第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

アメリカ大統領の就任式がまもなく首都ワシントンで開かれ、トランプ氏が第45代大統領に就任 【Weblog北大路機関補足:2017-01-20日付】

VCIMG_1969.jpg

アメリカ大統領の就任式がまもなく首都ワシントンで開かれ、トランプ氏が第45代大統領に就任します。NHK報道です

アメリカ第一主義を掲げ、敢えて周辺地域への攻撃的な発言と差別的な政策を以てアメリカ国民の本音を勝ち取った新大統領、世界の調和や国際公序へ、どのような立場で臨むのか、劇薬は分量を間違えれば致命傷となりかねません、何を語り、同政策を進め、如何にアメリカの団結を回復するのか、世界が見守っています

↓以下NHK報道
トランプ氏 まもなく大統領就任式
1月20日 23時11分

アメリカ大統領の就任式がまもなく首都ワシントンで開かれ、トランプ氏が第45代大統領に就任します。
アメリカのトランプ次期大統領は20日朝、ホワイトハウス前にある迎賓館ブレアハウスを出て、メラニア夫人とともに近くの教会を訪れ礼拝を行っています。このあとトランプ氏は、ホワイトハウスでオバマ大統領と会い、一緒に車で就任式の会場となる連邦議会議事堂に向かう予定です。

そして、日本時間の21日午前1時すぎから開かれる就任式に臨み、宣誓を行って第45代大統領に就任します。70歳で大統領に就任するのは1期目としては歴代最高齢で、政治経験、軍人としての経験のいずれもなく大統領に就くのはトランプ氏が初めてです。

トランプ氏は就任演説で、雇用の創出やインフラ整備の必要性、それに移民対策の強化を訴えるほか、国民の結束を呼びかける見通しです。アメリカのABCテレビが今週発表した世論調査によりますと、トランプ氏を好ましくないと答えた人は54%に上り、過去40年の歴代の大統領のなかで、就任時としては最も人気のない大統領になると伝えられています。

また、60人を超える民主党議員が就任式の欠席を表明しているほか、就任式に合わせておよそ100の団体がトランプ氏の就任に反対するデモを行う予定です。警察などは不測の事態に備えて厳戒態勢を敷いていて、就任式はアメリカの分断が鮮明となる中で執り行われることになります。
異例の就任式に
トランプ新大統領の就任式は、これまでの慣習や伝統を一新するのに加え、就任に抗議する活動が数多く計画されるなど、過去の就任式とは様子が大きく異なる式典となりそうです。

新しい国の指導者の誕生を祝う就任式は、歴史的な瞬間に立ち会おうと全米各地から多くの人が集まり、これまでで最も参加者が多かった2009年のオバマ大統領の就任式ではおよそ180万人が訪れたと見られています。
ところが、国土安全保障省によりますと、今回の参加者はそのときのおよそ半数の70万人から90万人にとどまると見られています。

また、今回は、祝賀ムードに包まれたオバマ大統領の就任式とは異なり、トランプ氏の就任に対する抗議活動が数多く計画されています。

過去には、1973年にニクソン元大統領の2回目の就任式で、ベトナム戦争に反対する人などおよそ3万人が抗議活動を行ったほか、2001年には、選挙結果が裁判にまでもつれ込んだことから、ブッシュ元大統領の就任に不満を持ったおよそ2万人が抗議集会などを開きました。

今回の就任式とその前後では、合わせておよそ100の団体が抗議活動を行う計画で、参加者の数は正式には発表されていませんが、数十万人に上ると見られ、アメリカメディアは、これまでで最も多くなる可能性があると伝えています。
このため、警察や州兵などおよそ2万8000人が動員されて警備に当たるほか、去年、フランスやドイツで人混みに大型トラックが突っ込むテロ事件が起きていることなどから、テロへの警戒も強化され、就任式は、これまでにない厳戒態勢の中で執り行われます。

就任式の参加者や、式を盛り上げる人たちの顔ぶれも、これまでとは様子が異なります。

まず、民主党の下院議員が就任式への出席を拒否するという異例の動きが広がり、アメリカのメディアによりますと、60人を越える下院議員が欠席する意向を示しています。

また、今回の就任式では、有名歌手ではなく、一般の人たちが競い合うテレビ番組に出演した16歳の歌手が国歌を歌う予定で、メディアの中には、有名歌手の多くはトランプ氏側からの出演依頼を断ったと伝えているところもあります。

さらに、アメリカメディアによりますと、1957年以降、就任式のパレードで司会を務めてきたベテランのアナウンサーが交代し、トランプ氏を支持するフリーアナウンサーが司会進行を務めるということです。

そして、就任式の日を締めくくりに、ワシントン市内の各地では新しい大統領の誕生を祝う舞踏会や祝賀晩さん会が行われますが、トランプ新大統領が出席する舞踏会の数はオバマ大統領やブッシュ元大統領と比べて少なく、3つにとどまります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170120/k10010847051000.html?utm_int=word_contents_list-items_001&word_result=%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E6%B0%8F%E5%B0%B1%E4%BB%BB%E5%BC%8F%E3%81%B8
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |