第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

経団連会長「首相は主張すべきところは主張を」【Weblog北大路機関補足:2017-02-09日付】

VCIMG_1969_2017020923121097b.jpg

経団連会長「首相は主張すべきところは主張を」,NHK報道です

経団連の榊原会長は、名古屋市での記者会見にて、保護主義の流れに大きな懸念を感じている、と強調しました。TPP環太平洋パートナーシップ協定からの離脱やNAFTA北米自由貿易協定の見直しを掲げ、対米投資や技術革新影響等、自由貿易を牽引したアメリカの方針転換へ戸惑いがあります

↓以下NHK報道
経団連会長「首相は主張すべきところは主張を」
2月8日 16時15分

経団連の榊原会長は、名古屋市で開かれた経済団体の懇談会であいさつし、アメリカのトランプ大統領の経済政策に強い懸念を示したうえで、日米首脳会談について「安倍総理大臣にはしっかり主張すべきところは主張してもらいたい」と述べました。
この中で榊原会長は、アメリカの経済政策について、「大げさに言うと世界史的な大変動が起きつつあり、保護主義の流れに大きな懸念を感じている。TPP=環太平洋パートナーシップ協定からの離脱やNAFTA=北米自由貿易協定の見直しは日本企業にも影響があるので、しかるべき対応を取っていく必要がある」と述べ、強い懸念を示しました。

そのうえで、榊原会長は10日に行われる日米首脳会談について、「安倍総理大臣には保護主義の流れに歯止めをかけるべく、トランプ大統領にしっかり主張すべきところは主張してもらいたい」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170208/k10010868831000.html?utm_int=word_contents_list-items_010&word_result=%E6%97%A5%E7%B1%B3%E9%A6%96%E8%84%B3%E4%BC%9A%E8%AB%87
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |