fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

榛名京阪間特別機動【06】:大阪蒼き鋼のアルペジオ展、舞台となった横須賀散策の後で

DAPDSCF1010.jpg

榛名京阪間特別機動の前回にて横須賀はどうなっているか、と記しましたが空挺降下訓練始めに連動する関東方面縦走撮影に際し、横須賀へも足を運んでまいりました

DAPDSCF1050.jpg

アルペジオの音楽ユニット“Trident”が解散記念コンサートを横須賀にて実施した際に最後の賑わいがありましたが、今のところ一過性、というものだったようです

DAPDSCF1040.jpg

映画館の方もスターウォーズ関連商品売り場にとってかわられ、一方グルメスタンプラリーの実施店の方とお話しますと、二期があったらまた観たいね、と

DAPDSCF1020.jpg

横須賀は人口減少が始まっている街ですが、首都圏の港湾都市であると共に基地の街ということもあり人口の下限があり、そこまでアルペジオ聖地としての位置づけを重視しなくとも、というところでしたね

DAPDSCF1030.jpg

対照的なものがガールズ&パンツァーに湧き上がる茨城県大洗で、足を運びますと一つの作品、それも2013年の作品に町ぐるみで応援しているところに、少々驚かされました

スポンサーサイト



榛名の旅 |

平成二十七年度一月期 陸海空自衛隊主要行事実施詳報(2016.01.16/17)

88IMG_7195.jpg

■駐屯地祭・基地祭・航空祭

自衛隊関連行事はなし

■注意:本情報は私的に情報収集したものであり、北大路機関が実施を保証するものではなく、同時に全行事を網羅したものではない、更に実施や雨天中止情報などについては付記した各基地・駐屯地広報の方に自己責任において確認願いたい。情報には正確を期するが、以上に掲載された情報は天候、及び災害等各種情勢変化により変更される可能性がある。北大路機関

第二北大路機関広報 |

鳩湖一号作戦(11):大津駐屯地祭、第49普通科連隊 第10師団から中部方面混成団へ移管

DKPIMG_5836.jpg

第49普通科連隊の観閲行進です

DKPIMG_5836 - 1

第10師団から中部方面混成団へ移管となりました

DKPIMG_5837.jpg

即応予備自衛官主体の連隊は師団から方面混成団へ移管される方針です

DKPIMG_5838.jpg

この改編により第10師団は3個普通科連隊基幹へ改編され、戦車と火砲が大幅縮小されました

DKPIMG_5839.jpg

善通寺の第110教育大隊本部の観閲行進です

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)

榛名の旅 |

鳩湖一号作戦(10):大津駐屯地祭、第47普通科連隊の第4中隊・重迫撃砲中隊

DKPIMG_5831.jpg

第47普通科連隊の第4中隊と重迫撃砲中隊の観閲行進です、連隊は即応予備自衛官主体の部隊ですが、即応予備自衛官は訓練日数が年間30日、予備自衛官の5日間よりも遥かに多く予備役としては高い能力が求められています

DKPIMG_5832.jpg

大変ですよ、年五日でも分割取得して会社を休み二回に分けて訓練出でています、ウチの職場は自衛隊に理解がある方なのですが零細なので一人数日間抜けると大変なのです、とは予備自衛官のお話で予備自衛官の社会的地位の低さを嘆いておられました

DKPIMG_5833.jpg

民間企業で陸運系や警備業などは自衛官OBの方が比較的多く、それも業界最大手ならば予備自衛官の方への理解は厚く、現場は一人抜けるとそれはもう大変な負担なのですが、会社全体で何とか支えている、ということで職場によって違うようです

DKPIMG_5834.jpg

東日本大震災では、陸運最大手のとある会社では被災地への輸送へ一人でも運転手が欲しい中で、営業所長の英断にて、ウチは元々そういう会社なので苦しいが日本全体が苦しいのだから予備自衛官を笑顔で送り出そう、と頑張ったところもあります

DKPIMG_5835.jpg

しかし零細は全く別の状況で、兎に角、大規模災害時などは動員が掛かる可能性がある、と上司に示し、実際に一部に予備自衛官召集が始まった状況でも、中々理解を得られなかった、とのこと、予備自衛官もそうですが、訓練日程の多い即応予備自衛官はもっと大変なのですね

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)

榛名の旅 |

軍事検証:ガールズ&パンツァーと自衛隊…難しい戦車の表現 【Weblog北大路機関補足:2016-01-14日付】

DGPDSCF4002 - (4)

戦車をしっかりと描けているのか、京都アニメーションの大ヒットアニメーション、けいおん!、では女子高生が簡単に軽音楽の楽器を演奏しているところに影響を受け十数万の大金を叩き高級楽器を揃えたものの結局身に付かず大量に中古市場に流れたことがありましたが、アニメで簡単そうに見えるところは簡単ではない、ガルパンはどうか

DGPDSCF4002 - d3

映像表現ひとつとって、戦車を実際に蘊奥している方に良い印象を与えない可能性がるのは、正確に描けていないところです、戦車の性能を的確に把握することは非常に難しく、陸軍ドクトリンや先述体系によっても左右されるため簡単ではありません、車体単体でみたばあいでも戦車は、攻撃力と機動力に防御力、この三要素から戦闘システムが構成されていて、戦闘力は主砲の威力が筆頭にあるのですが、火器管制装置に戦闘と人間工学への適合性と通信機性能に野外整備性能まで含まれます

この部分をアニメーションのように描く場合非常に複雑となってしまいますので多くが省かれていました、機動力も速力や登坂能力に加えエンジン信頼性まで含みますし、防御力は装甲厚はもちろん砲弾格納位置に自動消火装置有無と多岐に及びます、その複雑さを知れば知るほど、疑問符というか限界を感じさせるのかもしれません

北大路機関:補足記事 |
| HOME |