fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

榛名京阪間特別機動【08】:大阪蒼き鋼のアルペジオ展、悲報:蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- メンタルモデル・ハルナ 1/8 完成品フィギュア発売再度10日延期

DKADSCF1009.jpg

蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- メンタルモデル・ハルナ 1/8 完成品フィギュア、発売が更に延期となりました

DKADSCF1039.jpg

困ってしまいますね、一定以上出荷が遅れますとAMAZONなどは自動キャンセル扱いとなってしまいます

DKADSCF1029.jpg

遅延は更に十日間とのこと

DKADSCF1019.jpg

良くある話なので待つほかないのですが、家電量販店などですと取り置き一週間で自動キャンセルというところも

DKADSCF1049.jpg

家電量販店の自動キャンセルは払い戻し無で入荷日が遅れても連絡がないので大変です

スポンサーサイト



榛名の旅 |

鳩湖一号作戦(14):大津駐屯地祭、自衛官候補生全員による迫力の自衛隊体操展示

DKPIMG_5851.jpg

喇叭演奏、背景の湖西線を特急サンダーバードが走り抜けてゆきます

DKPIMG_5852.jpg

そして自衛官候補生全員による迫力の自衛隊体操展示へ

DKPIMG_5854.jpg

その背後では訓練展示模擬戦への準備も進められていました

DKPIMG_5853.jpg

ここでも喇叭の登場、喇叭は通信伝達手段として手堅い能力があります

DKPIMG_5855.jpg

自衛隊体操は、参加人員規模が大きく迫力は中々のものですね

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)

榛名の旅 |

鞍馬の考:時事論点・・・米バージニア州で1人がジカ熱陽性、米州全域に感染拡大も

dg IMG_0665

ジカ熱が中南米で猛威を振るっています、そして観光客などが罹患し帰国する事で感染範囲が拡大しており、アメリカ保健当局等が注意を促しています

我が国厚生労働省によれば、ジカ熱は軽度の発熱や発疹と結膜炎に筋肉痛や関節痛および倦怠感もしくは頭痛などが主な症状、としていますが、アメリカ保健当局によれば重篤化した場合に妊娠中であれば、新生児の頭部発達が異常に遅れる小頭症となる可能性があり、感染が増大しているエルサルバドル政府はここ数年間の出産を見送るよう異例の勧告を出している程です

蚊媒介性の伝染病で、厚生労働省によれば、ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると蚊の体内でウイルスが増殖しその蚊が他者を吸血することでウイルスが感染、という伝染経路が示されている為、感染爆発が発生し患者が移動する事によりその移動経路に沿って感染が広がる、我が国でのデング熱発生と同じ問題点などが指摘されており、虫よけなど防虫剤の使用を励行する対策などが挙げられています

感染が増大しているブラジルでは、今年リオデジャネイロ五輪が予定されていることから、多くの観客やスタッフに選手などがジカ熱へ感染する可能性が警戒されていまして、ブラジル政府では陸軍部隊を防疫へ、特に蚊が発生する水たまりなどの消毒や除去へ派遣するとともに夏季五輪実施の八月はブラジルでは投機に当たるとして蚊の繁殖がある程度収まるのではないか、との見通しを示しました

我が国厚生労働省は、感染多発地域として今年一月現在、バルドバス、ボリビア、ブラジル、コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、メキシコ、パナマ、パラグアイ、プエルトリコ、スリナム、ベネズエラ、フランス領(グアドループ、サン・マルタン、ギアナ、マルティニーク)、を挙げ、我が国では海外の流行地で感染し発症した症例が 2013 年以降3例国内で見つかったとしています

鞍馬の考:時事論点・・・米バージニア州で1人がジカ熱陽性、米州全域に感染拡大も…の続きを読む
鞍馬の考 |

鳩湖一号作戦(13):大津駐屯地祭、74式戦車が殿を務める観閲行進と音楽演奏

DKPIMG_5845.jpg

観閲行進、第8高射特科群の03式中距離地対空誘導弾システムがその大型の車体を見せつけます

DKPIMG_5846.jpg

74式戦車、今津駐屯地の第3戦車大隊より参加した戦車で、既に旧式化が指摘されますが、こののち広域多用途無線機の搭載が行われ近代化改修が行われました

DKPIMG_5847.jpg

続いて第3音楽隊による音楽演奏、中部方面混成団は司令部に音楽隊を有していませんので千僧駐屯地から師団隷下部隊の参加というかたち

DKPIMG_5848.jpg

訓練展示の自衛隊体操にむけ隊員が集合を開始しました、背景には観閲行進に参加した各種装備が展示に向け再集結を開始している様子が見える

DKPIMG_5850.jpg

第4陸曹教育隊の隊員による喇叭演奏、下士官養成を目指す気合いの入った展示です

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)

榛名の旅 |

鞍馬の考:時事論点・・・北陸新幹線米原ルートの可能性について考える

DKCIMG_8332.jpg

JR西日本が困難であるとしました北陸新幹線米原ルートですが、方法によっては可能性があるのではないでしょうか

最大の問題は米原ルートの建設区間が最も短い為に建設費用が安いものの、東海道新幹線は5分間隔で運行される最も密度の高い区間であり、北陸新幹線から大阪への直通新幹線を毎時3本としても、とてもではないが275km/hの速度で駆け抜ける超過密路線へ乗り入れる事は出来ないため、東海道新幹線の複々線化が必要となる、これは米原までの公費を安く収めたとしてもその後の京都新大阪間の建設費用を含めれば最大の費用を要する路線となり得る、という点が難点でもあります

米原駅で東海道新幹線こだま号に連結する事は出来ないか、解決策としてこうした施策が考えられます。米原駅に停車する毎時2本の新幹線こだま号、ひかり号へ連結し、こだま・かがやき号、もしくは、こだま・らいちょう号、として運行するならば、東海道新幹線の運行本数を現状のまま維持できますし、新幹線E7系・W7系電車共に12両編成ですので、こだま号用700系・N700系・N700A系の16両編成と併せ28両編成にて運行可能なホーム延長工事を米原駅、京都駅、新大阪駅に施すことで対応できるでしょう

もう一つは、部分複々線です、北陸新幹線の毎時三本運行であれば、現在の新幹線運行制御システムを考えた場合、単線でも対応できないものではありません、そこで北陸新幹線運行を全て新大阪行きとするのではなく、一部を京都行として新大阪まで到達させず、米原京都間に単線の新線を建設する方法です、米原京都間は大津市と京都市の境界にあたるトンネル工事を除けば田園地帯が比較的多く、単線建設ならば複線建設よりも費用を抑える事が出来ます、北陸新幹線を全て複線と考える体系からの脱却に重点を置きました

東海道新幹線は過密状態ですが、リニア中央新幹線名古屋大阪間も2045年には開業するため、その後は東海道新幹線の過密状態も輸送需要に余裕が見込めます、北陸新幹線大阪開業から十年程度は過密が続きますが、最終的に余裕は考えられますし、また、北陸新幹線が東海道新幹線の災害などによる不通状態の代替手段として考えた場合、その要因が東海地震や東南海地震によるものであるならば、米原新大阪間の新幹線輸送ダイヤに空きが生じる事を意味しますので、代替交通手段としての北陸新幹線の責務もまた果たすことができるといえます

鞍馬の考 |

鞍馬の考:時事論点・・・北陸新幹線でJR西社長が主張 若狭ルート基本、米原は困難

DKCDSCF2594.jpg

東京と大阪を結ぶ北陸新幹線工事について、議論となっている経路にJR西日本社長が重要な見解を発表、福井新聞が報じました

東京から金沢までは開業した北陸新幹線は、最終的に北陸本線に沿って若狭方面の敦賀駅から大阪駅までを結び、東京と大阪を結ぶ東海道新幹線の補完的な位置づけ、例えば東海地震や東南海地震により東海道本線及び東海道新幹線が不通となった場合の重要な代替路線となることとなります、しかし、敦賀駅までの経路は決定しているのですが、敦賀駅から大阪駅までの経路が未だ決まっていません

最有力は、敦賀駅から小浜線の小浜駅を経て京都駅へ南下する新線建設、続く案が敦賀駅から湖西線に沿って滋賀県琵琶湖西岸を大津京都と進む建設、最も安く建設できる案は大阪開通を断念し北陸本線に沿って米原駅を目指す案です、JR西日本の真鍋精志社長は若狭ルート基本で米原は困難、としました、米原案は米原駅から東海道新幹線に乗り入れるには、東京新大阪間の東海道新幹線が過密状態にあり、乗り入れる事が現実ではない、というもの、また琵琶湖西岸は強風により運休が頻発する湖西線に近く、こちらも現実ではないということでしょう

鞍馬の考:時事論点・・・北陸新幹線でJR西社長が主張 若狭ルート基本、米原は困難…の続きを読む
鞍馬の考 |

鞍馬の考:時事論点・・・リニアの品川駅起工式=東海道新幹線のホームの真下約40メートルの難工事―JR東海

DKCDSCF2312.jpg

リニア中央新幹線の品川駅工事が開始された、時事通信などが伝えました

品川駅のリニア新幹線ホームは地下40mという大深度におかれ、この工事には10年間の長期間にわたり、限られた敷地に東海道新幹線の運行を維持しつつ進められるとの事、2027年に開通が予定されるリニア中央新幹線は、言い換えればあと11年で東京と名古屋が50分で結ばれる事となります

鞍馬の考:時事論点・・・リニアの品川駅起工式=東海道新幹線のホームの真下約40メートルの難工事―JR東海…の続きを読む
鞍馬の考 |
| HOME |