第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

北海道を旅する列車:自衛隊行事に向かう車窓から、主要都市人口で北海道は名古屋鉄道沿線の愛知県よりも少ない

db IMG_9779

北海道主要10都市の人口を見ますと広大な北海道なのですが、旅客輸送需要に直結する人口が物凄く少ない事に気付きます

db IMG_9802

札幌市1,914,434名、旭川市347,275名、函館市279,110名、釧路市181,206名、苫小牧市173,406名、帯広市167,860名、小樽市131,970名、北見市125,628名、江別市123,751名、室蘭市94,531名、と

db IMG_9806

主要10都市を挙げますとこのようなかたち,北海道第二の大都市でも人口が豊橋よりも少ないという

db IMG_9763

愛知県の主要10都市の人口は、名古屋市2,263,907名、豊橋市376,861名、一宮市375,621名、岡崎市372,472名、春日井市305,662名、豊川市181,822名、安城市178,738名、西尾市165,318名、小牧市147,059名、刈谷市145,744名、という

db IMG_9755

こんな感じなのですよね。この点を留意すると、JR北海道には名古屋鉄道規模の在来線(路線400~500kmと電車か気動車900両)が充分黒字を維持できる限界なのかな、とも

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト

榛名の旅 |
| HOME |