第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

トランプ氏、マスコミは「テロを報道したがらない」と 本当にそうだろうか【Weblog北大路機関補足:2017-02-12日付】

NAFIMG_2310.jpg

トランプ氏、マスコミは「テロを報道したがらない」と 本当にそうだろうか、BBC報道です

トランプ大統領が、イスラム諸国やイスラム教徒による各国でのテロ事件をマスコミが正しく報道せず無視しているとして、批判した問題、この際にマスコミ各社が報道していないと大統領が批判した事件に、パリ同時テロ事件をはじめ中継報道を繰り返した事件を含めていましたが、この件について、BBCがホワイトハウスが報じたマスコミが報じないテロ事件としての78件を実際の報じたのかを検証しました

BBCが凄いのは全部その有無を報道の有無を検証し、日本語サイトでも報じた点でしょう。78件中、報じられていないものは、発生が確認されていない2015年9月 エジプト・エルゴーラでの事件、2015年4月 カラチでの市民1人が刃物で襲われ負傷、2016年10月 スウェーデン・マルモでのコミュニティー・センターで小規模の火災、2016年10月 ハンブルクの16歳少年が刺殺され、後にISが犯行声明等が上げられていました、これはBBCが報じた事件に絞ったものですが、地元紙などは報じたものが多く、報じていないものについては現地治安当局も把握していない事件のようです

↓以下BBC報道
トランプ氏、マスコミは「テロを報道したがらない」と 本当にそうだろうか
2017年02月9日
ドナルド・トランプ米大統領は6日、マスコミは意図的にテロ攻撃の報道を控えていると発言した。記者団からの要請でホワイトハウスは後に「報道が不十分だったテロ攻撃」の一覧を発表。大統領の主張が本当にその通りなのか、ホワイトハウスのリストとBBCのこれまでの報道を照らし合わせてみた。
米中央軍本部を訪れたトランプ氏は、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)の脅威を指摘し、「パリとニースで何が起きたか見ただろう。ヨーロッパ中で起きている」と述べた。
「あまりにあちこちで起きるので、今では報道もされていない。多くの場合、とてもとても嘘つきのマスコミは、報道したがらない。向こうには向こうの理由があって、それはみんな分かるだろう」と、トランプ氏はさらに続けた。
具体的に何を意味するのかトランプ氏は言明しなかったが、後にホワイトハウスのショーン・スパイサー報道官は、大統領の言う通りだと発言。マスコミ報道が十分でなかったテロ攻撃が「いくつかあった」と補足した(具体的に、どのテロ攻撃のことかは明らかにしなかった)。
記者団に詳細説明を求められたホワイトハウスはその後、報道が不十分だったものとして、ISが「実行、もしくはきっかけを作った」攻撃78件の一覧を公表した。
その一覧の内容は下の通り。実際に何が起きたのか、そしてBBCが当時それを報道したのかを検証した。
ホワイトハウスが列挙した事件78件のうち、BBCが報道しなかったのは12件のみ。中には、他社もほとんど報道しなかった小規模な事案も含まれている。
たとえBBCが攻撃を報道したからといって、その事件の報道が不十分でなかったことにはならないが、トランプ氏の発言が米メディアについてのことなのか、外国メディアも含めてのことなのかもはっきりしない。
そして確かに、テロ事件がどれだけ報道されるかには差があり、この点はソーシャルメディアでしきりに議論されてきた。
ホワイトハウスが列挙した悲惨な攻撃のほとんどは、イスラム過激主義者によるものだった。2015年6月に米サウスカロライナ州チャールストンの黒人教会で白人至上主義を名乗る男が銃を乱射し黒人人を殺害した事件は、ホワイトハウスのリストに含まれておらず、含まれていないことがかえって目を引いた。
ほかにも、2016年7月にバグダッドの市場で300人近くが死亡した自爆攻撃や、今年1月末にカナダ・ケベックでフランス系カナダ人の男性がモスク(イスラム教礼拝所)を銃撃しイスラム教徒6人を殺害した事件などが、リストには含まれていなかった。
ttp://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38903918
<ホワイトハウスのリスト>
○ 2014年9月 メルボルン
・何があったのか ―― 警官2人を刺した10代男性が射殺された。治安上の理由からパスポートが失効させられた「テロ容疑者」だった。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2014年9月 アルジェリア・ティジウズ
・何があったのか ―― IS系のイスラム聖戦主義組織が、フランス人観光客エルベ・グルデル氏の首を切り殺害した。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2014年10月 カナダ・ケベック
・何があったのか ―― イスラム過激主義勢力に感化されたマルタン・クチュール・ルロー容疑者が、兵士2人向かって車で突入し射殺された。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2014年10月 カナダ・オタワ

カナダ国会議事堂内の乱射の様子を伝える、トロント・グローブ・アンド・メールの映像(英語)
・何があったのか ―― 戦没者記念碑を警備していた兵士が、マイケル・ゼハフビボー容疑者に射殺された。容疑者はイスラム教に改宗していたが、過激化の様子は見せていなかった。近くの国会議事堂内に移動し乱射を続けたが、警備兵に射殺された。
・BBCは伝えたか ―― はい。手厚く報道した。その中でも時系列をまとめた記事(英語)はこちら。当時の実況記事はこちら。
Grey line
○ 2014年10月 ニューヨーク
・何があったのか ―― 斧を持った男が警官たちを襲った。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2014年11月 リヤド
・何があったのか ―― サウジアラビアの首都で起きた発砲事件で、デンマーク人男性が負傷した。
・BBCは伝えたか ―― いいえ。ただしロイター通信は報道した。
Grey line
○ 2014年12月 アブダビ
・何があったのか ―― サウジアラビアの首都で起きた発砲事件で、デンマーク人男性が負傷した。ショッピングセンターのトイレで、アラブ首長国連邦(UAE)の女性が米国人教師を刃物で殺害した。
・BBCは伝えたか ―― はい。こちらが初報記事。死刑宣告を受けた犯人に刑が執行された際の記事はこちら。

警察が公表した逮捕時の映像について、マーク・ローベル記者が報告(英語)
Grey line
○ 2014年12月 シドニー
・何があったのか ―― 豪シドニー中心部のカフェにイラン人が人質をとって16時間にわたって立てこもり、犯人のほか2人が死亡した。
・BBCは伝えたか ―― はい。手厚く報道した。その中でも時系列をまとめた記事(英語)はこちら。当時の実況記事はこちら。

人質事件の現場カフェに豪警察が突入した瞬間の映像
Grey line
○ 2014年12月 フランス・ジュエレトゥール
・何があったのか ―― アラビア語で「神は偉大なり!」と叫び刃物を振りかざした男が、警察に射殺された。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年1月 パリ
・何があったのか ―― 週刊誌シャルリ・エブドの編集部やユダヤ系食料品店が武装グループに襲撃され、17人が死亡した。
・BBCは伝えたか ―― はい。欧米で起きた近年最大規模のテロ攻撃として、非常に手厚く報道した。その中でも時系列の詳報(英語)はこちら。追悼集会は生中継した。犠牲者の追悼記事はこちら。日本語ビデオ一覧はこちら。

パリの追悼集会についてギャビン・ヒューイット記者が報告(英語)
Grey line
○ 2015年1月 リビア・トリポリ
・何があったのか ―― ホテル襲撃で、外国人5人を含む9人が死亡した。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年1月 リヤド
・何があったのか ―― ホワイトハウスのリストには「米国人2人が銃撃で負傷」と書いてある。この月、サウジアラビアの首都でそのような事件の報告はなかった。しかし東部アルアフサで、米国人2人が銃撃に巻き込まれ1人が負傷する事件はあった。
Grey line
○ 2015年2月 ニース
・何があったのか ―― 南仏ニースのユダヤ・センターの外で、刃物を持った男が兵士3人を襲った。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年2月 コペンハーゲン
・何があったのか ―― デンマークの首都で襲撃事件2件が相次ぎ、2人が死亡し5人が負傷した。犯人も後に射殺された。
・BBCは伝えたか ―― はい。実行犯捜索の様子を手厚く生中継した。当時の記事はこちら。
Map and timeline of attacks
Image caption
事件現場と時系列の地図
Grey line
○ 2015年3月 チュニス
・何があったのか ―― チュニジアの首都のバルド国立博物館が襲撃され、22人が死亡した。
・BBCは伝えたか ―― はい。当時の実況中継記事(英語)はこちら。日本語ビデオはこちら。生存者についての記事(英語)はこちら。

チュニスの中央通りを埋めた追悼抗議行進についての現地報告(英語)
Grey line
○ 2015年4月 カラチ
・何があったのか ―― ホワイトハウスのリストには「米国市民1人が刃物で襲われ負傷」とある。「パキスタン拠点の(IS)支持者」による犯行とも書いてある。
・BBCは伝えたか ―― いいえ。ただし、同じ4月にカラチで、ポリオ・ワクチン普及活動員が襲撃され、警護していた警官が殺害された事件についての記事はこちら。
Grey line
○ 2015年4月 パリ
・何があったのか ―― この月、パリでテロ攻撃はなかった。ホワイトハウスはどうやら、パリ郊外で誤って自分を撃った24歳のアルジェリア人男性が、教会爆破計画の疑いで逮捕された件のことを言及しているようだ。
Grey line
○ 2015年4月 ボスニア・ズボルニク
・何があったのか ―― アラビア語で「神は偉大なり」と叫んだ男が警察署で発砲し、警官1人を殺害、2人を負傷させた。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年5月 米テキサス州ガーランド
・何があったのか ―― 預言者ムハンマドを描いた漫画についてダラス郊外で開かれた会議の外で、男2人が発砲し、射殺された。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語ビデオはこちら。
Grey line
○ 2015年6月 ボストン
・何があったのか ―― ホワイトハウスは、対テロ警戒活動の重要参考人として警察の常時監視下にあったウサマ・ラヒム容疑者(26)が、刃物を持って警官に近づいたため射殺された事件に言及しているようだ。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年6月 エジプト・エルゴーラ
・何があったのか ―― ホワイトハウスは、シナイ半島に駐留する多国籍軍監視団(MFO)のキャンプを、IS系武装集団が銃と爆弾で襲撃したと書いている。
・BBCは伝えたか ―― いいえ。
Grey line
○ 2015年6月 エジプト ルクソール
・何があったのか ―― エジプト有数の観光名所、ルクソールにあるカルナック神殿の入り口に男3人が接近し、警察に止められると1人が爆弾ベルトを爆発させた。1人は射殺され、1人は重傷を負った。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年6月 チュニジア スース
・何があったのか ―― チュニジアのリゾート地スースで、海沿いのホテルを男が襲撃し、英国人観光客30人を含む38人を殺害した。
・BBCは伝えたか ―― はい。スースの悲劇に関するBBCの特別リポート(英語)はこちら。時系列のまとめ(英語)はこちら。犠牲者について(英語)はこちら。銃撃犯について日本語ビデオはこちら。生存者のインタビュー(日本語字幕)はこちら。
チュニジア・スースで殺害された英国人30人
Image caption
チュニジア・スースで殺害された英国人30人
Grey line
○ 2015年6月 フランス リヨン
・何があったのか ―― リヨン近くの工場で35歳男性が上司の首を切断した。
・BBCは伝えたか ―― はい。同年12月に被告が刑務所で自殺した際の記事はこちら。
Grey line
○ 2015年7月 カイロ
・何があったのか ―― カイロのイタリア領事館を狙った爆弾攻撃について、ISが後に犯行声明を出した。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年7月 カイロ
・何があったのか ―― IS系過激派が、クロアチア人科学者トミスラフ・サロペク氏の首を切って殺害したと発表。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年8月 パリ
・何があったのか ―― アムステルダム発パリ行きの国際高速鉄道の列車客室内で、イスラム過激主義の襲撃犯を乗客6人が取り押さえた。
・BBCは伝えたか ―― はい。表彰された米国人3人の記者会見について日本語記事はこちら。

国際列車で発砲男を取り押さえた米国人3人が会見
Grey line
○ 2015年9月 エジプト・エルゴーラ
・何があったのか ―― シナイ半島に駐留する多国籍軍監視団(MFO)平和維持部隊の米兵4人とフィジー兵2人が、路上爆弾2発で負傷した。
・BBCは伝えたか ―― いいえ。ただし、米紙ワシントン・ポストの記事はこちら。事件の2週間前にBBCはシナイ半島の過激派勢力について、こちらの記事を掲載していた。
Grey line
○ 2015年9月 エジプト・エルゴーラ
・何があったのか ―― ホワイトハウスのリストからは、はっきりしない。シナイ半島でメキシコ人観光客数人がエジプト軍に誤って殺害された事件を指しているのかもしれない。
Grey line
○ 2015年9月 ダッカ
・何があったのか ―― バングラデシュの首都ダッカの大使館が並ぶ地区で、イタリア人の援助関係者が射殺された。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年9月 コペンハーゲン
・何があったのか ―― 難民申請が拒否されたパレスチナ人男性が警官を攻撃した。
・BBCは伝えたか ―― いいえ。ただし英紙デイリー・テレグラフの記事はこちら。
 コペンハーゲンでは同月、別件だが、ボスニア生まれのデンマーク人男性が3人を射殺。警察は、男がISに共感していたと話していた。BBCは報道していないが、デンマークの英字紙ローカル・デンマークの記事はこちら。
Grey line
○ 2015年10月 エジプト・エルゴーラ
・何があったのか ―― ホワイトハウスによると、「犠牲者なし、MFO(多国籍軍監視団)が使う飛行場が砲弾で攻撃された」。「不特定の(IS)シナイ半島組織」による犯行とホワイトハウスは書いている。
・BBCは伝えたか ―― いいえ。
Grey line
○ 2015年10月 オーストラリア・パラマッタ
・何があったのか ―― イラン生まれでイラク・クルド系のオーストラリア人男性が、警察職員カーティス・チェンさんを殺害。
・BBCは伝えたか ―― はい。連日報道した記事(英語)のひとつがこちら。
Grey line
○ 2015年10月 バングラデシュ・ランプール
・何があったのか ―― バングラデシュ北部で農業関係のプロジェクトに関わっていた日本人男性の星邦男さんが、射殺され、ISが犯行声明を出した。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年10月 エジプト・ハサナ

シナイ半島でロシア旅客機墜落、224人死亡と
・何があったのか ―― これはシナイ半島のことだろう。具体的には、ロシア・コガリムアビア航空の旅客機が墜落し、乗員乗客224人が全員死亡した事故のことと思われる。各国メディアは連日、詳報を続けた。
・BBCは伝えたか ―― はい。墜落についてのまとめ記事(英語)はこちら。当日の実況記事(英語)はこちら。この10月に正式スタートした日本語サイトでの初報はこちら。続報のひとつはこちら。
Grey line
○ 2015年11月 米カリフォルニア州マーセド
・何があったのか ―― 学生が4人を刃物で刺した。警察は後に、学生がISに共感していたことが動機だと発表した。
・BBCは伝えたか ―― はい。発生から4カ月後にISとの関連が明らかになった時点で、初めて伝えた。
Grey line
○ 2015年11月 パリ

「憎しみがドアをノックする時もある」――パリ連続襲撃事件から約1年
・何があったのか ―― スタッド・ド・フランス競技場での爆発、繁華街のレストランやバーでの銃撃、バタクラン劇場での銃撃で、130人が死亡した。IS武装勢力による連続襲撃事件は、近年で最も幅広く報道された大事件だった。
・BBCは伝えたか ―― はい。当日のまとめ記事(英語)はこちら。特集ページ(英語)はこちら。日本語サイトの初報はこちら。実行犯に関する翌月の記事はこちら(文末に他の関連記事リンクあり)。
Grey line
○ 2015年11月 バングラデシュ・ディナジプール
・何があったのか ―― イタリア人司祭ピエロ・パロラーリ師が、オートバイに乗った正体不明の集団に教われるが、命は助かる。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年11月 ボスニア・ライロバツ
・何があったのか ―― イスラム過激主義と思われる男が、兵士2人を射殺した後、自爆。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2015年12月 米カリフォルニア州サンバーナディーノ

米福祉施設で乱射 容疑者射殺までの流れを
・何があったのか ―― タシュフィーン・マリクとサイエド・リズワン・ファルーク夫妻がコミュニティー・センターを襲撃。14人が死亡し、21人が負傷した。近年でも特に多数の死傷者が出た。
・BBCは伝えたか ―― はい。まとめ記事(英語)はこちら。被害者についての記事(英語)はこちら。日本語サイトの第一報はこちら。容疑者についてはこちら。
Grey line
○ 2015年12月 ロンドン

