第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

焦点:中国の米車メーカー制裁方針、トランプ氏へのけん制球か 【Weblog北大路機関補足:2016-12-19日付】

DAAXEDSCF0625 - 7

焦点:中国の米車メーカー制裁方針、トランプ氏へのけん制球か 、ロイター報道です

台湾電話会談を契機とした米中政治摩擦は、これを契機として中国によるアメリカ自動車メーカー経済制裁への動きへ展開しようとしています。これはロイター通信が中国国家発展改革委員会筋の話として報じたものです。中国への海外企業進出は基本的に合弁企業を現地法人として設置する事が条件であり、知的財産権開示や資本引上げ規制など不明瞭な規制が問題視されてきました

主任前の次期大統領の行動に対しては異例というべきですが、中国政府が今回、必要であれば切り札をアメリカに対して示した形です、実際、日本企業は過去に日中政治摩擦を契機とした様々な妨害を受けてきましたが、今回、アメリカ企業に対して本格的に示される事となり、アメリカが引くのか、対立が拡大するのか、中国が引く事も考えられるのか、新しいリスクが顕在化しようとしています

↓以下ロイター報道
Business | 2016年 12月 17日 09:53 JST 関連トピックス: ビジネス, トップニュース
焦点:中国の米車メーカー制裁方針、トランプ氏へのけん制球か
[ワシントン/北京 14日 ロイター] - 中国英字紙チャイナ・デーリーは国家発展改革委員会筋の話として、近く政府が米自動車メーカー1社(名前は公表せず)に独占禁止法違反を理由として制裁措置を科す方針だと伝えた。これはトランプ次期米大統領が中国との関係を台無しにするようなら、中国側も黙っていないという姿勢の表れだ。

とりわけトランプ氏が台湾問題で、中国が堅持する「1つの中国」政策に米国が縛られる必要がないと主張している点は、これまで築き上げてきた米中関係の根幹を突き崩す恐れがある。

両国の全面的な軍事衝突に事態が発展するとの予想はほとんど聞かれず、トランプ氏が中国製品に45%の関税をかけると選挙中に表明したことをきっかけにした経済戦争でさえ現実には起きそうにない。

それでもトランプ氏が1つの中国への疑問を出し続ければ、中国側には報復に動くための数多くの手段がある。

自動車業界筋がロイターに語ったところでは、独占禁止法違反を巡る調査はトランプ氏の台湾を巡る発言以前から実施されていた。ただ正式な調査結果発表前に米メーカー1社だけ制裁に言及したのは、トランプ次期政権へのけん制球を投じる機会として中国政府が利用した可能性がある。

トランプ氏の広報担当者ジェーソン・ミラー氏は14日、陣営はチャイナ・デーリーの報道を承知しているが、コメントするのは時期尚早だと述べた。

米議会民主党の関係者は、中国が米自動車メーカーへの制裁をちらつかせたことは、トランプ氏にとって中国側もたくさんのカードを持っているという事実をしっかり認識させたと指摘。トランプ氏が台湾や貿易、北朝鮮問題などであたかも米国が唯一の超大国であるかのように交渉に入れると思っているなら、考え直す必要があると釘を刺した。

中国が今後何らかの報復に動く場合、自動車メーカーだけでなくボーイング(BA.N)やゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N)といった中国に大きな権益を持つ米企業への圧迫を強めたり、米企業の中国市場へのアクセスを制限する可能性がある。
ttp://jp.reuters.com/article/usa-trump-china-ramifications-idJPKBN1450CR
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |