fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

北朝鮮長距離弾道ミサイル発射兆候、防衛相 弾道ミサイル迎撃「破壊措置命令」【Weblog北大路機関補足:2016-01-29日付】

XIMG_3066.jpg

防衛相 弾道ミサイル迎撃「破壊措置命令」
1月29日 18時11分

防衛相 弾道ミサイル迎撃「破壊措置命令」
北朝鮮で事実上の長距離弾道ミサイルの発射に向けた兆候とも受け止められる動きがあることを踏まえ、中谷防衛大臣は29日までに自衛隊に対し、弾道ミサイルを迎撃できるようにするための「破壊措置命令」を出していたことが、関係者への取材で明らかになりました。
北朝鮮は今月6日に核実験を行い、日本政府は、過去の核実験の例を踏まえれば長距離弾道ミサイルを発射することもありうるとして警戒を続けています。
こうしたなか、北朝鮮北西部にある事実上の長距離弾道ミサイルの発射台に覆いがかけられているなど、発射に向けた兆候とも受け止められる動きがあることから、中谷防衛大臣が29日までに自衛隊に対し弾道ミサイルを迎撃できるようにするための「破壊措置命令」を出していたことが、関係者への取材で明らかになりました。
ただ、防衛省は「日本側の対応を明かすことになる」などとして、発令を公表していません。
破壊措置命令を受けて自衛隊は、高性能のレーダーや海上配備型の迎撃ミサイルを備えたイージス艦を展開するほか、地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」を東京・市ヶ谷の防衛省などに配備し、警戒・監視活動を強めることにしています。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160129/k10010390431000.html
スポンサーサイト




北大路機関:補足記事 |
| HOME |