ、作品にもよりますが自治体が主導権を握る事が出来るかといいますと、まったくそうしたものではなく、やり過ぎたり、また露骨なPR等を行いますと逆効果となってしまいまして、実際問題として、千葉県鴨川市のように、逆効果となってしまった事もあります

輪廻のラグランジェ、この作品が放映された際に千葉県鴨川市がアニメや映画の舞台になるなど市制始まって以来、と自治体が発表し、ガメラ対ジグラを忘れるとは!、と全国400万のガメラファンが鴨川市が鴨川シーワールドだけで撮影したガメラの一作を自治体が忘れていたことに激怒し、また、作品に鴨川市のPR映像を制作会社に要望する様子がNHKクローズアップ現代にて紹介されたことでファンの不評をよび、聖地巡礼経路から意図的に外す風潮が生まれるなど逆効果となってしまいました、聖地巡礼、これは意図的に生めるものではないというものではない一例となりました

鞍馬の考 |

鞍馬の考:時事論点・・・アニメーション聖地巡礼と地域活性化、その舞台へ足を運び雰囲気を楽しむ

DKIIMG_6826.jpg

アニメーションの新しい愉しみ方として、聖地巡礼、即ち作中の背景などからロケ地となった場所を割り出し、その周辺観光に足を運び雰囲気を楽しむ、というものがあります、2015年などは劇場版公開に併せ蒼き鋼のアルペジオ作中に搭乗しました横須賀へ、基地や宿泊以外の目的にて足を運んだのですが、当方が記憶するところでは聖地巡礼という言葉を当方が身の回りで聞きました作品、おねがいティーチャー、という若い女性の宇宙人が高校に教師として赴任してきましていろいろある作品、そこが長野県木崎湖周辺を舞台として、自然発生的に盛り上がった、というところでしたか

アルプスの少女ハイジ、その聖地巡礼に欧州観光の一環にアルプスへの観光が入って切る、もしくは古くはベルサイユの薔薇ブームに併せてパリ観光に足を運ばれた、というものがその原点といえるのかもしれませんが、アニメーション聖地巡礼、という名称が定着しましたのは今世紀に入り、らき☆すた、涼宮ハルヒの憂鬱、などにて鷺ノ宮や西宮が観光地になったあたりが、その本格化の時期となったと思います、そして前述の木崎湖などでは元々避暑地として一定の観光需要はあったようなのですが、しかし、レジャー多様化により往年の規模よりも観光客の減少が顕著となっていた時期と重なり、地域活性化に、おねがいティーチャーブームは少なくないポテンシャルを有していたようです

DKIIMG_7056-0.jpg

アニメーション聖地巡礼、その利点の一つは、聖地とされる場所において、そこが余程の観光地でないかぎり、ファン交流イベントを行う場となり、多少他の作品、1クールに40作以上が放映される昨今ですので、その他の作品に埋もれる事があったとしても、聖地にてイベント行う場合には、その作品に特化したイベントを行う事が出来、併せて聖地となった地域であっても、其処が多少交通難所にある場合においても、ファンはそこまで様々な交通手段にて足を運びますので、活性化の一要素となりますし、観光地の場合は閑散期、特に交通難所にある場合ほど、宿泊需要も大きくなります

他方、アニメーション聖地巡礼は、もちろん、舞台が宇宙、という場合は対応できませんし、また、遠すぎる場合にはイベントを行う二も限界がある事があります、ストラトスフォー、流星群に地球の周回軌道が重なってしまった近未来に衛星軌道を越えて大気圏内に落下する小惑星をTSR-2戦闘機にて迎撃する専門組織を舞台とした作品は沖縄県先島諸島の下地島が舞台であり、交流会を下地島で行う事が難しく、OVAとしてテレビ放映後に新作がオリジナルビデオ作品として新作が発表された際に新型迎撃機MiG-31を受領する舞台として航空自衛隊岐阜基地が登場しましたが、ブームが去っており聖地巡礼ブームには至りませんでした、日曜朝アニメ、スマイルプリキュアでは、プリキュア秘密基地候補に富士山頂が含まれ作中では南極なども加わった為ファンが足を運ぶことに躊躇し、実際には砕氷艦しらせ乗員として聖地巡礼に成功した猛者もいたようですが、さすがにファン交流イベントにはいたらなかったようで、聖地巡礼ブームとは難しいもののようです
鞍馬の考 |

