第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・F35B岩国基地に配備 米海兵隊のF35 配備先の岩国基地に向け出発

AFPWG4A8567.jpg

F35B岩国基地に配備、NHK報道です。これは11日NHK報道、米海兵隊のF35 配備先の岩国基地に向け出発 、として米本土を出発した機体の到着の報道です

米海兵隊のF-35B戦闘機が岩国へ到着したとの事です。これはAV-8攻撃機の後継機として2017年に配備が決定していましたが、当初は2017年中頃とされていた前方展開を若干はやめ配備となりました、2017年度内には厚木基地の第五空母航空団が2005年の米軍再編日米合意に基づく岩国移転を開始し、今回到着したF-35Bの所属部隊である第1海兵航空団所属機とあわせ、戦闘機70機が配備される事となりますので、日米80機の戦闘機が配備される青森県三沢基地と並び、日本有数の戦闘機部隊基地となる訳です

↓以下NHK報道
F35B岩国基地に配備
F35B岩国基地に配備
アメリカ軍の最新鋭戦闘機F35が、18日、夕方、山口県のアメリカ軍岩国基地に到着しました。
最新鋭の装備をアジア太平洋地域に優先的に配備しているアメリカ軍が、F35をアメリカ本土以外で配備するのは初めてです。
アメリカ軍の最新鋭戦闘機F35、10機は今月9日、アメリカ西部アリゾナ州の基地を出発し、このうち2機が18日、午後5時半ごろ、山口県のアメリカ軍岩国基地に到着しました。
アメリカ軍は、アジア重視戦略のもと最新鋭の装備をアジア太平洋地域に優先的に配備していて、レーダーに映りにくいステルス性能などを備えたF35をアメリカ本土以外で配備するのは初めてです。

岩国基地には、今回とことし8月にあわせて16機のF35が配備される計画です。
岩国市と山口県は、F35がアメリカで飛行中に出火する事故を起こしていたことから配備の受け入れをいったん留保しましたが、先月、国が安全対策を行うことなどを条件に改めて配備を容認しました。
一方、地元の住民団体などからは、安全性への不安や基地が攻撃される恐れが高まるという懸念が上がっています。

山口県の村岡知事は「国に対し、安全性の確保などを改めて要請した。今後は岩国市などと連携して配備後の騒音や運用状況の把握に努めたい」とコメントしています。
01月18日 19時39分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/4063093141.html?t=

米海兵隊のF35 配備先の岩国基地に向け出発 | NHKニュース
2017年1月11日 - アメリカ海兵隊は最新鋭ステルス戦闘機F35、10機がアメリカ国外で初めての配備先 となる山口県の岩国基地に向けて出発したと発表しました。
www3.nhk.or.jp/news/html/.../k10010835041000.html
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |