第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

パプアニューギニア付近で地震 日本への津波影響あるか調査 【北大路機関防災情報】

DSCF0854.jpg

パプアニューギニア付近で地震 日本への津波影響あるか調査、NHK報道です

パプアニューギニアのニューアイルランド付近で発生しており、マグニチュード8.0と先週発生した地震よりも規模が大きくなっています、パプアニューギニアで最大で3メートルの津波が予想としてハワイの太平洋津波警報センターは周辺地域へ注意を呼び掛けており、日本への影響については気象庁が現在調査中です

↓以下NHK報道
パプアニューギニア付近で地震 日本への津波影響あるか調査
12月17日 20時26分

気象庁によりますと、ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の17日午後7時51分ごろ、ニューギニア付近のパプアニューギニア、ニューアイルランド付近を震源とするマグニチュード8.0の大きな地震がありました。気象庁は、この地震で日本への津波の影響があるかどうか調べています。気象庁は太平洋の広い範囲で津波が発生するおそれがあるとして、周辺の各国に「北西太平洋津波情報」を発表しました。
パプアニューギニアで最大3mの津波か
アメリカのUSGS=地質調査所によりますと、日本時間の17日午後8時前、パプアニューギニアの沖合で、マグニチュード7.9の地震がありました。震源の深さは、およそ100キロと見られています。
ハワイにある太平洋津波警報センターによりますと、この地震で、パプアニューギニアで最大で3メートルの津波が予想されるほか、周辺の地域では30センチ未満の津波が到達する可能性があるとして、警戒を呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161217/k10010810811000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |