第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

NIKON Key Mission80:ウェアラブルカメラ導入検討の背景、EOS-M3とLUMIXミラーレスの比較

DCXIMG_9611.jpg

NIKON Key Mission80を考えた背景には、機動力と小型性を重視して導入したCANONミラーレス一眼EOS-M3があまりに製品としての完成度が低かった為です

DCXIMG_9562.jpg

LUMIX,ここで比較したのは他社製のミラーレス一眼です、即ち、EOS-M3の性能面での立ち位置はどの程度なのか、という視点からの検証をおこなったわけですが

DCXIMG_9563.jpg

性能面では、動体被写体撮影への追従度合いはかなり高く、内臓電子ビューファインダーとの整合性がかなり高く確保されていました、EOS-M3と比較すればM3はトイカメラの領域という印象でした

DCXIMG_9556.jpg

しかし、価格帯ではミラーレスがフラッグシップモデルに位置づけられている印象でして、明らかにメイン機種を狙っているものでした、この発想、CANONにはありません

DCXIMG_9574.jpg

CANONの位置づけですが、CANONは300mmF2.8や400mmF4などフラッグシップ望遠レンズがあります、そしてこちらと適合するカメラはミラーレスではなく、主流は一眼レフなのですよね、このあたりが開発への意識差に出ているのではないか、と思う次第です

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト
榛名の旅 |

NIKON Key Mission80:写真データは静止画撮影で2M,100枚撮影しても200M

DCX2IMG_9584.jpg

静止画撮影は、カメラ部分は1235万画素とのことで、行き過ぎた高性能を追求していない点が、今日では貴重でしょう

DKGIMG_7473_20170516112820669.jpg

PCのHD容量という視点からも歓迎すべき点ですが、静止画は2Mとのこと、すると100枚撮影しても200Mですので、メディアの負担も重くありません

DKGIMG_7475_20170516112822a09.jpg

最近はバックアップを十分に確保するにもデータ容量が大き過ぎまして、これは行き過ぎと思わされるものが多いのですが2Mならなんとか

DKGIMG_7474_20170516112822aa8.jpg

SDカードではなくmicro-SDカード方式を採用しているとのこと、本体部分の小型化の為にSDカードで反駁こちらを採用したわけですね

DKGIMG_7476_20170516112823d39.jpg

これも近年大容量化が進んでいますが、画質にこだわるあまり36枚撮影するだけでCD-R時代ならば一杯になるような代物であっては、逆に使いにくいものとなってしまいます

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
榛名の旅 |
| HOME |