第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・投石と不法入国で逮捕、「テロ行為」で禁錮10年 ハンガリー判決に非難

DKDSCF2493_201612150132305bd.jpg

投石と不法入国で逮捕、「テロ行為」で禁錮10年 ハンガリー判決に非難、AFP報道です

欧州難民危機、ハンガリー司法当局が厳しい判決を下し、大きな議論となっています。これはセルビアハンガリー国境で発生した国境を超えさせることを求める暴動により警察官へ三つの投石した疑い、そして国境を越えたとして懲役10年の判決が出たもので、ハンガリー政府は投石をテロ行為として厳しい判決を下したものです。確かに、投石は暴力行為ではありますが長期間の禁固刑となるほどのテロ行為である蟹は議論の余地がありますね

↓以下AFP報道
投石と不法入国で逮捕、「テロ行為」で禁錮10年 ハンガリー判決に非難
2016年12月08日 16:52 発信地:ブダペスト/ハンガリー
【12月8日 AFP】ハンガリーとセルビアの国境で昨年起きた移民と警察の衝突で、ハンガリー当局に逮捕されたシリア系キプロス人男性が先週、「テロ行為」などで禁錮10年の有罪判決を受けた。米政府や国際人権団体は判決を非難しているが、ハンガリー外務省は7日、妥当な司法判断だと強く反発した。

 アハメド・ハメド(Ahmed Hamed)被告(40)は先週、ハンガリー南部セゲド(Szeged)の裁判所で、「暴動参加中の不法入国とテロ行為」で禁錮10年の有罪判決を受けた。

 ハメド被告は、ハンガリーが対セルビア国境を有刺鉄線で封鎖した翌日の2015年9月16日、セルビアから移民数十人がハンガリー入国を目指して国境を突破しようとした際、メガホンを使って暴力を扇動し、警官隊に向けて「固形物3つ」を投げつけたとして検察に起訴されていた。

 これを受け、米国務省は6日、「『テロリズム』の要件を拡大解釈している」として判決を非難する声明を発表。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)も、「投石と不法入国では、テロリズムの要件を満たしていない。このような過酷な量刑を正当化することはできない」と批判している。

 ハメド被告が逮捕されたのは、ハンガリー・ロスケ(Roszke)の国境検問所で昨年起きた移民と警察との衝突。ハンガリー警察が、国境突破を試みる移民の集団をセルビア側に押し戻すため催涙ガスと放水銃を使用し、警官15人と女性や子どもを含む100~150人の移民が負傷した。

 ハメド被告は欧州連合(EU)加盟国のキプロスに約10年住んでおり、衝突が起きた際は、シリアを逃れてきた高齢の両親をドイツまで送り届ける途中だったと公判で主張。メガホンを使ったのは、英語が話せるため移民たちと警官隊との仲裁を引き受けただけだと説明していた。

 ハメド被告の弁護士は、被告が誰かを負傷させた証拠はないと指摘し、上告する意向を示している。(c)AFP
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3110668
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |