fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

焦点:ロシア懐疑派のクリントン氏、垣間見える「強硬姿勢」続 【Weblog北大路機関補足:2016-09-27日付】

DAPZDSCF3305_20160928232410cfa.jpg

焦点:ロシア懐疑派のクリントン氏、垣間見える「強硬姿勢」 、ロイター記事について

アメリカ大統領選は、今後の世界の流れを決める非常に重要な大統領選挙人の選挙であるのですが、現在のところどうしてもポピュリズムの応酬に陥ってしまっているという印象から脱する事が出来ません。アメリカの世論調査では支持率は言葉と共に上下し、文字通り選挙戦の投票日の時機、というものが大きく反映されるところです。運も政治家の実力、とはよく聞かれる言葉ではあるのですが、ポピュリズムの揚げ足取りで政権が決まってしまう状況は、運不運というよりも、この運不運の結果の政権に振り回されるアメリカ国民と世界の安定に恩恵を得る諸国民の、不運といえるのかもしれません

↓以下ロイター記事
焦点:ロシア懐疑派のクリントン氏、垣間見える「強硬姿勢」続 【Weblog北大路機関補足:2016-09-27日付】…の続きを読む
スポンサーサイト



北大路機関:補足記事 |

焦点:ロシア懐疑派のクリントン氏、垣間見える「強硬姿勢」 【Weblog北大路機関補足:2016-09-27日付】

DTKDSCF5369_2016092823241215f.jpg

焦点:ロシア懐疑派のクリントン氏、垣間見える「強硬姿勢」、ロイター記事です

ロシアとアメリカの関係、第二次世界大戦後の東西冷戦以降の古典的でありながら最も新しい国際政治の命題ですが、大統領選において、果たしてロシアとの宥和派と強硬派、どちらをアメリカ国民が選択するかについて大きな関心があります。民主党のクリントン候補は、この中でロシアとの厳しい外交戦を永らく戦い抜いたという実績とともに、ウクライナ介入とクリミア併合を受けてのロシアへの警戒感から、強硬姿勢を執るものと考えられています

↓以下ロイター記事
焦点:ロシア懐疑派のクリントン氏、垣間見える「強硬姿勢」 【Weblog北大路機関補足:2016-09-27日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |
| HOME |