第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

インドネシア地震 大統領が被災地に 復興に全力挙げる姿勢

DKIMG_6745_20161211011140f1e.jpg

インドネシア地震 大統領が被災地に 復興に全力挙げる姿勢、NHK報道です

インドネシア西部のアチェ州において7日に発生したマグニチュード6.5の地震はアチェ州という歴史的に複雑な地域であるこの地位に甚大な影響を及ぼし、既に100名以上の犠牲者が出ているとのこと、インドネシア大津波から10年以上を経て発生した今回の地震は、既に百人単位での犠牲者が出ていると共に家屋倒壊による被害が大きく、インドネシア政府は復旧と共に地域復興を視野に対応を強化する構えです

↓以下NHK報道
インドネシア地震 大統領が被災地に 復興に全力挙げる姿勢
12月9日 21時34分
インドネシア地震 大統領が被災地に 復興に全力挙げる姿勢
インドネシア西部のアチェ州で7日に発生したマグニチュード6.5の地震では、これまでに100人が死亡し、2万3000人余りが避難を余儀なくされていて、被災地を訪れたジョコ大統領は、住宅の再建などに全力を挙げる姿勢を強調しました。
7日、インドネシア西部のアチェ州の沿岸部で発生したマグニチュード6.5の地震では、震源地に近いピディジャヤなど3つの自治体で多くの建物が倒壊し、国家災害対策庁によりますと、これまでに100人が死亡し、2万3000人余りがテントなどでの避難生活を余儀なくされています。

インドネシアのジョコ大統領は9日、最大の被災地のピディジャヤの避難所を訪れ、被災者を激励するとともに、犠牲者の遺族に政府からの見舞い金を手渡しました。

また、ジョコ大統領は記者団に対し、住宅の被害に応じて、被災者に日本円で17万円から34万円余りを支給する考えを示し、「復興を進めるために対応を急ぐ」と述べ、被災地の復興に全力を挙げる姿勢を強調しました。
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20161209/k10010801611000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |