fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

令和元年富士総合火力演習:御殿場市と小山町は今日もホテルは満室に

WG4A9144.jpg

富士総合火力演習が日曜日に本番を迎えます。日本は平和主義を掲げる国家ですが,民主主義国家でもあり,その平和政策を進める政府を国民が支持して初めて成り立つ,故に外国勢力が軍事力を以て我が平和主義を圧迫した際には撥ね退けて平和的生存権を保障する.その実力の一端を国民に示すのが総火演です。陸自HPではWeb中継も行われる。

富士総合火力演習、シート席の場合は無理にいっちばーん、と最前列を狙うのではなくホテルが満室の場合は無理をせず沼津など御殿場線沿線に宿泊し、シャトルバスにてシート席後ろの方を狙うのも選択肢です、こういうのもシート席は後ろの方が勾配が在って高低差により見やすくなっていますので、無理に駅の周りで徹夜を重ねるよりは。ただ、御殿場市内は直前に空室が出る場合も、実際昨年在りましたので、そのあたりの判断は難しいのですよね。

北大路機関
スポンサーサイト



榛名の旅 |

令和元年度八月期 陸海空自衛隊主要行事実施詳報(2019.08.24-08.25)

osIMG_3036.jpg

■駐屯地祭・基地祭・航空祭

・掃海艇いずしま七里長浜港一般公開…https://www.mod.go.jp/msdf/
・松島基地航空祭…https://www.mod.go.jp/asdf/matsushima/index.html
・ミサイル艇はやぶさ両津港一般公開…https://www.mod.go.jp/msdf/
・カナダ海軍フリゲイトオタワ舞鶴寄港…https://www.mod.go.jp/msdf/
・インドネシア海軍練習帆船ビマスチ阪神寄港…https://www.mod.go.jp/msdf/
・護衛艦ふゆづき下関一般公開…https://www.mod.go.jp/msdf/
・知念分屯基地開庁記念行事…https://www.mod.go.jp/asdf/chinen/

■注意:本情報は私的に情報収集したものであり、北大路機関が実施を保証するものではなく、同時に全行事を網羅したものではない、更に実施や雨天中止情報などについては付記した各基地・駐屯地広報の方に自己責任において確認願いたい。情報には正確を期するが、以上に掲載された情報は天候、及び災害等各種情勢変化により変更される可能性がある。北大路機関
第二北大路機関広報 |

GSOMIA 韓国側から協定破棄の通告 伊勢の応

2019WG4A9093.jpg

GSOMIA 韓国側から協定破棄の通告 NHK報道です

日本側の外交的非礼を理由としていますが、昨年の韓国国際観艦式に自衛隊が参加したければ自衛艦旗を下せ、つまり降伏せよ、と公式に通知した事は外交的非礼に当らないのでしょうかね?いやP-1哨戒機への火器管制装置使用もミサイルで照準して攻撃の意思を示した事ですよ、外交的非礼を通り越して戦闘行為を行った訳ですが、ほかにも色々あり過ぎてここには書けない
GSOMIA 韓国側から協定破棄の通告 伊勢の応…の続きを読む
伊勢の応 |

日韓GSOMIA破棄 韓国側が被る膨大な自己不利益

2019WG4A9217.jpg

日韓GSOMIA破棄、韓国が一方的に破棄したものですが、韓国側が日本位提供できる情報は日本に届かない短距離弾道弾に関する情報です。そしてこの情報は在韓米軍経由で、日韓GSOMIA締結以前は取得していました。朝鮮戦争停戦中の現段階では北朝鮮の地上軍動向は日本の防衛に直接は影響しません、北朝鮮には地上軍を日本海のこちら側まで輸送する手段がありませんからね。しかし、韓国側の被る不利益は大きい。

自衛隊はEP-3やOP-3とYS-11Eといった情報収集機を多数運用しています、そして那覇基地を筆頭に南シナ海と東シナ海にアクセスしやすい航空拠点を有している為、これら情報収集機の航続距離から、東シナ海は勿論南シナ海と太平洋地域における膨大な情報収集網を有しています。日韓GSOMIAは韓国側が自国のシーレーンへの中国圧力からの対処に必要な情報を得るのに重要な位置づけでした、これを韓国が断ち切った構図だ。

日韓GSOMIA破棄を日本政府が驚きを以て迎えた背景には、例えばこれは半導体原料に例えれば輸出規制に怒って韓国が日本からの半導体原料の禁輸を発表し自ら首を絞めるような構図です。そして海洋情報収集に関しては、日米は一応情報共有を行っていますが、ミサイル防衛における日米の協力と横田の日米調整所にあたる海洋情報の米韓調整所は無く、簡単に入手できるものではありませんし、韓国の情報収集機は北朝鮮を想定した近距離用が多い。

韓国は日本からの海洋安全保障に関する第一線の機密情報を自らたちきり、どう確保するのでしょうか。韓国が自ら困るのは、しかし結果として日米韓の三カ国による北東アジア地域の防衛協力という根幹を断ち切る事となるのですが、同時にこの日韓GSOMIAの締結へ尽力したアメリカ側にも頭の痛い問題といえましょう。そして一たん断ち切りますと、再度の締結には簡単ではない調整を重ねる必要があり、日韓関係の現状は再交渉の端緒を見つけられません。

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
伊勢の応 |
| HOME |