fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

軍事検証:ガールズ&パンツァーと自衛隊…批判的な意見 【Weblog北大路機関補足:2016-01-14日付】

DGPDSCF4002 - 1

ガールズ&パンツァーについて自衛隊の方でもBDを買うほどに、若しくは録画して繰り返し観る方がいる、と紹介しました

ただ、自衛隊の方ならば誰がだれでも全員ガールズ&パンツァーに好意的な印象を持っているというわけではありません、むしろ、戦車に愛着のある方で真剣に戦車戦闘において劣勢な我が国がどう大陸の強力な戦車に打ち勝つのか、という命題に真剣に取り組まれた方ほど、少々距離を、はっきり言えば滅茶苦茶嫌い、という方は、三曹から陸将の方までいるようです

DGPDSCF4002.jpg

これはアニメーションゆえの描写の限界、戦車戦闘が近すぎるという演出上の妥協点や戦車の性能に関する描写の限界、教材ではなく娯楽作品であるための限界というものが端的にでている、というべきでしょうか、これは20年ほどまえ、沈黙の艦隊、という日本の原子力潜水艦に関する漫画が人気を博したさいの海上自衛隊の方の是非の反応と通じるものがあるようです

スポンサーサイト



北大路機関:補足記事 |
| HOME |