fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

アメリカミサイル防衛庁と宇宙開発庁は弾道ミサイル監視強化のための衛星6基を打ち上げ 鞍馬の考

2022DSCF4135.jpg

おう、行くぜ!抜錨だ!

アメリカミサイル防衛庁と宇宙開発庁は弾道ミサイル監視強化のための衛星6基を打ち上げました。これは2月14日にスペースX社製ファルコン9ロケットにより打ち上げられています。ロケットにはミサイル防衛庁の2基と宇宙開発庁の4基が搭載されていて、正常に軌道上に投入されたとのこと。衛星は宇宙軍とも協力する。

HBTSS極超音速弾道追跡宇宙センサープログラムの一環として投入され、LEO地球低軌道上に展開しました。これまで弾道ミサイルを検知する早期警戒衛星はGEO静止衛星軌道上に展開しており、極超音速滑空弾などに対する警戒能力の限界が指摘されていました。宇宙軍はこの分野の監視技術へ160億ドルを2028年度までに支出します。

北大路機関
スポンサーサイト




鞍馬の考 |
| HOME |