fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

Weblog北大路機関補足:2013-08-13日付 NHK報道:インドで初の国産空母ヴィクラント進水式

インドで初の国産空母進水式
8月12日 19時27分

インドで初の国産空母進水式

インドが、2018年の配備を目指す、初の国産空母の進水式が12日行われ、インドとしては海軍力を強化することで、海洋進出を活発にする中国をけん制するねらいもあるものとみられます。

この空母は、南部コチの造船所で建造が進むインド海軍の「ヴィクラント」3万7500トンで、艦橋などを除く船体部分が完成し、12日進水式が行われました。
空母の全長は260メートル、ジャンプ台のように傾斜のついた甲板を持つほか、戦闘機やヘリコプターなど合わせて25機程度の航空機を搭載でき、2018年の配備を予定しています。
インドは、現在、イギリス製の空母一隻を運用し、ことし中にロシアからもう一隻の引渡しを受ける予定ですが、国産空母の建造は、これが初めてになります。
インドはさらに原子力潜水艦の建造も進めていて、進水式に出席したアントニー国防相は、「海洋におけるインドの利益を守るため、艦船の製造能力を引き続き高めていく」と述べました。
海洋進出の動きを強める中国が、パキスタンの一部の港湾の管理権を獲得するなど、南シナ海だけでなくインド洋でも影響力の拡大を図るなか、インド政府としては、海軍力を増強することで中国をけん制するねらいもあるものとみられます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130812/k10013725941000.html
スポンサーサイト




北大路機関:補足記事 |
| HOME |