第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・「TVの外国人シェフはスパイ」? トルコ大統領顧問の発言が物議

DWGDSCF5989_201612182249371f2.jpg

「TVの外国人シェフはスパイ」? トルコ大統領顧問の発言が物議 、AFP報道です

警戒の方向が間違っていないものか。エルドアン大統領、クーデター鎮圧後の強権により欧米からの強い圧力に曝されていますが、この反発から昨今本人や側近の発言の乱れが多く指摘されています、例えばテレビの料理番組に出演する外国人シェフはスパイであるとしてトルコを狙い情報を集めているという発言を大統領顧問が洩らしました。実際にそうであるならば問題ですが、憶測でこうした政治的な外国人差別発言を行う事はそれ以上に問題です、くだんの大統領顧問はトルコ国内メディアに対し、これは事実であり警戒を呼び掛ける、という発言を重ねていまして、EU加盟交渉の停滞や欧米との関係悪化を背景に外国人排斥運動などに進まないよう、観てゆく必要がありますね

↓以下AFP報道
「TVの外国人シェフはスパイ」? トルコ大統領顧問の発言が物議
2016年12月09日 18:53 発信地:イスタンブール/トルコ
【12月9日 AFP】トルコのテレビ番組に出演している外国人シェフは、潜入活動中のスパイだ――。レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領の経済顧問がこんな発言をし、物議を呼んでいる。

 イイート・ブルト(Yigit Bulut)大統領顧問は7日夜、政府寄りのテレビ局Aハベル(A Haber)とのインタビューで「先日、テレビ番組を見ていたら、英国人とイタリア人が村々を訪ね歩き、その場で調理をしてみせては、アナトリア(Anatolia)地方の名物料理を紹介していた」と紹介。「なぜ、英国人やイタリア人がアナトリアやトラキア(Thrace)をうろつく必要があるんだ? 何が目的だ? 情報を集めているに違いない!」とぶちまけた。

「トルコ国民はだまされやすい。ドアを開けて彼ら(外国人シェフ)を迎え入れ、秘伝のあれこれを明かしたうえ、あそこには空軍基地がある、あちらには弾薬庫が、などと口にして、村への行き方や帰り方まで教えている」

 ブルト氏は、人々に警戒するよう呼び掛けた上で「これは陰謀説でもなければ、話を誇張しているわけでもない」と主張した。

 ブルト氏は元ジャーナリストで、2013年に当時首相だったエルドアン氏の顧問に就任。2014年8月の大統領選挙を受けてエルドアン氏が大統領となった後も、側近を務めている。(c)AFP
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3110818
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |