fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

ウクライナ大統領、軍総司令官を解任へ 数日中に発表と情報筋 日向備忘録

HIDSCF4858.jpg


ウクライナ大統領、軍総司令官を解任へ 数日中に発表と情報筋 CNN報道です

功労者には思えるのです

↓CNN
ウクライナ大統領、軍総司令官を解任へ 数日中に発表と情報筋 日向備忘録…の続きを読む
スポンサーサイト



日向の録 |

ハマス、休戦案拒否の公算小 イスラエル軍撤退の保証必要=当局者 日向備忘録

2022DSCF3941.jpg


ハマス、休戦案拒否の公算小 イスラエル軍撤退の保証必要=当局者 ロイター報道です

休戦が実現したら、紅海も自由航行できるのでしょうか

↓ロイター
ハマス、休戦案拒否の公算小 イスラエル軍撤退の保証必要=当局者 日向備忘録…の続きを読む
日向の録 |

アメリカ空軍が導入するB-21爆撃機が16億ドルものインフレの影響 鞍馬の考

2022DSCF3837.jpg

夜明けだねー

アメリカ空軍が導入するB-21爆撃機が16億ドルものインフレの影響を受けている、これはノースロップグラマン社が2023年最終四半期に発表したB-21レイダー計画に関する決算会見において、マクロ経済の混乱と生産コスト上昇が生じ、初期生産段階に移行する際に生産分だけで1億4300万ドル、全体で16億ドルが必要となったという。

B-21レイダー戦略爆撃機は2020年代半ばより量産を開始し少なくとも100機程度を導入するとしています、もともとはB-2戦略爆撃機の後継機でありB-1戦略爆撃機の後継機を担うとされていたものの、ステルス性の高さから大量の空対空ミサイルを運用し制空権を担う、F-22戦闘機の任務の一部を代替するなど空軍では最優先の開発計画です。

16億ドルの追加費用が必要になったものの、この決算会見においてノースロップ社のキャシーウォーデンCEOはB-21プログラムそのものは順調に推移しており2022年の初公開以来、飛行準備試験段階を経て実戦配備に向け遅延は無いとしています。しかし一方で現在のままでは生産開始により損失が発生する懸念を投資家に示しました。

北大路機関
鞍馬の考 |

観艦式をひさびさに日本海側でやってみるのも能登復興の一助にならないか 榛名の旅

HKDSCF5218.jpg

観艦式をひさびさに日本海側でやってみるのも能登復興の一助にならないかと思ったりします。

観艦式を毎年やっていた時代には若狭湾が会場だったこともありますから突飛過ぎる訳ではないのですよね。能登半島を中心にフリートウィークを行えば、かなりの観光需要を掘り起こせます。

HARUNAKURAMA
榛名の旅 |

北陸応援割と小松基地 榛名の旅

HKDSCF4177.jpg

北陸応援割と小松基地、条件を見ると加賀温泉あたりに一泊して基地をのんびり撮影する事は出来そうなのですよね

HARUNAKURAMA
榛名の旅 |
| HOME |