第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・爆発問題のノート7、米国で強制無効化へ ベライゾンは参加拒否

DPCDSCF6623_201612141825567c3.jpg

爆発問題のノート7、米国で強制無効化へ ベライゾンは参加拒否 、AFP報道です

焔と爆発は困りますねえ、サムスンのギャラクシー7、爆発事故が相次ぎアメリカで機内持ち込み禁止命令に続いて使用禁止命令が出ていますが、まだ残る利用者では強制無効かとして端末を使用出来ない状態とし、新型の爆発しない機種へ取り換える措置が取られました。ただ、通信大手のベライゾンだけは強制停止とした場合に連絡手段を失う利用者がいるとして強制措置に参加していません、この通信端末の重要性は分かるのですが、爆発の可能性はそれ以上に危険な問題ですので、瑕疵として大規模訴訟にもつながるリスクを内包していまして、取り換えられない経営上の理由でもあるのだろうかと考えてしまいます

↓以下AFP報道
爆発問題のノート7、米国で強制無効化へ ベライゾンは参加拒否
2016年12月10日 06:48 発信地:ワシントンD.C./米国
【12月10日 AFP】韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)は9日、安全性の問題でリコールしたスマートフォン「ギャラクシーノート7(Galaxy Note 7)」について、米国に残る持ち主に利用を停止させるため、端末を使用不能にする措置を取ると発表した。

 世界一のスマートフォン販売量を誇るサムスン電子は今年、バッテリー爆発や発火が報告されたノート7のリコールを実施。同社によると、米国内ではこれまで93%の端末が回収されたが、米国市場に残る端末をなくすため、同製品の充電機能を無効にするアップデートを19日から配信するという。ノート7の利用者は、別のサムソン製スマートフォンとの交換、または料金の払い戻しが受けられる。

 しかし米通信大手ベライゾン(Verizon)は、交換が可能な端末を持たないノート7の利用者が危険な状況に置かれる可能性があるとして、同アップデートには参加しない方針を表明。声明で、「緊急事態が起きた際、家族や緊急当局、医療機関に連絡できない状況を作りたくない」と説明している。 (c)AFP
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3110872?cx_part=topstory
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |