第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

東海道新幹線 ダイヤ乱れで350人が車内で一夜【北大路機関防災情報】

DBYIMG_6202_201612240952395f3.jpg

東海道新幹線 ダイヤ乱れで350人が車内で一夜,NHK報道です

糸魚川大火の様子が何故、北大路機関で本日まで全く触れられなかったか、と言いますと、実はこの日商用で東京に出ていまして、帰ろうと思ったら、帰る事が出来なくなりました。北陸新幹線経由で金沢から特急サンダーバード乗継も考えたのですが、1724時東京駅新幹線かがやき513号金沢行で1958時に金沢へ、2047時金沢発特急サンダーバード48号にて京都駅2300時、というダイヤにて運行されていました。東京大阪間、北陸新幹線北陸本線経由で五時間半、乗継さえ早ければ四時間半、というところ

運転見合わせから100分後の時点で再開時間未定と表示していましたから、JR東海は名古屋と大阪へ北陸新幹線への振替輸送をJR東日本へ要請してもよかったのでは。1964年の東海道新幹線開業当時ひかり1号が0600発で1000新大阪着、始発こだま101号が0630発1130新大阪着ですので、まあ、金沢経由所要時間はその中間。正直北陸新幹線は東海道新幹線の災害時における迂回ルートですので、実質大阪への終電が1724時というのは驚きでした、災害時を考えますと金沢乗継のリレー号方式と大阪0015時着として2000時発の金沢経由大阪行ダイヤが組まれていても良かったのかな、と

↓以下NHK報道
東海道新幹線 ダイヤ乱れで350人が車内で一夜
12月23日 4時31分
東海道新幹線 ダイヤ乱れで350人が車内で一夜
22日、東海道新幹線は火事の影響でダイヤが大きく乱れ、乗り継ぎができなかったおよそ350人の乗客が、東京駅などで休憩用に開放された列車の中で夜を明かしました。
東海道新幹線は、22日午後4時すぎに神奈川県の沿線で起きた火事の影響で、最大で2時間余り遅れが出るなど、およそ16万人に影響が出ました。

東京駅と名古屋駅、新大阪駅では、新幹線の遅れで乗り継ぎができなかった乗客のために、停車中の列車を休憩用に開放する、いわゆる「列車ホテル」が用意され、JR東海によりますと、合わせておよそ350人が車内で夜を明かしました。

このうち東京駅では200人余りが、座席を倒して目を閉じるなどして休んでいました。
出張先の大阪から都内の自宅に帰る予定だった42歳の会社員の男性は「火事だからしかたがないです。早く寝たいです」と疲れた様子で話していました。大阪の自宅から千葉の友人のもとに向かっていた28歳の男性は「途方に暮れて外を歩き回っていました。ホテルを探すことも考えましたが、助かりました」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161223/k10010817571000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_037

東海道新幹線 運転見合わせ 全線に拡大
12月22日 18時20分
東海道新幹線 運転見合わせ 全線に拡大
神奈川県平塚市で起きた火災の影響で、午後4時40分ごろから一部の区間で運転を見合わせていた東海道新幹線は、見合わせの区間を拡大し、新大阪と東京の全線で運転を見合わせています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161222/k10010817011000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_004

東海道新幹線 一部運転見合わせ 沿線で火災
12月22日 16時58分
東海道新幹線 一部運転見合わせ 沿線で火災
東海道新幹線は、神奈川県平塚市で起きた火災の影響で、新横浜と小田原の間の上下線で、午後4時40分ごろから運転を見合わせています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161222/k10010816761000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_005
スポンサーサイト
第二北大路機関広報 |
| HOME |