第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・北朝鮮のキム・ジョンナム氏 マレーシアで殺害されたとの情報

dgIMG_2967_2017021519132719e.jpg

北朝鮮のキム・ジョンナム氏 マレーシアで殺害されたとの情報、NHK報道です

金正男氏は金正日氏の長男に当たり、現在の金正恩氏が政権を継ぐまでは、政権継承を担う人物と考えられてきましたが金正恩氏が政権を継ぎ、関係が悪化しています。今回特筆されるのは北朝鮮工作員による暗殺事件がマレーシア国内の空港で発生したという点です、これは銃所持が許可制であるマレーシア国内において空港での銃器傾向がほぼ不可能である点から、金正男氏のボディーガードが武装する事が出来ない状況を狙い襲撃が為されたという点で綿密に計画された点が窺えるでしょう

金正男氏は容体が悪化した状態で空港から病院へ搬送され死亡した事から、青酸ガスに類似した毒物を噴射された可能性があります。外国の空港での凶行ですが、北朝鮮は1983年に韓国の全斗煥大統領を狙うアウンサン廟爆破事件を起こしており、北朝鮮と良好な関係を維持していたミャンマーの建国の父の陵墓にて韓国副首相と外務長官を暗殺、結果、北朝鮮とミャンマーとの関係が戦争直前まで悪化した事がありました

↓以下NHK報道
北朝鮮のキム・ジョンナム氏 マレーシアで殺害されたとの情報
2月14日 22時20分
韓国の複数のメディアは、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏が、13日にマレーシアの空港で、何者かに殺害されたという情報があると伝えました。一方、韓国政府の複数の関係者はNHKの取材に「確認できない」と話していて、情報が錯綜しています。
韓国の複数のメディアは14日夜、北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム氏が、13日にマレーシアの空港で何者かに殺害されたという情報があると伝えました。

マレーシア警察の当局者は、NHKの取材に「北朝鮮の男性がきのう病院に運ばれて死亡が確認された。現在死因について調べている」と述べました。

一方、韓国政府の複数の関係者は、NHKの取材に「確認できない」と話していて、情報が錯綜しています。

キム・ジョンナム氏は、6年前に死去したキム・ジョンイル(金正日)総書記の長男で、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の母親の異なる兄になります。

外国語が堪能なことで知られ、以前から中国やマカオ、シンガポールなどで暮らし、北朝鮮にはほとんど戻っていなかったとみられています。
専門家 権力構造への影響は限定的
北朝鮮情勢に詳しい関西学院大学の平岩俊司教授は「ジョンナム氏は一時、キム・ジョンイル総書記の後継者として取り沙汰されたこともあったが、弟のジョンウン氏が選ばれたため、現在の北朝鮮の政権に対する影響力はほとんどなく、仮に殺害されたのがジョンナム氏だったとしても、北朝鮮の権力構造への影響は限定的だと考えられる」と話しました。

また、「ジョンナム氏は中国との結びつきが強いとされてきたが、具体的な関係は明らかになっておらず、中朝関係への大きな影響は考えにくい。まずは、今回のマレーシアへの渡航目的や、キム・ジョンウン政権との今の関係などを分析する必要がある」と話しました。
これまでの活動や発言は
キム・ジョンナム氏は、北朝鮮のキム・ジョンイル総書記と、2番目の夫人であるソン・ヘリム氏との間に生まれた長男で、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の母親が異なる兄です。

年齢は40代半ばで、1980年代にはモスクワやジュネーブのインターナショナルスクールに留学したといわれ、キム・ジョンイル総書記の後継者として有力な候補と、一時見られていました。

中国の北京や、マカオ、シンガポールなどで生活しながら、北京の空港などで外国メディアの記者からの問いかけに応じることもありました。

2009年には、北京の空港で記者団から父親のキム・ジョンイル総書記の後継問題について問われると「それは誰も断言できない。父だけが決められることだ」と答えていました。

2011年のキム・ジョンイル総書記の告別式にはその姿が確認されず、後継体制づくりで波風が立たないよう、告別式に出席しなかったという見方が出ていました。

一方で、最近は、外国メディアの取材に応じることもなくなり、東南アジアなどで目撃情報が伝えられるだけでした。
過去には東京ディスニーランド行きで身柄拘束も
キム・ジョンナム氏は、偽造パスポートで日本に入国しようとして空港で身柄を拘束され、日本政府から国外退去処分を受けたことがあります。

ジョンナム氏は、2001年5月、女性2人と男の子1人と一緒に、シンガポールから成田空港に到着した際、ドミニカ共和国の偽造パスポートを持っていたことから、日本の当局に身柄を拘束されました。

調べに対し、ジョンナム氏は来日の目的について、観光のためで、東京ディズニーランドに行く予定だったなどと話しました。

ジョンナム氏は、これ以前にも、数回にわたって日本に入国していたとみられることが、公安当局の調べで分かっていて、日本の文化などに関心を持っていたとみられています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170214/k10010876801000.html?utm_int=word_contents_list-items_007&word_result=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%A0%E6%B0%8F%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E3%81%8B
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |