第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・米国製の「カラシニコフ銃」、2月に発売 同ブランドで初

北大路新年0ccbc052f740d8e504d78c2cd50c019d

米国製の「カラシニコフ銃」、2月に発売 同ブランドで初、CNN報道です

AR-15系統の方が良いと思うのですがねえ、ロシアへの経済制裁により逆にアメリカ誌上で大人気のAK-47が輸入できなくなったため、KS-12というコピー中がアメリカで発売との事、なにやら銃器関連装備メーカーや様々な流用部品が取り付けられているようで、そんなよくわからないAK-47のブランド模倣品の如きアメリカ製品を作るよりは、いっそ、M-1ガランドやM-4系統を再評価し、AK-47に対しての優位性を強調して販売してはどうなのかな、と思わないでもありません

↓以下CNN報道

米国製の「カラシニコフ銃」、2月に発売 同ブランドで初
2017.01.22 Sun posted at 16:29 JST
ラスベガス(CNNMoney) 米国企業「カラシニコフUSA」は22日までに、今年2月に半自動式の12口径の散弾銃「KS-12」の販売を開始すると発表した。カラシニコフのブランド名の米国製の銃の販売は初めてとしている。
同社のブライアン・スキナー最高経営責任者(CEO)はCNNMoneyの取材に、米フロリダ州ポンパノビーチにある新工場で生産されるKS-12の販売価格は少なくとも750ドル(約8万6250円)になると指摘。ただ、製造コストを踏まえながら最終価格を決めると述べた。
同社は今年後半には半自動式の9ミリ口径の短銃を売り出す計画。このモデルのカービン銃タイプの販売も予定している。さらに、年内にはカラシニコフの代名詞とも言える自動小銃AK-47に相当する「KR-103」も登場させる見通し。
ttp://www.cnn.co.jp/business/35095364.html?tag=top;topStories
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |