fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

伊勢の応:観艦式前の季節に令和時代の任期制自衛官を考える

2019WG4A9099.jpg

観艦式の話題で知人と盛り上がったのですが、令和時代、少子化と実任務増大と財政難という三重苦にある自衛隊は、募集に相当な苦労を重ねています。なにしろ少子化で定年というよりも二年契約社員の様な扱い、実任務増大によりしわ寄せが現場に、財政難により曹に昇進し定年まで残る事の難しさ、という職場ながら、新卒というか若者を定期的に必要とする職場だ

ndbIMG_3271.jpg

考えるのは大学進学を考える高校生に対して、高校を卒業して一任期二年間を奉職し、その俸給の一部と賞与と退職金を積み立てて学費としてはどうか、という制度です。もちろん、自衛官退官後に大学進学を考えるのであれば、部隊としてもセンター試験(にかわる共通試験)や入試期間中の休暇取得、延灯許可による自習時間の確実な確保、しわ寄せはあるのでしょうが

MRIMG_8955.jpg

自衛隊としては悪い話ではないと思うのですよ、何故ならば大学生には多少自主研鑚の余裕がありまして、要するに夏季休暇と春期休暇ですが、その期間に即応予備自衛官に任官してもらう、という選択肢が生まれます。社会人に年間30日間の訓練期間は厳しいものですが、大学生ならば夏季セミナーの合間等でも時間はあります、即自の俸給は書籍代と生活費の足しになる

mIMG_5956.jpg

もちろん、自衛隊側も相当覚悟が必要です、即応予備自衛官の訓練期間は動かせませんので、旧国立と私立で微妙に違う休暇期間に併せて訓練日程を組まなければなりませんし、二回生以降はインターンシップや短期留学が本格化します、そして何より、現役の間に受験勉強を行う二束草鞋の状態になるのですから、自習室を含め部隊が予備校のような雰囲気となる覚悟も

mIMG_2357.jpg

地方協力本部の方々も、特に制度として大学予科自衛官というような任期制自衛官を制度としたうえでなければ、実際は出来ないが書類上は出来なくもないよ、という言葉をいいかえるような、懐かしい”地連のオヤジに騙された”制度となってはなりません。しかし、いまの募集難とそれを助長する定年が早過ぎる非正規公務員の様な任期自衛官に若者を集めるには、なにか工夫が必要とおもうのです

北大路機関:はるな くらま ひゅうが いせ
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト



伊勢の応 |

米国防長官、日韓対立エスカレートに「大変失望」 関係改善促す 日向備忘録

WG4A9403.jpg

米国防長官、日韓対立エスカレートに「大変失望」 関係改善促す AFP報道です

この問題で難しいのは、日本側が出来る譲歩が少ないという部分で、例えばホワイト国除外の問題は日本だけの問題ではなく大量破壊兵器関連物資の輸出管理というもの、アメリカが日本の輸出管理の曖昧化を世界で唯一認めるよう国際社会に働きかけて、というならば日本として譲歩できるのかもしれませんが、それでは日本が大量破壊兵器拡散を助長する国となってしまいます。徴用工問題についても、そもそも徴用ではなく募集職工、という部分で徴用工の定義を巡る平行線があり、事実、これを認識するか政治的に事実を歪曲し日本へ賠償を求めるかでは、ちょっと平行線です、誰に任せればよいのか
米国防長官、日韓対立エスカレートに「大変失望」 関係改善促す 日向備忘録…の続きを読む
日向の録 |

パク前大統領 審理差し戻し 韓国最高裁 日向備忘録

IMG_6643.jpg

パク前大統領 審理差し戻し 韓国最高裁

弾劾と逮捕に至る過程が若干不透明で、これが国民情緒で真贋が歪む異世界の国なのか、と思っていましたが
パク前大統領 審理差し戻し 韓国最高裁 日向備忘録…の続きを読む
日向の録 |

伊勢の応:災害時の冠水とシュノーケル

2019YWG4A8648.jpg

九州豪雨と冠水道路での自動車被害、報道でも言われる通りエンジンに水が入れば車は動けなくなるのですが、軍用車や一部オフロードカーにオプション装着できるシュノーケルがあれば、車体が冠水した場合でも走行可能です、この当たり水害の多い地域では普及も考えるべきなのかな

伊勢の応 |
| HOME |