ロンドンの地下鉄刺傷 犯人取り押さえの現場 
・何があったのか ―― ロンドン北東部の地下鉄レイトンストーン駅構内で5日夜に男が「シリアのために」と叫びながら、ナイフで通行人3人を刺した。ムヒディン・ミレ被告は有罪となり、終身刑を言い渡された。
・BBCは伝えたか ―― はい。最初から最後まで。犯人を罵倒した通行人の言葉がソーシャルメディアで話題になったことについての、日本語記事はこちら。
Grey line
○ 2015年12月 ロシア・デルベント
・何があったのか ―― ロシア南部ダゲスタン共和国デルベントの古代要塞跡の近くで、銃撃があり、1人が死亡し11人が負傷した。後にISが犯行声明を出した。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年1月 カイロ
・何があったのか ―― 武装勢力のアジト襲撃で、警官6人を含む9人が死亡した。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年1月 パリ
・何があったのか ―― 「シャルリ・エブド」などの襲撃から1年の1月7日、精肉用のナイフを持った男がパリ北部の警察署を襲撃しようとして、射殺された。遺体から、ISに忠誠を誓うと書かれた紙が見つかった。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語記事はこちら。
Grey line
○ 2016年1月 フィラデルフィア

襲撃の現場映像
・何があったのか ―― 米ペンシルベニア州フィラデルフィアで、ISに忠誠を誓う30歳の男が警官を待ち伏せして発砲。警官は負傷しながら応戦し、男は逮捕された。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年1月 エジプト・フルガダ
・何があったのか ―― 紅海のリゾート・ホテルで観光客3人が、IS武装勢力と思われる2人に刺された。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年1月 マルセイユ
・何があったのか ―― クルド系トルコ人の15歳少年が、ユダヤ系教師を刃物で襲撃。ISの名の下に行動していると主張した。教師は肩と手に軽傷を負った。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年1月 イスタンブール
・何があったのか ―― ブルーモスクの近くで、ISとつながりのあるシリア人男性が自爆。ドイツ人観光客8人を含む10人が死亡した。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語記事はこちら。
Grey line
○ 2016年1月 ジャカルタ

ジャカルタ襲撃 目撃者が事件振り返る
・何があったのか ―― インドネシアの首都で爆発と銃の乱射が相次ぎ、8人が死亡、4人が負傷した。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語記事はこちら。
Grey line
○ 2016年2月 米オハイオ州コロンバス
・何があったのか ―― レストランの客4人を長刀で襲い負傷させたモハメド・バリー容疑者は、逃亡した後、警察に射殺された。後に、ISとのつながりが明らかになった。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年2月 ドイツ・ハノーバー
・何があったのか ―― ドイツ初のIS支持者による攻撃。当時15歳のモロッコ系ドイツ人少女が警官の首を刺し、重傷を負わせた。
・BBCは伝えたか ―― はい。ただし、少女が今年1月に禁錮6年判決を受けた時に初めて。
Grey line
○ 2016年3月 イスタンブール
・何があったのか ―― 買い物客で混雑するイスティクラル通りで自爆攻撃があり、4人が死亡した。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年3月 ブリュッセル

爆発のあったブリュッセルのザベンテム空港から逃げる人たち
・何があったのか ―― ブリュッセルの空港と市内の地下鉄駅で爆発が相次ぎ、32人が死亡した。ISが犯行声明を出した。
・BBCは伝えたか ―― 手厚く報道した。特集ページ(英語)はこちら。日本語サイトの当日の第一報はこちら。解説記事はこちら。容疑者の供述に関する記事はこちら。
Adelma Tapia LuizImage copyrightFACEBOOK
Image caption
ブリュッセルの空港爆破で死亡したアデルマ・タピア・ルイスさん(37)。近くでは夫と双子の娘が遊んでいた。
Grey line
○ 2016年4月 ドイツ・エッセン
・何があったのか ―― 16歳少年がシーク教寺院を爆弾で襲撃し、3人が負傷した。警察は少年が、イスラム過激主義に感化されていると見方を示した。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年6月 米フロリダ州オーランド

遺体の身元確認が進む
・何があったのか ―― 米国史上最悪の銃乱射事件。ゲイ・ナイトクラブで49人が死亡した。現場で警察に射殺されたオマール・マティーン容疑者はISに忠誠を誓っていたが、実際の関係は不明。
・BBCは伝えたか ―― はい。特集ページ(英語)はこちら。日本語サイトの時系列のまとめはこちら。犠牲者たちの詳報はこちら。
Grey line
○ 2016年6月 フランス・マニャンビル
・何があったのか ―― ISに忠誠を誓うイスラム聖戦主義の男が首都パリ郊外マニャンビルで警官とパートナーを殺害。警官の家族が人質にとられていた民家に警察が突入し、男を殺害した。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語記事と続報。
Grey line
○ 2016年6月 カブール
・何があったのか ―― カナダ大使館のネパール人職員14人が自爆攻撃の犠牲になった。
・BBCは伝えたか ―― はい。BBCはほかにも、カブールで同月、過激派勢力タリバンが警察車列を爆弾で襲撃し、30人を殺害した事件についても伝えた。
Grey line
○ 2016年6月 イスタンブール
・何があったのか ―― アタチュルク空港を3人が襲撃し、自爆。乱射によって45人が死亡した。トルコ当局は、襲撃犯たちはISとつながりがあったとみている。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語サイトの第一報はこちら。同じイスタンブールで同じく2016年6月に起きた別の攻撃は、ホワイトハウスのリストに含まれていない。
Grey line
○ 2016年7月 ダッカ

バングラデシュ襲撃 外国人を標的にした犯行
・何があったのか ―― バングラデシュの首都で人気のカフェを、イスラム過激派が襲撃し、22人を殺害した。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語サイトの最初の記事はこちら。
Grey line
○ 2016年7月 ニース

「いきなり一大パニックが」 ニースの現場から
・何があったのか ―― イスラム聖戦主義に共感していると知られていなかったチュニジア人男性(31)が、革命記念日の祝賀花火を見物する人ごみにトラックで突入し、86人を殺害。ISは後に、男は自分たちのために行動したと宣言した。
・BBCは伝えたか ―― 徹底的に。こちらが当日のまとめ記事(英語)。実行犯についての詳報(英語)はこちら。犠牲者についてはこちら(英語)。日本語サイトの当日記事はこちら。実行犯についてはこちら。

南仏ニース襲撃で過激化に苦悩 地元イスラム社会
Grey line
○ 2016年7月 ドイツ・ビュルツブルク
・何があったのか ―― ドイツ南部を走る列車内で18日夜、アフガニスタン人の移民少年がおのやナイフで乗客を襲い、4人が負傷。捜査当局は、少年が(IS)の手製の旗を所持していたと明らかにした。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語サイトの最初の記事はこちら。
Grey line
○ 2016年7月 ドイツ・アンスバッハ
・何があったのか ―― 難民申請を却下されたシリア移民の男性(27)が自爆し、近くにいた12人が負傷した。現場近くでは野外音楽祭が開かれていた。男はISに忠誠を誓うビデオを撮っていたという。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語サイトの最初の記事はこちら。続報はこちら。
Grey line
○ 2016年7月 フランス・ノルマンディー
・何があったのか ―― ルーアン近くの教会に男2人が押し入り、ジャック・アメル神父(86)の首を切って殺害した。ISは後に、男2人は自分たちの「兵士」だと声明を出した。
・BBCは伝えたか ―― はい。日本語サイトの記事はこちら。

仏北部で教会立てこもり 司祭を殺害
Grey line
○ 2016年8月 ベルギー・シャルルロワ
・何があったのか ―― 「神は偉大なり」とアラビア語で叫んで、長刀で警官を襲い負傷させた男が射殺された。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年8月 オーストラリア・クイーンズランド
・何があったのか ―― 英国出身のバックパッカー、ミア・アイリフ=チュンさんがクイーンズランドのホステルで、フランス国籍の男性に刺殺された。男は犯行前に「神は偉大なり」と叫んだとされる。彼女の前には英国人男性トマス・ジャクソンさんが負傷し、後に亡くなっている。
・BBCは伝えたか ―― はい。ただし、ミアさんの家族はこの事件がホワイトハウスのリストに載せられたことに強く反発。娘の死は「イスラム過激主義のテロによるものではないと、捜査の初期段階で断定されている」と母親は指摘し、「移民を使い捨てのモノのように扱い」「宗教をもとにひとつの国や国民を敵視する」トランプ政権を批判。自分の娘の死が、政権の主張を補強する材料に使われるのは極めて遺憾だと言明している。
Grey line
○ 2016年9月 コペンハーゲン
・何があったのか ―― 軍官舎の跡地を不法占拠した人たちが作った「自治区」で、警官2人が撃たれた。ボスニア出身のデンマーク人男性はISに共感していたとされるが、過激主義が犯行の動機ではないと警察はみている。
・BBCは伝えたか ―― はい。
Grey line
○ 2016年9月 パリ
・何があったのか ―― ノートルダム大聖堂の近くで、ガスボンベを大量に積んだ自動車が発見された。警察は、ISが計画した爆破未遂事件だとみている。
・BBCは伝えたか ――  もうお分かりと思います。はい、です。日本語記事はこちら。
Grey line
○ 2016年9月 シドニー
・何があったのか ―― 郊外の公園で22歳の男が、犬を連れて通りかかった59歳男性をめった刺しにした後、警官も刺そうとした。男は、ISに触発されていたと警察はみている。
・BBCは伝えたか ――  はい。
Grey line
○ 2016年9月 米ミネソタ州セントクラウド
・何があったのか ―― ソマリア出身の男がショッピングモールで刃物を振り回し、8人が負傷。男は警察に射殺された。ISは、男を自分たちの「兵隊」と呼んだ。
・BBCは伝えたか ――  はい。日本語はこちら。
Grey line
○ 2016年9月 ニューヨークとニュージャージー

ニューヨーク爆発の瞬間 防犯カメラ映像
・何があったのか ―― ニューヨーク市のチェルシー地区で爆発があり29人が負傷。近くで不発弾が見つかった。同日にはこれに先駆けて、隣のニュージャージー州でチャリティー・マラソンの前にバイプ爆弾が爆発。後に、アフガニスタン出身の男が逮捕された。
・BBCは伝えたか ――  数日にわたって。日本語では、ニューヨークの事件についてはこちら。ニュージャージー州で見つかった不審物についてはこちら。
Grey line
○ 2016年10月 ブリュッセル
・何があったのか ―― イスラム聖戦主義に共感していたとされる男性が、警官2人を刺した。
・BBCは伝えたか ――  はい。
Grey line
○ 2016年10月 クウェートシティー
・何があったのか ―― 米兵5人を乗せた車両に、爆発物を積んだゴミ回収車が突入。エジプト人男性が逮捕された。容疑者のみが負傷した。
・BBCは伝えたか ――  いいえ。ただしAP通信は配信した(記事は米紙シカゴ・トリビューン)。
Grey line
○ 2016年10月 スウェーデン・マルモ
・何があったのか ―― コミュニティー・センターで小規模の火災が発生。被害は少なかった。後にISが犯行声明を出した。
・BBCは伝えたか ――  いいえ。スウェーデンの英字紙ローカル・スウェーデンは記事にしたが、ISの犯行声明については「眉に唾をつけた方がいい」と書いている。
Grey line
○ 2016年10月 ハンブルク
・何があったのか ―― 16歳少年が刺殺され、後にISが犯行声明を出した。
・BBCは伝えたか ――  いいえ。ドイツの英語メディアの記事はこちら。
Grey line
○ 2016年11月 マニラ
・何があったのか ―― 米国大使館の前で、爆発物とみられる不審物が見つかったが、爆発しなかった。地元メディアは、ISと関連があるのではと指摘した。
・BBCは伝えたか ――  いいえ。
Grey line
○ 2016年11月 米オハイオ州コロンバス
・何があったのか ―― オハイオ州立大学で、ソマリア出身の学生が車でキャンパスに乱入し、刃物を振り回した後、警察に射殺された。11人が負傷した。ISが後に犯行声明を出した。
・BBCは伝えたか ――  はい。日本語サイトではこちら。
Grey line
○ 2016年11月 チャド・ンジャメナ
・何があったのか ―― 11月30日に米大使館への発砲があったという情報があり、大使館も「治安上の問題」があったと発表した。ホワイトハウスによると、男が1人逮捕された。
・BBCは伝えたか ――  いいえ。
Grey line
○ 2016年12月 ヨルダン・カラク
・何があったのか ―― 観光名所の城で、武装集団と警察が銃撃戦になり、カナダ人の観光客1人と警官4人を含む10人が死亡した。武装集団の側も少なくとも4人が死亡した。
・BBCは伝えたか ――  はい。日本語記事はこちら。
Grey line
○ 2016年12月 ベルリン

ベルリンのクリスマス市にトラック突入 現場撮影した男性
・何があったのか ―― 12月19日にベルリンのクリスマス市にトラックが突入し、12人が死亡、49人が負傷した。実行犯とされるチュニジア人男性は12月23日、国際指名手配の末、イタリア・ミラノで警察に発見され、射殺された。
・BBCは伝えたか ――  連日詳報した。日本語記事はこちら。日本語サイトでは事件発生から、容疑者射殺まで。
(英語記事 Trump says terror attacks 'under-reported': Is that true?)
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |