fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

大雨被害の小湊鐵道が2か月半ぶりに全線で運転再開 千葉 榛名の旅

2023DSCF5696.jpg

大雨被害の小湊鐵道が2か月半ぶりに全線で運転再開 千葉 NHK報道です

木更津駐屯地へ東京から向かう途中にある、とても工夫したローカル線ね

↓NHK
大雨被害の小湊鐵道が2か月半ぶりに全線で運転再開 千葉 榛名の旅…の続きを読む
スポンサーサイト



榛名の旅 |

ブラジル海軍が導入するタマンダレ級フリゲイトの2番艦が起工式 鞍馬の考

2023DSCF5635.jpg

これからよろしくね。

ブラジル海軍が導入するタマンダレ級フリゲイトの2番艦が起工式を迎えました。ティッセンクルップマリンシステムズ社とエンブラエルディフェンスアンドセキュリティー社が建造する新型艦は当初計画が大幅に遅れていることが懸念されていましたが、11月1日、ティッセンクルップ社のエスタレイロブラジルスル造船所にて建造開始となった。

タマンダレ級フリゲイトは4隻の導入化計画され、ブラジル海軍の中枢艦計画として進められているもの、全長107mで満載排水量は3360t、ブラジルがMADA社と開発したMANSUP対艦ミサイルやCAMM対空ミサイル、現用水上艦としては珍しい533mm長魚雷発射管や76mm艦砲と30mm機関砲、ヘリコプターなどを搭載する計画です。

北大路機関
鞍馬の考 |

オーストラリアDSR国防見直し2023計画に基づくタスマン級コルベットの建造計画 鞍馬の考

2020WG4A0549.jpg

あぁ、提督もやっぱりそう思います?ここに兵装まだ載りそうよね‥、うん‥。

オーストラリアDSR国防見直し2023計画に基づくタスマン級コルベットの建造計画について、オースタル社とナバンティア社とシヴメック社が合同で提案を行いました、中国の軍事圧力増大と共に台湾海峡を含む西太平洋地域での情勢緊迫化を受け、高い水上打撃力を有し少ない人数で運用可能であるコルベットを6隻、緊急取得します。

インドパシフィック2023海洋防衛展において示されたタスマン級の模型は、ナバンティア社がサウジアラビアに提示したアバンテ級フリゲイトを基にしたもので、満載排水量3600t、CAMMミサイルVLSを16セルと対艦ミサイル16発に57mm艦砲とヘリコプターを搭載し全長に対して全幅が広く取られている点が特色となっています。

北大路機関
鞍馬の考 |
| HOME |