fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

本日2024年2月15日は軽巡洋艦由良さんの進水式記念日/誕生日です!

HKDSCF3183.jpg

本日2024年2月15日は軽巡洋艦由良さんの進水式記念日/誕生日です!

北大路機関
スポンサーサイト



榛名の旅 |

イギリス海軍は45型防空駆逐艦の防空能力を向上 鞍馬の考

2022DSCF4039.jpg

情報の確認かい?いいぜ!

イギリス海軍は45型防空駆逐艦の防空能力を向上させるとのこと。これはイギリス国防省の正式発表とともに欧州ミサイル製造大手MBDA社が発表したイギリス海軍との契約に際し示されたもの。具体的には紅海において多発する商船攻撃に併せイギリス海軍が運用しているシーバイパー戦域防空システムに関する契約です。

シーバイパーはアスター30艦対空ミサイルなどを制御し艦隊防空を担うシステムですが、今回の契約ではシーバイパーシステムの運用支援機関が5年間延長され、またアスター30艦対空ミサイルがアスター30block1へと能力向上、そして45型防空駆逐艦に搭載されているサンプソン多機能レーダーの能力向上改修などが行われるという。

45型防空駆逐艦の能力向上改修には4億5000万ポンドがとうじられることとなり、また次世代改修として弾道ミサイル迎撃能力を有するアスター30block1NTミサイルの運用能力付与に関する拡張性を確保するのも狙いとのこと。イギリス国防省によれば一連の45型防空駆逐艦の能力向上改修は2032年までに全艦の改修を完了するもよう。

北大路機関
鞍馬の考 |

イタリア陸軍は50億ユーロ規模のA2CS陸軍装甲戦闘システム計画を数か月以内に開始 鞍馬の考

HYDSCF3148.jpg

もっと頑張るから目を離しちゃNo! なんだからネ!

イタリア陸軍は50億ユーロ規模のA2CS陸軍装甲戦闘システム計画を数か月以内に開始します。イタリア陸軍は装甲戦闘車としてイタリア国産のダルド装甲戦闘車を運用していますが、この車両は2000年代に配備が開始されたものの設計は1988年完成のアルミ合金車体設計のものが予算不足により量産が2000年以降となっていた事情があります。

ダルド装甲戦闘車は設計から改修に限界があるとともに延命措置にも限界があり、また当初計画を大幅に下回ったことで必要な定数を確保できず部隊そのものを縮小することで糊口を凌いでいました。この為伊アリア軍ではダルド装甲戦闘車とともにさらに老朽化が進む古い車両などを1000両規模の新型装甲車で置き換える検討を進めてきました。

A2CS陸軍装甲戦闘システム計画として進められるこの計画は、ロシアウクライナ戦争の長期化という緊張を受けて加速し、数か月以内に協力企業、イタリアのレオナルドやイヴェコ、独仏多国籍企業KNDS,ドイツのラインメタル社などといった防衛大手から協力企業を選定するとして、イタリア国防省は2024年前半に計画を本格化する構えです。

北大路機関
鞍馬の考 |
| HOME |