謹賀新年二〇一六 初日の出と共に迎える元旦の朝

DKHNIMG_6550.jpg

さて、元日記事は元旦の朝を迎えました、本年も皆様にご多幸の多い年となりますよう

第二北大路機関広報 |

謹賀新年二〇一六 迎春の慶びとともに 第二北大路機関の新しい展望

DKHNIMG_0048.jpg

謹賀新年二〇一六 迎春の慶びとともに第二北大路機関の新しい展望を

第二北大路機関では、現在、既存カテゴリの再編による休止連載の再構築を検討中です

実は第二北大路機関記事として鉄道記事への関心は比較的高く、推移していました

諸般の事情から停止していますが、軽記事方式にて再編を検討しています

第二北大路機関広報 |

謹賀新年二〇一六 第二北大路機関鞍馬研究室、鉄道関連写真掲載再開の展望

DKHNIMG_1629.jpg

あけましておめでとうございます

第二北大路機関の話題について、本年の展望を

第二北大路機関は、Weblog北大路機関の予備ブログとして発足しましたが、その当初の記事掲載は限定的なものでした、舞鶴基地・岐阜基地・名鉄電車・阪急電車、この四点の掲載から第二北大路機関の連載は始まった訳です

現在、舞鶴基地 (118)、岐阜基地 (98)、横須賀基地 (21)、阪急電車 (110)、名鉄電車 (128)、京阪電車 (74)、近鉄電車 (44)、京都駅 (85)、嵐電・叡電 (13)、名古屋駅 (11)、佐世保基地 (10)、と掲載内容が増大しています

しかし記事新規作成の主力は、榛名の旅、鞍馬の考、この二つに集約されているのが現状です、他方で鉄道関係の写真は継続的に撮影し蓄積していますので、今後、第二北大路機関でも鉄道関連記事の連載再開を検討してゆく事とします

第二北大路機関広報 |

謹賀新年二〇一六 本年もより強化された撮影機材とともに良い写真をお送りできるよう努力いたします

DKHNIMG_0089.jpg

二〇一六年ですが、二〇一五年に撮影機材を大きく強化しまして、その高性能器材をもってよい写真をお送りできれば、と思います

EF28-300mmIS、従来望遠レンズは300mmF2.8ISを主力としてきましたが、大き過ぎ重過ぎ、日常的に鞄にその場せることはできません、そこで望遠ズームとして広角から望遠まで対応する機材として導入しました

EOS 7Dmark2、新しい望遠ズームの導入と同時に従来のEOS-7DとEOS-50Dの二台体制を改め、航空祭などF2.8展開時を除き一台体制へ転換すべく導入、その描写力の大きさには驚かされています、もちろん、若干の課題はありますが最高の機材です

EOS KissX7,世界最小最軽量として、万一、一台の実の一眼レフが故障損傷等使用不能状況に陥った場合に備え導入しました、平時はカメラバックの奥に戦略予備として収納されていまして、その軽量さと一眼レフとしての基本性能は心強い機種です

第二北大路機関広報 |

謹賀新年二〇一六 Weblog北大路機関の記事掲載体制維持へ今年も前進

DKHNIMG_6281.jpg

元日二〇一六

新年の話題ですが、年々厳しさを増す安全保障情勢、Weblog北大路機関の課題としては討議の場となる話題の提示にありますが、今後は時事話題を掲載するとともに、連載記事の継続的な作成と掲載、その上で、多忙期にあっても確実な毎日更新体制の維持を進めてゆきます

その手段としまして現在、Weblog北大路機関では『3CP記事』とした簡易版記事の蓄積を鋭意進めています、これはカラー写真三枚を基調とした記事の事前備蓄であり、これにより掃討の繁忙期であっても確実な掲載更新と話題の提示が可能となります、どうぞご期待ください

第二北大路機関広報 |

鞍馬の考:時事論点・・・アニメーション、ミリタリーを題材とした作品への一部左翼政党からの攻撃 続

DKXIMG_6907.jpg

ミリタリーを題材とした作品への一部左翼政党からの攻撃、アニメはアニメとして楽しんでいるのだから野党とはいえ国政政党がその場に介入すべきではない、と言いますか、アニメはアニメなのだから現実の戦争と一緒くたにするのは、その知的水準を曝しているだけに過ぎないのですが、アニメーション、ミリタリーを題材とした作品への一部左翼政党からの攻撃について続いてもう少し

客観的に判断できるものを示すべきだ、と。そこで思い出すのは、ゲーム脳、としてゲームを行う事は狂暴化する要員であり発達過程の児童に対しては勧められない、との根拠のない試案が検証されることなく広まる事例がありましたが、アニメーションのミリタリーを題材とした作品への一部左翼政党からの攻撃、この事例に対し、軍事に関する情報を過度に示すことで戦争へ展開する事例の科学的根拠を、左翼政党は示すべきであると考えます

DKXIMG_6909.jpg

科学的根拠無き攻撃は誹謗中傷に他ならず、そもそも、アニメーションからミリタリーを扱うとして軍事へ関心を寄せる事があるとしても、実際にその知識を元に戦争へ参加する機運が高まるかは別問題であり、イベント参加当事者は当然その点をアニメはアニメ、として分けています、この事実を十分認識できていない事は、逆に反発している左翼政党はアニメをアニメとして視る事が出来ていない、きわめて危険な状態にある事が逆に見て取れるのではないでしょうか

逆に左翼政党が科学的根拠なしに自らの価値判断を押し付け、自由な創作と交流の場に制限を加えようと画策する事は、戦前の我が国軍国主義の要因、知的交流への妨害と市民交流の阻害に価値観の強制という歴史を踏襲しようとする、左翼の名を借りたファシズム的な行為に他ならないようにも考えます、自由に物事を提示し価値判断は個々人に任せる、こうした視点が重要であるように考えます

鞍馬の考 |

鞍馬の考:時事論点・・・アニメーション、ミリタリーを題材とした作品への一部左翼政党からの攻撃

DKXIMG_7064.jpg

蒼き鋼のアルペジオ、ガールズ&パンツァー、昨年映画で話題となりましたアニメ作品にあって軍事的な部分が強調される作品がありましたが、その中の聖地、つまり作品の舞台となった場所で作中に実際の街並みなどが登場する風景の現地ですが、そうした場所でのイベント等に、ミリタリー関係ということで自衛隊が協力し、装備品の展示等を行うことで活性化の一翼を担う事もあります

なるほど、感心させられる作品が多く、多少装備品の整備や実際の運用における機動力や破壊に至らない損傷での不具合などには、アニメーションなのだなあ、とほほ笑むところもあるのですが、同型艦の識別点がしっかりとかき分けてある部分や、外観などは専門知識を以てしても唸らされるところが多く、特に感心させられるものが多くありました、一方、例えば東日本大震災被災地が舞台として登場する作品で、観光客が爆発的に増大し、街の再活性化へ成功した事例があり、なるほど、そういう事もあるのかあ、と驚かされる事もありました

DKXIMG_7175.jpg

そうしたなかにあって、ミリタリーが題材であるのだから、広報の一環も兼ねて自衛隊が参加し、行事を盛り上げる事は参加者全員に互恵がある事例とは思うのですが、左翼政党の一部が自治体と政府や自衛隊に対し、自衛隊を参加させないよう繰り返し妨害行動を執っている事が、近年、内部文書が暴露されるなどを通じ判明してきています

その意図は図りかねるものがあるのですが、軍事を内容として扱った作品が増える事は戦争を助長する、と内部文書、自治体や防衛省等へ送った文書から判明しています、ただ、軍事を知らない事は戦争抑止を妨げるさらに危険な事であり、左翼政党が進める事は単なる国民白痴化工作と、国民の試算であり同胞である防衛力と国民の離反工作に他なりません、アニメに本気になる前にやるべきことが他にもあるはずですが、この点について、妥当性のある対応を望みたいところです

鞍馬の考 |

謹賀新年二〇一六 第二北大路機関とWeblog北大路機関、関係強化目指す一年へ

DKHNIMG_1245.jpg

二〇一六新年企画

本年の課題について、第二北大路機関の課題はアクセス数です、記事の内容と予備ブログとの位置づけながら、その知名度が低いままでは、万一メインのWeblog北大路機関が掲載不能となるような通信上とサービス上の問題が生じた際に対応できません

このため、OCNブログからの移転と同時に解消している、Weblog北大路機関と第二北大路機関のリンクを早い時期に再開し、予備ブログであると同時に姉妹ブログである点の周知に取り組み、対応してゆきたいと考えています

第二北大路機関広報 |

鞍馬の考:時事論点・・・レストラン等飲食店と公共施設禁煙化への一考察

DKHBIMG_7448.jpg

WHO世界保健機関の我が国への勧告で、レストランなど飲食店や公共施設での分煙化について、完全禁煙を求める声が寄せられている、と禁煙教徒というべき方々がよく引き合いに出されますが、我が国は先進国において唯一路上喫煙が禁止されている国であるという事は余り引き合いに出されません、路上喫煙が禁止されているのは日本以外、シンガポール位のもの

DKHBIMG_7430.jpg

公共施設完全喫煙を求める背景には、飲食店など公共施設で喫煙するのではなく路上で、というもので、もちろん我が国の路上禁煙化は吸い殻投棄防止が主たる目的ではありましたが、煙草は灰皿のある場所で、と公共施設が愛煙家の退避施設となったわけえす、その意味で分煙は的を射ているものではありますが、この当たり、路上喫煙を完全開放し飲食店を完全禁煙化すべき、と主張を換えなければ、不合理というものでしょう

鞍馬の考 |

謹賀新年二〇一六 第二北大路機関から眺めた二〇一五とWeblog北大路機関

DKHNIMG_6598.jpg

迎春、第二北大路機関から新年のお慶び申し上げます

さて、第二北大路機関から眺めた二〇一五とWeblog北大路機関について、見てみる事としましょう

Weblog北大路機関、二〇一五年の最大の出来事は無事創設10周年を迎える事が出来た点です、阪急十三駅のホームにて東芝製ノートパソコンdynabookとPHS回線により始まったWeblogが10周年を迎えた事は非常に大きな出来事となりました

その上で二〇一五年の大きな変化は二〇一四年のOCNブログサービス終了とgooブログ移転事業で、Weblog北大路機関10周年を迎えると共に新しいブログサービスにいかに対応するかが大きな課題でした、新しいサービスにタイマー投稿サービスが加わり万一の予備記事作成が円滑と進む利点がありましたが、積算アクセス数とアクセス解析がOCN時代と比較し、非常に使いづらいものとなっています、その中で読者の方のニーズに沿った新しい記事を如何に解析するか、一つの課題として向き合ってゆきタオと思います

第二北大路機関広報 |

鞍馬の考:時事論点・・・横須賀ネイビーバーガーと日本マクドナルド高級路線検討の比較

DKHBIMG_7377.jpg

新春特別企画、時事問題を微妙な視線から考えるという話題

2015年はアルペジオグルメスタンプラリーにて横須賀ネイビーバーガーを頂く機会が多く、なるほど日本には佐世保バーガー以外にもここまで美味しいハンバーガーがあったのだな、と、この他もう少し嘉手納基地周辺や厚木基地周辺のハンバーガーを探してみようとの心に決心しました次第です

ハンバーガー一つ、ネイビーバーガーは900円から1200円、佐世保バーガーも1000円前後の価格帯で、高級ではありますが、それに見合った内容故に米軍基地周辺に確たる地位を築いています、ハンバーガー一つで満腹、仕上がるまでに時間はかかりますが、手早い食べ物ではなく最初に食べたくなる食べ物、マクドナルドハンバーガーの十倍のお値段ですが、二十倍の満足感を与えてくれる

DKHBIMG_7373.jpg

その反面、日本でのハンバーガーの代名詞と、1970年代の進出以降存在感を固めてきました日本マクドナルドが、劣化チキンナゲット問題とその後の日本マクドナルド経営陣対応の購買層への不快感を与えた問題がありました、海外工場が腐敗鶏肉をマクドナルドに納入していたもので、アメリカのマクドナルド本部が送り込んだCEOは、マクドナルドも被害者だ、と開き直ったことで、顧客に提供する商品に責任を持てない会社の食べ物は不要、と顧客が離れたのです

不手際はこれにとどまらず、一分以内にメニューを提供するとの企画を行ったための崩れた規格外という印象を与えるハンバーガーを時間内に提供する事のみに奔走した問題、24時間営業店舗を過度に増加させたため、帰宅難民収容先となり更に24時間営業故の掃除時間を確保出来なくなった環境から店内の香環境悪化、全席禁煙化の無理な促進によるビジネスマンの敬遠化など、不手際が続き、収益が悪化してきました

