fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

【速報中】米軍オスプレイ 墜落 3人発見 容体確認中 屋久島沖 日向備忘録

【速報中】米軍オスプレイ 墜落 3人発見 容体確認中 屋久島沖 NHK報道です

事故です

↓NHK

【速報中】米軍オスプレイ 墜落 3人発見 容体確認中 屋久島沖
この記事は、現在リアルタイムで更新中です。
2023年11月29日 17時11分
シェアするhelpxfacebookline
29日午後、鹿児島県の屋久島沖でアメリカ軍の輸送機「オスプレイ」が墜落したという情報があり、海上保安庁が巡視船や航空機を現場周辺に向かわせています。

海上保安庁によりますと、捜索のため向かったヘリコプターが午後4時ごろ、上空から機体の残骸のようなものを確認したということです。

屋久島漁協によりますと、周辺海域で漁をしていた数隻の船が現場海域で捜索したところ、これまでに3人を発見したという情報があるということです。容体などはわかっていないということです。

第10管区海上保安本部によりますと、29日午後2時47分ごろ、鹿児島県の屋久島沖で輸送機「オスプレイ」が墜落したという情報が入ったということです。

オスプレイはアメリカ軍所属で、8人が乗っていたということですが、けが人がいるかなどの詳しい情報は入っていないということです。

また、防衛省関係者によりますと、墜落したのは、東京のアメリカ軍横田基地に所属する「CV22オスプレイ」という情報があるということです。

屋久島町によりますと、鹿児島県から入った情報として、事故があった場所は、屋久島の東側にある安房地区の東の沖合だということです。

また、鹿児島県によりますと、警察からの情報として「午後2時37分ごろ、屋久島空港近くの海岸にオスプレイが左エンジンから火をふいて着陸した」という内容の110番通報があったということです。

国土交通省関係者によりますと、オスプレイは、山口県にあるアメリカ軍岩国基地を出発し沖縄県にあるアメリカ軍嘉手納基地に向かっていたという情報があるということです。

気象庁によりますと、屋久島周辺は、おおむね晴れていて、午後2時半の風速は1.9メートルと弱い状況でした。

当時、注意報や警報も発表されていませんでした。第10管区海上保安本部が現在、巡視船や航空機を現場周辺に向かわせています。
屋久島のNHKカメラには…
屋久島の東部、安房地区にNHKが設置したカメラの映像では、午後4時32分ごろ、海上で旋回する海上保安庁の白い機体のヘリコプターから人がロープのようなものを使って海面まで下りている様子が確認できます。
目撃者「左翼側のエンジンから炎」
屋久島空港の近くでダイビングショップを営む男性によりますと、午後2時40分ごろ、いつもと違うエンジン音が聞こえたため外を見てみると、オスプレイが左翼側のエンジンから炎を上げながら飛んでいたということです。

男性は「屋久島空港の東側から滑走路に進入するような経路で飛んでいたが、左に旋回しながら落ちていった。地響きとともに黒い煙が立ち上ったのが見えたので、すぐに110番通報した」と話していました。
屋久島漁協 漁取りやめ救助へ 3人発見の情報
屋久島漁協によりますと、オスプレイが墜落した当時、5隻ほどの漁船が漁に出ていましたが、現時点で被害の情報は入っていないということです。

オスプレイの墜落の情報を受けて、漁師たちが、漁を取りやめてオスプレイに乗っていた8人の捜索に向かったということです。

屋久島漁協によりますと、周辺海域で漁をしていた数隻の船が現場海域で捜索したところ、これまでに3人を発見したという情報があるということです。容体などはわかっていないということです。
海保 上空から機体の残骸のようなもの確認
海上保安庁によりますと、捜索のため向かったヘリコプターが午後4時ごろ、上空から機体の残骸のようなものを確認したということです。

人の姿は確認できていないということです。

地元の消防によりますと、事故を受けて、屋久島空港に警察や消防などが入る災害対策本部が設置されたということです。

対策本部からは、午後3時半すぎ、「残骸が海上にみられる。オスプレイのものかはわからない」という情報が入ったということです。
空港管理事務所に緊急着陸要請の連絡
鹿児島県の屋久島空港管理事務所によりますと、午後2時35分ごろに鹿児島空港からの緊急着陸を要請する連絡があったということです。

また、その5分後に屋久島空港に設置されたカメラで周辺を確認したところ海上付近で煙のようなものが見えたということです。
九州防衛局「午後2時40分ごろレーダーから消えた」
九州防衛局はNHKの取材に対し「きょう午後2時40分ごろ屋久島沖でオスプレイがレーダーから消えたと承知している」としています。
アメリカ軍横田基地所属のCV22オスプレイか
防衛省関係者によりますと、墜落したのは、東京のアメリカ軍横田基地に所属するCV22オスプレイという情報があるということです。
現場は屋久島空港近くの海上か
屋久島空港管理事務所によりますと、オスプレイが墜落した場所は空港から2キロから4キロほどの海上ではないかという情報があるということです。

また、鹿児島県によりますと空港の施設は損傷しておらず、航空機への影響もないとしています。

第10管区海上保安本部によりますと、オスプレイが事故を起こした場所は、屋久島空港から東の沖1キロほどの海上だということです。

また、これまでのところ、周辺を航行していた船舶への被害の情報は入っていないということです。
オスプレイ 目的地変更か
アメリカ軍岩国基地
防衛省関係者によりますと、オスプレイは岩国基地から嘉手納基地に向けて飛行していたところ、目的地を屋久島に変更し、屋久島空港に向かっている際に墜落したという情報があるということです。
在日アメリカ空軍「報告受け確認中」
CV22オスプレイが配備されている横田基地の在日アメリカ空軍第374空輸航空団の広報部はNHKの取材に対し「報告を受けて現在、確認をしている」としています。
CV22これまでの事故
アメリカ空軍の「CV22オスプレイ」は、主に特殊部隊の輸送に使われ、日本では2018年10月から東京の横田基地に配備されています。

基地がある福生市によりますと、現在、6機が配備されているということです。

アメリカ軍のCV22オスプレイは、2010年にアフガニスタンでの作戦中に着陸に失敗して、兵士4人が死亡する事故が起きたほか、2012年にはアメリカ・フロリダ州で訓練中に5人が負傷する墜落事故も起きています。

また、アメリカ空軍は2022年8月、飛行中にエンジンとローターをつなぐ「クラッチ」と呼ばれる部品が不具合を起こす問題が増えているとして、横田基地も含めてすべての機体の飛行を停止するよう指示し、その後、飛行を再開させていました。

オスプレイをめぐっては、アメリカ海兵隊の「MV22オスプレイ」の事故も起きていて、2016年12月には、沖縄本島付近で夜間の空中給油訓練をしていた際給油機のホースとプロペラが接触し、名護市沖の浅瀬で大破しました。
松野官房長官「人命の救助最優先」
松野官房長官は29日午後の記者会見で「詳細は確認中だが、きょう午後2時40分ごろ、鹿児島県屋久島沖で、アメリカ軍のオスプレイがレーダ-ロストしたとの情報に接している。政府としては、被害状況の確認を行うとともに、人命の救助に最優先であたる考えだ」と述べました。
陸上自衛隊元パイロット「何か不具合あったか」
陸上自衛隊でヘリコプターのパイロットを務めた元陸将の山口昇さんは、「屋久島付近の気象の状況は風速1.9メートルとそよ風程度で、飛行に支障をきたしたとは考えづらい。まずはどこに機体があるかを探し、できるだけ早く救助する必要がある」としています。

また、オスプレイが、山口県にあるアメリカ軍岩国基地を出発し沖縄県にあるアメリカ軍嘉手納基地に向かっていたという情報があることについて、「オスプレイは飛べる距離が長く、速度も速いので、岩国から嘉手納まではひとっ飛びで行くことができる。その途中で経路を変更したということは、何か不具合があって最寄りの飛行場に着陸しようとした可能性がある」と話していました。
沖縄 普天間基地では
鹿児島県の屋久島沖でオスプレイが墜落したという情報がある中、沖縄県宜野湾市のアメリカ軍普天間基地では、午後3時50分ごろオスプレイ1機が滑走路に出て、上に向いた2つのプロペラを回して離陸する様子が確認されました。

そのおよそ10分後の午後3時59分にももう1機が滑走路に出て離陸していました。
あわせて読みたいhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20231129/k10014272131000.html
スポンサーサイト



日向の録 |
| HOME |