fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

液状化で住宅が12mほどずれ動く“広域的な対策を”石川 内灘町 伊勢の応

HIDSCF3103.jpg

液状化で住宅が12mほどずれ動く“広域的な対策を”石川 内灘町 NHK報道です

・・・、此処まで動いてしまうと・・・

↓NHK
液状化で住宅が12mほどずれ動く“広域的な対策を”石川 内灘町
2024年2月21日 15時03分

能登半島地震で液状化による甚大な被害が出た石川県内灘町では、住宅が水平距離にして12メートルほどもずれ動いていたことが専門家の調査でわかりました。地盤が横方向に大きくずれ動く「側方流動」が起きたとしたうえで、専門家は「復興には大規模な地盤改良など広域的な対策が必要だ」と指摘しています。

地盤基礎工学が専門の金沢大学の松本樹典 名誉教授は、液状化の被害が出た内灘町の状況を調査していて、20日もメキシコの研究者とともに現地を訪れました。

松本教授によりますと、これまでの調査で内灘町北部の室地区では、水平距離にして12メートルほどずれ動いている住宅が確認されたほか、大量の土砂が流れ込み地区にある水路を塞いでいる場所もあるということです。

これは、地盤が横方向に大きくずれ動く「側方流動」が起きたためで、動いた地盤の深さや距離を把握するにはさらに調査が必要だとしています。

松本名誉教授は「液状化の被害でここまで動いたケースを見るのは、自分の経験上初めてで、ショックを受けた。復興に向けては1軒ごとの対策ではなく大規模な地盤改良など広域的な対策をとる必要がある」と指摘しています。

内灘町は一時的な住民の集団移転を検討
液状化の被害を受け石川県の内灘町は、被災地の再建には大規模な地盤の整備が必要となるとして、一時的な住民の集団移転を検討しています。

対象となる可能性があるのは宮坂、西荒屋、室の3つの地区のあわせて700世帯余りで、町は今後、住民向けの説明会を開くなどして見通しを示していきたいとしています。

あわせて読みたい
能登半島地震の特徴と原因は?最大震度7の揺れと津波(随時更新)

最大震度7の揺れを観測した能登半島地震。建物倒壊や津波、大規模な地盤の隆起も確認されています。なぜ起きたのか。これまでに分かっていることは。(随時更新)

「なくしたくない」地域の憩いの場 “銭湯” 地震で存続の危機

2月20日 18時23分

液状化被害の木造住宅 建て替えに伴う工事費用補助の方針 富山

2月20日 23時42分

津波長引いた際 いつまで続くか見通しを示す案など議論 気象庁

2月21日 5時52分

能登半島地震 必要な支援と課題は?首長発言から【2月20日】

2月20日 22時06分

輪島からの2次避難者対象 石川県の住宅説明会 4つの選択肢示す

2月20日 21時07分

【石川 給水 入浴支援情報】輪島・珠洲などで実施(21日予定)

2月21日 12時32分

「店を再開していいのか」迷いの中、街の人の声に支えられ…

2月19日 20時41分

能登半島地震 被災地からの声(随時更新)

2024年元日、家族や知人がそろい1年の安全を祈る日。最大震度7の能登半島地震は、その平穏な時間を突然奪いました。地震発生直後からNHK取材班が聞かせていただいた遺族や被災者、被災地で活動されている方々の声です。

17日後、夢に出てきてくれた母「遅すぎるよ、でもありがとう」

2月15日 18時21分

シェアするhelpxfacebook
特集
人生の“最期”を「どう過ごしたいか」伝えていますか?
2月21日
能登半島地震 地元に根ざす信用金庫 地域産業の復興に向き合う
2月21日
「ひとりで移動できない」避難所で想像もしなかった苦労が
2月20日
新たな再編の幕開け?動き出した東京の信用金庫
2月19日
スペシャルコンテンツ
【ライフライン】能登半島地震 石川県の地域ごとの生活情報の詳細
博士人材が足りない!
就活生のギモンを採用担当者に聞く
「ロシアは10倍の砲撃」ウクライナ首相が訴える危機とは?
25年卒の就職内定率23.9% 就活の早期化さらに進む
大学生が20倍?ロシアと戦わない“徴兵逃れ”の実態は?
1からわかる政治資金事件 自民党派閥 いったい何が?【更新版】
紫式部の“紫”はどんな色?―失われた平安の色を求めて―
天気予報・防災情報
最新・注目の動画
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240221/k10014366171000.html
スポンサーサイト



伊勢の応 |
| HOME |