第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

平成二十九年度四月期 陸海空自衛隊主要行事実施詳報(2017.04.15/04.16)

IRIMG_2865.jpg

■駐屯地祭・基地祭・航空祭
・4月16日:第6師団創設55周年神町駐屯地祭…http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/
・4月16日:霞目駐屯地創設60周年記念行事…http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/neaavn/
・4月16日:高田駐屯地創設67周年記念行事…http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/1eb/5eg/
・4月16日:宇都宮駐屯地創設67周年記念行事…http://www.mod.go.jp/gsdf/utunomiya/utsunomiyahp/
・4月16日:板妻駐屯地創設55周年記念行事…http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/1d/unit/34i.html
・4月15日:松本駐屯地創設67周年記念行事…http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/12b/
・4月16日:久居駐屯地創設65周年記念行事…http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/butai/sta/hisai/
・4月16日:信太山駐屯地創設59周年記念行事…http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/shinodayama/
・4月16日:陸上自衛隊幹部候補生学校創設63周年前川原駐屯地祭…http://www.mod.go.jp/gsdf/ocsh/

■注意:本情報は私的に情報収集したものであり、北大路機関が実施を保証するものではなく、同時に全行事を網羅したものではない、更に実施や雨天中止情報などについては付記した各基地・駐屯地広報の方に自己責任において確認願いたい。情報には正確を期するが、以上に掲載された情報は天候、及び災害等各種情勢変化により変更される可能性がある。北大路機関
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |

ISIS掃討作戦、民間人死者は2年半で229人【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】

DKHNIMG_6281_201704132335281e8.jpg

ISIS掃討作戦、民間人死者は2年半で229人,CNN報道です

ISILへの有志連合による航空攻撃による犠牲者は二年半で29名に達するとの事、軍事目標を攻撃した事による付随被害、として第二次大戦中に東京を空襲され十万単位の犠牲者を出したほか、主要都市は京都以外軒並み絨毯爆撃に曝されるか艦砲射撃で炎上、広島と長崎には核攻撃を行われともに十万単位の死者を出した日本としては、二年半で民間人229名、という数値は、ちょっと考えさせられるものがあります

↓以下CNN報道
ISIS掃討作戦、民間人死者は2年半で229人【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

「強力な艦隊」派遣とトランプ氏、北朝鮮は核攻撃を警告【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】

WG4A8269_20170413232734ccd.jpg

「強力な艦隊」派遣とトランプ氏、北朝鮮は核攻撃を警告、ロイター報道です

カールビンソン空母戦闘群が朝鮮半島近海へ展開しました。トランプ大統領は北朝鮮核開発がアメリカ本土へ及ぶ深刻な脅威と発展する事を警戒しており、先週字視されたシリアへの限定攻撃のような強硬措置は充分考えられます。最大の相違点は、北朝鮮にはアメリカ本土を叩く能力は無くとも、現時点で在日米軍基地やグアムなどの米軍基地を弾道ミサイルで攻撃する能力を北朝鮮が有している点でしょう

↓以下ロイター報道
「強力な艦隊」派遣とトランプ氏、北朝鮮は核攻撃を警告【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |

焦点:米シリア攻撃、アサド政権には「軽いお仕置き」程度か【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】

北大路新年968ed17df398a03fff0d01c649351166

焦点:米シリア攻撃、アサド政権には「軽いお仕置き」程度か,ロイター報道です

アメリカのシリアトマホーク攻撃ですが、アサド政権には軽い御仕置程度の効果しかない、とは軍事専門家の意見の一つですが、アメリカのトランプ大統領としても軽い御仕置御程度であったという認識が必要でしょう。今回トマホーク攻撃を行ったのはアメリカ海軍の駆逐艦二隻、巡航ミサイルが対地攻撃における艦砲射撃の代用と考えれば、アメリカ海軍は膨大な水上戦闘艦の中で二隻の駆逐艦が艦砲射撃をしたに過ぎません

そして、化学兵器が使用されれば、こうした制裁措置が即座に実行されるという決意表明は、シリアのアサド大統領にとり軽いものではないでしょう、地中海にはより多数の駆逐艦がトマホークを搭載し攻撃可能な海域に遊弋し、50機の戦闘爆撃機を搭載したニミッツ級原子力空母が周辺海域を遊弋しています、更に今回の約三倍という154発のトマホークを搭載したオハイオ級巡航ミサイル潜水艦も今回の“御仕置”には参加していません

↓以下ロイター報道
焦点:米シリア攻撃、アサド政権には「軽いお仕置き」程度か【Weblog北大路機関補足:2017-04-10日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |
| HOME |