第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

那覇空港脱輪:自衛隊機、前輪支柱を破損か 同型機の訓練中止【Weblog北大路機関補足:2017-02-07日付】

AFPWG4A8567_20170207235545d2a.jpg

那覇空港脱輪:自衛隊機、前輪支柱を破損か 同型機の訓練中止、沖縄タイムズ報道です

那覇基地において1月31日に発生したF-15戦闘機車輪脱落事故、飛行訓練へ向かうF-15DJ戦闘機の車輪部分を機体へ接続する前輪支柱金属部が破損し、これにより支柱部分が地面へ接触する事故でした。この事故により那覇基地滑走路が閉鎖されまして、同時に滑走路を併用する那覇空港滑走路も閉鎖、旅客機40機が欠航し8400名に影響が出ました

↓以下沖縄タイムズ
那覇空港脱輪:自衛隊機、前輪支柱を破損か 同型機の訓練中止

2017年2月1日 07:34那覇空港自衛隊

 航空自衛隊那覇基地所属のF15DJ戦闘機1機が那覇空港の滑走路で脱輪し、滑走路が約2時間閉鎖した事故で、事故機のタイヤを接続する前輪支柱の金属部分が破損していた可能性があることが31日、分かった。同基地は脱輪原因を引き続き調べており、事故機と同型の2人乗りのF15DJと、1人乗りのF15Jの全ての飛行訓練を見合わせている。

前輪が外れて滑走路上に停止した航空自衛隊のF15戦闘機=30日午後2時37分 拡大する
前輪が外れて滑走路上に停止した航空自衛隊のF15戦闘機=30日午後2時37分

 同基地渉外室によると脱輪はボルト部分に問題はなく、事故前の点検でも異常は見られなかった。現在の調査で「タイヤと接続する部位の不具合」の可能性があるとみて、金属疲労などを調べる打音検査などを全機に実施。主脚や前脚の状態を確認しているという。

 渉外室は「原因は調査中で、訓練再開のめどはたっていない。不具合の原因が判明した場合の広報などは今後検討する」と述べた。

 同事故は30日午後1時すぎに発生。1時間50分にわたって滑走路が閉鎖され、40便が欠航するなど8400人以上に影響が出た。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/82233
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |