第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・独情報機関の職員逮捕 内部情報流す、イスラム主義の宣言も

DAADSCF6603_20161210160958ff4.jpg

独情報機関の職員逮捕 内部情報流す、イスラム主義の宣言も ,CNN報道です

ドイツ憲法擁護庁職員が情報漏えいです、憲法擁護庁はアメリカのFBIに当たる連邦全体の捜査機関です。特に懸念すべきは同時にイスラム主義の宣言も行っている為、保安関係の情報がイスラム過激派へ流された可能性がるとの事です。ドイツ国内ではISILによるテロ計画が何度も摘発されており、悲劇は回避されているものの、リスクがある事は変わりありません。ドイツでもドイツ国内で過激化するホームグロウンドテロの可能性が高まっているのか、難民と共に戦闘員が流入しつつあるのか、重大な関心事です

↓以下CNN報道
独情報機関の職員逮捕 内部情報流す、イスラム主義の宣言も
2016.11.30 Wed posted at 17:31 JST
(CNN) ドイツの国内情報機関「連邦憲法擁護庁」は30日までに、同庁の職員がインターネット上でイスラム主義を宣言し、内部情報を流したとして逮捕されたことを明らかにした。
連邦憲法擁護庁の報道官が語ったところによると、この職員はネットで知り合った相手に、同庁に関する機密情報を渡すと持ち掛けた疑い。イスラム主義者としての偽名を使い、チャットを通して情報を流したとみられる。
職員の身元については「年配のドイツ人」で、同庁には最近採用されたということ以外、公表されていない。
報道官によれば、同庁やほかの職員の安全が脅かされることを示すような証拠は見つかっていないという。
独当局は今月15日、国内の若者140人以上をシリアでの戦闘に誘い込んだとして、イスラム厳格派のサラフィー主義集団を非合法化すると発表した。独連邦警察によると、シリアへ渡って戦闘に参加したドイツ人は9月の時点で800人に上った。
また同国にはメルケル首相の門戸開放政策の下、昨年1年間に100万人以上の難民が流入した。しかし難民によるとみられるテロが相次いだことから、首相は7月、治安対策とテロ対策を強化すると表明した。
ttp://www.cnn.co.jp/world/35092980.html?tag=top;topStories
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |