第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

NHK世論調査 憲法の改正 必要43% 必要なし34%【Weblog北大路機関補足:2017-05-03日付】

ANYTDSCF0413.jpg

NHK世論調査 憲法の改正 必要43% 必要なし34%、NHK報道です

憲法改正への同床異夢、という視点が憲法にかんする視点を複雑なものとしています。平和主義は現在隣国の大半が核兵器国と核保有国で我が国排他的経済水域へミサイルが着弾し、毎年1000回以上の国籍不明機が防空識別圏を突破する、台湾海峡と朝鮮半島に南シナ海と東シナ海は、シリアやイラクと東部ウクライナに南スーダンと並ぶ緊張地域です。

 極論すれば世界の緊張地域の半分以上が我が国周辺地域となっている、故に平和主義を手段とするのではなく国民の平和的生存権を維持できるよう防衛力を保持できるよう改正する、という視点は為政者、国民の生命財産に直接責任を持つ政策決定者には大きな課題です。逆に護憲改憲では、ほかの新しい権利などは主題となっていない事の方が概して多い。

 しかし、同床異夢という視点では、他の権利の保障を求める声が比較的多く、環境権として国民はよりよい生活環境を享受する権利を明白に憲法に明示するべく改憲するべきという視点、プライバシー権として個々人の自己実現への行程とともに内心の自由という現在明示されている権利を更に発展させ政治と行政機構から無関心を求める権利についてなど。

 永住外国人や一時居留者を含め外国人の人権が日本国憲法において担保されるのかとの視点から過去にようやく法廷での筆記行為を景気とした憲法裁判の末に日本国憲法が担保する人権は日本国籍を有さずとも保障される権利との漸くの判断を更に進め外国人の人権を地方参政権や国勢参政権の有無について明確に明示するべきとの改憲の意見もあります。

↓以下NHK報道
NHK世論調査 憲法の改正 必要43% 必要なし34%【Weblog北大路機関補足:2017-05-03日付】…の続きを読む
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |

鞍馬の考:時事論点・・・アリタリア航空が事実上の経営破綻 運航は当面継続

DKHNIMG_0048_201705031402229c8.jpg

アリタリア航空が事実上の経営破綻 運航は当面継続、NHK報道です

親会社となっているエディハド航空の経営再建案を、人員削減や人件費削減が労働組合に反対され早晩に経営破たんとなる構図がありましたが、前回の計絵一基ではイタリア政府が公的資金による救済を行っています。しかしイタリア政府は今回の経営危機での公的資金支出に難色を示しており、今後新しい親会社が開拓できなければ、会社解散と機材売却の可能性もあります

↓以下NHK報道
鞍馬の考:時事論点・・・アリタリア航空が事実上の経営破綻 運航は当面継続…の続きを読む
鞍馬の考 |

米大統領「正しい状況ならキム委員長と会う」【Weblog北大路機関補足:2017-05-01日付】

ANCIMG_9968_2017050223062955f.jpg

米大統領「正しい状況ならキム委員長と会う」,NHK報道です

オバマ政権までのアメリカ政府は北朝鮮の民主化、つまり現在の金政権打倒を最終目的として様ざまな圧力と対話を促してきました。しかし、トランプ大統領の視点では、金政権が存続する場合でも、アメリカに対する核兵器の脅威解消が北朝鮮の核開発放棄により担保されるならば、現在の政権態勢でも容認し得るという柔軟な姿勢を明示し、首脳会談の可能性を示しました。この部分は現実的な選択肢として、大きな関心を持つところです

↓以下NHK報道
米大統領「正しい状況ならキム委員長と会う」【Weblog北大路機関補足:2017-05-01日付】…の続きを読む
北大路機関:補足記事 |
| HOME |