そこで、起死回生に高級路線を模索するという現状です、しかし、高級路線、高価格帯店舗を新たに構築するというかたちですが、全く否定はしませんが、すぐに実施する事はやめたほうがよい

横須賀ネイビーバーガーなどは、ミートパティ250g以上、焼き加減などに厳格な審査があり、正直なところ価格帯が大きいのは、250gのハンバーグが挟まっている食べ物である、そして高級品というイメージが広まっている為で、日本マクドナルドは廉価な印象を強めてきましたので、高級路線に、仮に高級感ある新店舗を展開したとしても顧客の印象はマクドナルドのブランドイメージが廉価な印象を我が国で定着させてしまった以上、廉価なお店の高級品は、また滑ったという嘲笑の話題を集める以上にモノとはなりにくいものでしょう

そこでマクドナルドが高級路線を展開させる試金石ですが、新たにマクドナルド系列のステーキチェーンを新規展開させ、高級路線を再構築するのです、TPP環太平洋包括貿易協定締結により米国産牛肉と豪州産牛肉の関税が低下します、米国の安い牛肉は表面雑菌検出数が我が国衛生基準に見合わない水準のものがある故にアメリカでは廉価なステーキが存在するのですが、まず、アメリカで300g程度の廉価なステーキ肉を加工肉として殺菌密閉パッキングし、700円程度の価格帯で売り出し、ステーキとしては廉価の位置づけられるが、マクドナルド商品価格帯とはかなり高めの水準でのブランドを構築することです

その上で、店舗展開からマクドナルド=ステーキ、の認識が展開した上で、新店舗にてひとつ800円程度のステーキを売り出す、五か年計画程度の長期ブランド構築に依拠し進めるならば、高級路線化が起死回生の一要素となりえるかもしれません

鞍馬の考 |

謹賀新年二〇一六 新しい一年のはじまり、第二北大路機関の本年抱負

DKHNIMG_1409.jpg

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします

第二北大路機関は二〇一五年夏季より、従来の重厚型記事を脱却し軽量記事多数掲載方式へ転換しました

本年も、可能な範囲内でこの方式の継続を行い、旅行記事と時事記事の両立を目指してゆきます

第二北大路機関広報 |

謹賀新年二〇一六 新しい一年の始まりと次の一年への潮流をよむ

DKHNIMG_9938.jpg

新しい一年の始まり

冷戦時代は中ソ対立により日本へ北と南同時に脅威が及ぶ可能性は低かったわけではありますが、昨今、そうした情勢が冷戦後に覆り、場合によっては北方と南方から着上陸と離島侵攻にシーレーン攻撃と同時に脅威を受ける可能性がでてきます状況下、防衛費は厳しい財政状況下で微増に留まる事を強いられ、脅威の実が増大し予算人員そのままに任務だけが増大し、この他増大している事と云えば国民の期待と海外任務という状況ではあります

Weblog北大路機関の記事は基本として、その状況と我が国防衛政策の検証と共に、新しい脅威に対応する防衛力のあり方などを掲載してゆく事としていますが、国際政治の分野での、特に論理的な解説、政治思想史や政治過程論、国際法を自衛権や武力紛争法等やレジーム論による国際合意や規範形成等の面からの解説記事等を求める声が幾つか寄せられています、Weblog北大路機関コメント欄の匿名希望という形での意見要望が多く、今後、こうした部分も検討してゆく必要があり、より関心事に沿う掲載をしてゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします

第二北大路機関広報 |

謹賀新年二〇一六 新しい一年を本年もどうぞ宜しくお願いいたします

DKHNIMG_6520.jpg

新しい一年を本年もどうぞ宜しくお願いいたします

Weblog北大路機関よりも一足早い新年のご挨拶となりました

重ねてWeblog北大路機関もお引き立てよろしくお願いいたします

第二北大路機関広報 |

謹賀新年 二〇一六年も第二北大路機関を宜しくお願いいたします

DKHNIMG_0320.jpg

謹賀新年 二〇一六年も第二北大路機関を宜しくお願いいたします

それでは、きゅーそくせんこー
第二北大路機関広報 |
| HOME |