第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

東海道新幹線沿線火災全線運休遭遇顛末04:横須賀夜の散策と旅するカメラFUJIFILM-X20

DTADSCF9991.jpg

横須賀夜の散策、今回はほとんどまともなカメラを準備せず、期せずして宿泊する形となりましたが、コンパクトデジタルカメラはこだわりがあります

DTADSCF9990.jpg

FUJIFILM-X20,このコンパクトカメラは一眼レフを中心にカメラの装備体系を全部CANONで揃えてきました当方にとって、例外的なもの

DTADSCF9992.jpg

最初にフィルム式一眼レフを入手したその日から久々にCANON製品以外のカメラを購入した瞬間でもありました、FUJIFILM-X20は操作性で他のコンパクトデジタルカメラ全てを圧倒していたことが、その取得の理由でした

DTADSCF9993.jpg

CANONのPowershotG-16とFUJIFILM-X20は同世代機です。そして面白い事に当方はPowershotG-16とFUJIFILM-X20を両方とも調達し運用しているのです

DTADSCF9994.jpg

PowershotG-16は素晴らしいコンパクトデジタルカメラでして、実際今も毎日使用しているくらいに高性能で使い易いカメラなのですが、性能以外一身上の都合から保管機種とした為の措置です

DTADSCF9995.jpg

PowershotG-16をもう一台購入しても良かったですが、そうしますとどちらを重点運用するかの齟齬が生じかねない

DTADSCF9996.jpg

PowershotG-17が発売されたらばその日に購入する予定でしたが、発売されたPowershotGシリーズはG7X,これも素晴らしい性能を持っている

DTADSCF9997.jpg

そうなのですが、性能が大幅に代わりPowershotS-120の後継機種という水準のカメラでした故調達を断念し一眼レフと操作性が似たFUJIFILM-X20を選んだ形です

DTADSCF9999.jpg

まあ、こんな感じで夜間でも撮影できますし、背広のポケットに入れても大きさが目立ちません

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト

榛名の旅 |
| HOME |