fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

コラム:米海軍、イラン高速艇の「群れ」どう打ち負かすか 続 【Weblog北大路機関補足:2016-09-17日付】

DAAXIMG_7376_201609272339228b3.jpg

コラム:米海軍、イラン高速艇の「群れ」どう打ち負かすか、ロイターコラムです

ロイターコラムでは、この種の攻撃は長らくイランとアメリカとの摩擦関係を象徴するように実施されており、アメリカは海兵隊攻撃ヘリコプターを臨時搭載する事により対処してきた、と紹介しています。陸軍第160特殊航空連隊のAH-6特殊作戦ヘリコプターや海兵隊のAH-1W攻撃ヘリコプターを搭載し対応してきた事例がありますが、ここに新たに提示される装備が、ハイドラ70ロケット、陸上自衛隊のAH-1S対戦車ヘリコプターにも搭載されている世界標準のロケット弾ですが、2007年に開発されたハイドラ70ロケット弾の精密誘導型APKWSが、多数のイラン舟艇への対抗策として考えられるほか、レーザー兵器という選択肢もあるとのこと

↓以下ロイターコラム
コラム:米海軍、イラン高速艇の「群れ」どう打ち負かすか 続 【Weblog北大路機関補足:2016-09-17日付】…の続きを読む
スポンサーサイト



北大路機関:補足記事 |

コラム:米海軍、イラン高速艇の「群れ」どう打ち負かすか 【Weblog北大路機関補足:2016-09-17日付】

APGIMG_1145_20160927233920d5f.jpg

コラム:米海軍、イラン高速艇の「群れ」どう打ち負かすか、ロイターコラムです

ホルムズ海峡におけるイラン海軍によるアメリカ海軍への小型舟艇による挑発行動ですが、真剣な脅威として受け止めるべきとの声が上がっています。イラン海軍は、キロ級潜水艦、ロシア製の比較的運用実績のある装備を若干数維持していますが、レーダーなどの電装品や水上戦闘艦などの性能面で、アメリカ海軍と正面から戦う能力はありません、実質、海上自衛隊は勿論、韓国海軍と比較してもかなりその能力は低いといえるでしょう。しかし、そのなかの挑発行動ではありますが、機雷敷設やロケット砲攻撃などを狭い海峡において実施されれば、これは真剣な脅威となりかねません

↓以下ロイターコラム
コラム:米海軍、イラン高速艇の「群れ」どう打ち負かすか 【Weblog北大路機関補足:2016-09-17日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |
| HOME |