fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

ロシア海軍は22160型哨戒艦の後部甲板にトール地対空ミサイルを搭載 鞍馬の考

2023DSCF5654.jpg

艦隊がもどってきたっぽい?

ロシア海軍は22160型哨戒艦の後部甲板にトール地対空ミサイルを搭載しました。22160型哨戒艦は5隻が計画されており既に3隻が就役しているものとみられます。満載排水量は1700tといい全長は94m、武装は艦砲と機関砲、ミサイルや艦載機はありませんが後部にヘリコプター甲板を有する設計です。配備されているのは全て黒海艦隊だ。

トール地対空ミサイルは、陸軍用としてじゃ珍しい垂直発射システムを採用したもので、今回22160型哨戒艦に搭載されているものは海軍塗装ではなく陸軍迷彩のまま甲板に固定されている方式、トールは火器管制装置と発射装置が一体化されこの状態で運用可能ですが、この泥縄式搭載はロシア黒海艦隊の現状を物語っているのかもしれません。

北大路機関
スポンサーサイト




鞍馬の考 |
| HOME |