fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

ドイツ政府 ウクライナへの長距離巡航ミサイル供与には否定的 伊勢の応

2022DSCF4310.jpg

ドイツ政府 ウクライナへの長距離巡航ミサイル供与には否定的 NHK報道です

ロシアは総力戦、欧州は限定戦、鳥羽伏見の戦いを思い出すわ

↓NHK
ドイツ政府 ウクライナへの長距離巡航ミサイル供与には否定的 伊勢の応…の続きを読む
スポンサーサイト



伊勢の応 |

アメリカ宇宙軍は軍の一任期を8年間とする検討 鞍馬の考

2019DWG4A2354.jpg

頑張って働いているドックのクレーン。榛名、ちょっとロマンを感じます。

アメリカ宇宙軍は軍の一任期を8年間とする検討を進めています。通常アメリカ陸海空軍及び海兵隊では一任期を4年間としています、しかし宇宙軍は現役期間を8年間とし離職を防止する試みを行う背景には宇宙軍の教育訓練期間の長さが関係します。高度な教育、プログラムなどの教育でも通常は4年間で訓練と任務をこなせるものですが。

宇宙軍は、8年間という重みは理解しているとの事で、これは例えば20歳の若者が軍務に志願し、陸海空軍であれば20歳代前半で退役し大学入学など次のキャリアを人生設計に盛り込むことができるが、20歳代で入営した場合に宇宙軍では退役が30歳代前後になり、これは宇宙軍志願者の多寡に影響を及ぼす可能性は理解しているとのこと。

宇宙軍の場合は大学教育の延長線上や専門学校での経験などは宇宙作戦に応用できる分野は限られるため、宇宙軍に入隊してからの教育期間が長くなるため、既存の4年間の任期では不足するとのこと。ただ、条件として陸海空軍では退役後に即応予備軍などの任官を求められますが、宇宙軍は予備役制度を取らず退役できる制度を検討中という。

北大路機関
鞍馬の考 |

アメリカミサイル防衛庁と宇宙開発庁は弾道ミサイル監視強化のための衛星6基を打ち上げ 鞍馬の考

2022DSCF4135.jpg

おう、行くぜ!抜錨だ!

アメリカミサイル防衛庁と宇宙開発庁は弾道ミサイル監視強化のための衛星6基を打ち上げました。これは2月14日にスペースX社製ファルコン9ロケットにより打ち上げられています。ロケットにはミサイル防衛庁の2基と宇宙開発庁の4基が搭載されていて、正常に軌道上に投入されたとのこと。衛星は宇宙軍とも協力する。

HBTSS極超音速弾道追跡宇宙センサープログラムの一環として投入され、LEO地球低軌道上に展開しました。これまで弾道ミサイルを検知する早期警戒衛星はGEO静止衛星軌道上に展開しており、極超音速滑空弾などに対する警戒能力の限界が指摘されていました。宇宙軍はこの分野の監視技術へ160億ドルを2028年度までに支出します。

北大路機関
鞍馬の考 |
| HOME |