第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

中国の人工島封鎖するなら、米国は戦争覚悟すべき=環球時報 【Weblog北大路機関補足:2017-01-20日付】

ANYUDSCF0377.jpg

中国の人工島封鎖するなら、米国は戦争覚悟すべき=環球時報、ロイター報道です

中国の人工島建設は認めない、レックスティラーソン新国務長官の上院外交委員会指名承認公聴会演説においての発言に対し、中国共産党機関紙人民日報系国際情報紙環球時報英語版は強く反発、雨リアが人工島を封鎖するのであれば大規模な戦争を覚悟するべき、と明示しました。海上封鎖とは当然戦争行為ですので、ある意味当然の発言でもありますが、トランプ新政権の選挙当時の発言、在日米軍と在韓米軍引き上げの示唆から、西太平洋地域すべてのシーレーンを掌握し勢力下に置けるとの当初の目論見があっさり瓦解、中国政府の混乱が窺えます

↓以下ロイター報道
World | 2017年 01月 13日 14:53 JST 関連トピックス: トップニュース
中国の人工島封鎖するなら、米国は戦争覚悟すべき=環球時報
北京 13日 ロイター] - 中国共産党機関紙「人民日報」系の国際情報紙である環球時報は13日、英語の論説記事で、同国による南シナ海の人工島へのアクセスを米国が阻止するなら「大規模な戦争を行う」覚悟が必要だと警告した。

米国では、次期国務長官に指名されたレックス・ティラーソン前エクソンモービル会長が11日、上院外交委員会の指名承認公聴会で、中国に対し人工島建設とアクセスを中止すべきとする姿勢を明確に示すべきだと語った。詳細については触れなかった。

環球時報の論説は、議会が指名に反対する可能性が最も高いのはティラーソン氏であると指摘。同氏の発言に関し「上院の機嫌を取り、対中強硬姿勢を故意に示すことで指名を確実にしたかっただけだろう」と揶揄(やゆ)した。

さらに「米国は南シナ海を支配する絶対的な力を有していない。ティラーソン氏が自らの領域から大規模な原子力を排除したいなら、原子力戦略について学ぶべきだ。エクソン会長を務めた彼の頭には、原油価格と為替のことしかないのだろう」と皮肉った。
ttp://jp.reuters.com/article/china-usa-tillerson-congress-idJPKBN14X0FB
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |