fc2ブログ

第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・米CIA、エイリアンやUFOに関する報告書を機密解除 地球外生命体が存在する可能性に関する調査文書

DKSIMG_6751-1.jpg

CNNによれば、アメリカ中央情報局CIAにより保管期限が切れ機密指定が解除された文書にUFOに関するものがあるとのこと

CIAは、1940~50年代にかけて複数の未確認飛行物体に関する情報を収集しており、CIAが公開した情報のなかには1964年に撮影されたというUFOの写真も含まれていたとのこと、UFOの目撃情報が国家安全保障上の直接の脅威につながることを示す証拠は存在しないとの結論を経て、UFOの追跡は終了したとのこと

CNNのHPにはCIAが公開したという1964年3月4日に英シェフィールドで撮影された画像が示されており、CIAの工作員が極秘裏に情報収集を行いイギリスでUFOを撮影した、のではなくイギリス当局や目撃者からCIAが入手した写真と考えられるのですが、この他の目撃情報や分析など、UFO愛好家たちの間では新しい話題となっているようです

写真:CIAが公開した1964年3月4日に英シェフィールドで撮影された画像、は著作権上使いにくいので北大路機関が公開した2015年4月3日に日本ナゴヤで撮影された画像

米CIA、エイリアンやUFOに関する報告書を機密解除  
2016.01.30 Sat posted at 18:00 JST

CIAが公開した1964年3月4日に英シェフィールドで撮影された画像
(CNN) 米中央情報局(CIA)は30日までに、地球外生命体が存在する可能性に関する調査文書の機密指定を解除した。公表された文書の数は数百に上り、1940~50年代にかけて複数の未確認飛行物体(UFO)が報告された件について調査したもの。
地球外生命体の存在を信じる人は、ドイツで52年、空飛ぶ円盤が見つかったとする件を調べてみるのがいいかもしれない。CIAの報告書によると、目撃者の男性は、「空飛ぶ巨大な皿に似た」物体がドイツの森林内の空き地に着陸したのを見たと調査官に証言。
この男性は着陸現場に近づき、メタリックな光る服に身を包んだ男2人を目撃。2人はかがみ込んで何か大きな物体を見ていたが、目撃者に恐れをなして巨大な空飛ぶ円盤に飛び乗ると、円盤は回転しながら空に上っていった。男性がCIAに証言したところによると、飛行物体は全体がコマのように回転し、緩やかに上昇していったという。
男性は夢かとも思ったが、飛行物体が着陸した地点には地面に円環状の跡が残っていたという。
一方、こうした現象に懐疑的な人は、53年に発見されたとするUFOについて、科学者から成る諮問委員会が作成した書類を見れば、自身の主張の裏付けとなるだろう。
この文書によると、諮問委員会のメンバーは、52年から寄せられていた複数の目撃情報について、信頼できるデータや合理的な説明がないことをめぐり議論。UFOの目撃情報が国家安全保障上の直接の脅威につながることを示す証拠は存在しないとの結論を、全会一致で下した。「空飛ぶ円盤」や「光る球体」については、軍用機や氷の結晶に反射した光などにより説明できるとしている。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35077105.html?tag=mcol;topStories
スポンサーサイト



鞍馬の考 |
| HOME |