第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・2016年のグーグル急上昇ワード、ポケGOが首位 トランプ氏抑える

ANYUDSCF0365.jpg

2016年のグーグル急上昇ワード、ポケGOが首位 トランプ氏抑える ,AFP報道です

グーグルの2016検索ワード、全世界で第一位となったのは、トランプ氏でもブレクジットでも大統領選やり直しでもなく、ポケモンGO,だったとのことです。人気アニメーションのスマートフォンゲーム版は世界的な人気となりました、続いて、世界が今年注目したものはiPhoneだったとのこと、7、出ましたから大きさやイヤホンジャック全廃や全面液晶採用に大きさなど話題になりましたからねえ、そしてようやく三位にトランプ氏が、とのこと

↓以下AFP報道
2016年のグーグル急上昇ワード、ポケGOが首位 トランプ氏抑える
2016年12月29日 09:57 発信地:ワシントンD.C./米国

【12月29日 AFP】米インターネット検索大手グーグル(Google)は28日、全世界を対象とした2016年の急上昇検索ワードランキングを発表した。ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領などを抑え、スマートフォン向け拡張現実ゲーム「ポケモンGO(Pokemon Go)」が総合トップに輝いた。

広告

inRead invented by Teads

 2位は米アップル(Apple)の最新スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」、トランプ氏は3位だった。4月に死去した米ミュージシャンのプリンス(Prince)さんがこれに続いた。

 カテゴリ別では、有名人部門でトランプ氏が首位。大統領選を争ったヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が2位で、以下、競泳のマイケル・フェルプス(Michael Phelps)選手、トランプ氏の妻のメラニア(Melania Trump)さん、リオデジャネイロ五輪の体操女子で金メダル4個を獲得したシモーネ・バイルス(Simone Biles)選手という結果だった。

 ニュース部門でもトップはやはり米大統領選だった。2位はリオ五輪、3位は英国の欧州連合(EU)からの離脱「ブレグジット(Brexit)」。米フロリダ(Florida)州オーランド(Orlando)のナイトクラブで起きた銃乱射事件が4位で、5位はジカウイルスだった。

 スポーツイベント部門では1位がリオ五輪。米大リーグ(MLB)のワールドシリーズが続き、3位以下はツール・ド・フランス(Tour de France)、テニスのウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon)、同じくテニスの全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament)の順だった。

 グーグルは全世界の検索ランキングを国別ランキングと共に毎年発表しており、世界のインターネットユーザーの関心動向が分かる。(c)AFP

ttp://www.afpbb.com/articles/-/3112709
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |