第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

核兵器禁止条約、米など40カ国が交渉不参加を表明【Weblog北大路機関補足:2017-04-03日付】

DAAIMG_1124_20170404152307ae2.jpg

核兵器禁止条約、米など40カ国が交渉不参加を表明、CNN報道です

核兵器禁止条約ですが、批判的に視れば、北朝鮮の核開発が進んだ際に、どのような選択肢を採っていたのか、と核兵器禁止条約への参加国へ、被爆国であり周辺国の大半が核兵器国と核保有国に囲まれた我が国の視点としては考えてしまいます。これでは核兵器の脅威が及んでいない諸国が偽善として核兵器廃止の法制化を見せびらかし、核兵器の脅威にさらされている国のみが一方的に損をする枠組と云わざるを得ません。インド、パキスタン、北朝鮮、これらの諸国が核兵器保有を断念するほどの厳しい制裁を共有できる諸国のみが、核兵器禁止条約へ参画する権利を持つのかもしれません、それ以外の諸国は、現実の脅威を無視し形而的に枠組を創ろうとする偽善国家、といえないでしょうか

↓以下CNN報道
核兵器禁止条約、米など40カ国が交渉不参加を表明【Weblog北大路機関補足:2017-04-03日付】…の続きを読む
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |

英、EU離脱を正式通知 2年間の交渉開始へ【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】

DAAPDSCF6809_2017040214283279d.jpg

英、EU離脱を正式通知 2年間の交渉開始へ,CNN報道です

EU加盟国はイギリスへ四つの切り離せない事由と共に単一市場への残留はできないものであるとしています、この中には移動の自由と移民受け入れを含めるものがあります。数百万のEUイギリス在留市民の位置づけ、この後の移動の自由をどうするのか、視点を変えて単一市場への残留を求めるイギリスに対し、EUではイギリスを加盟国に準じる待遇を与えた場合イギリスの規制とEUの規制の差異がEUからの産業流出への可能性も示すことから、離脱交渉と貿易交渉を並行する事は出来ないと繰り返し強調しています

↓以下CNN報道
英、EU離脱を正式通知 2年間の交渉開始へ【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

アングル:離脱巡る英国債相場上昇に危うさ、物価上昇で反落も【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】

DAADSCF6651_201704021419304d1.jpg

アングル:離脱巡る英国債相場上昇に危うさ、物価上昇で反落も,ロイターアングルです

ブレクジットリスク、一か月間の物価上昇率が前年比で2.3%とかなり危いインフレ兆候を示していますが、これに連動してイギリス国内の利回りも上昇しています。過度なインフレは国家経済を破綻させるとともに、国際投資でのヘッジファンドによる標的となりますので、物価上昇には各国が慎重にインフレ管理を行っているのですが、後戻りできないブレクジットを前に、国債利回りが上昇しインフレがこれを後押しするならば、イギリス政府の資金調達への不確定要素を増す事ともなるでしょう

↓以下ロイターアングル
アングル:離脱巡る英国債相場上昇に危うさ、物価上昇で反落も【Weblog北大路機関補足:2017-03-30日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

鞍馬の考:時事論点・・・トランプ米大統領、地球温暖化対策見直す大統領令に署名

DGPDSCF6002_201704021436114af.jpg

トランプ米大統領、地球温暖化対策見直す大統領令に署名,BBC報道です

レジームチェンジとなるのか、追随する国家が無ければアメリカの環境規制規格のみ緩和されても、国際競争力を喪失するだけの負け組となりかねません。ただ、地球温暖化防止枠組、もっとも現実的には、寒冷化する地域もありますので気候変動対策というべきですが、温室効果ガス排出削減という最大の手段に対し、温室効果ガスを排出しない方式として天然ガスや原子力発電が推されていましたため、福島第一原子力発電所事故後の各国原発政策の変容、天然ガスを燃焼する事で自然放出されるよりは温室効果ガス削減効果に繋がるとした主張への掘削に伴う自然放出量増大の危惧、まだまだ議論の余地がありますので、今回の大統領令は別として、気候変動対策への学術的研究を別の視点からも進める必要はあるかもしれません、温室効果ガスよりも放射性物質の方が、致命的ですから、ね

↓以下BBC報道
鞍馬の考:時事論点・・・トランプ米大統領、地球温暖化対策見直す大統領令に署名…の続きを読む
鞍馬の考 |

EOS-M3運用評価:ミラーレス初心者用カメラ、新月で満月を撮影する脅威の不良描写力

tbIMG_6358.jpg

EOS-M3ですが、新月の夜にも満月が撮影できます、つまりAF不良でAF合致を信じて撮影すると近傍の街頭等を思い切りピンボケで撮影し、満月のように映ってしまうという

tbIMG_6470.jpg

これ、撮影したい写真を風景から切り取るのではなく、カメラのシャッターを押してAF合致までの時間で動いてしまう被写体の残念な姿をデータで記録する、つまり、撮りたい写真はカメラが選ぶものだ、と

sIMG_2048.jpg

掲載している写真は全てEOS-7Dが撮影したものなのですが、PowershotG-12やG-16ならば、広角で連動させて撮影する事が出来ました、が、EOS-M3ではピンぼけ写真量産により、PCのHD容量を空費するだけのものでしかありません

tbIMG_3413.jpg

ミラーレス初心者用カメラ、新月で満月を撮影する脅威の不良描写力、技術者が慣れていないだけなのでしょうが、ちょっと空いている観光地を昼間に撮影する以外使えません

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |
| HOME |