第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

鞍馬の考:時事論点・・・ユーロ圏再度危機の恐れ、一段の結束なければ=IMF報告

ddbIIMG_5476_2017021600255042b.jpg

ユーロ圏再度危機の恐れ、一段の結束なければ=IMF報告 、ロイター報道です

欧州通貨同盟加盟国の中で、債務国の収支悪化に歯止めがかからなければ、欧州通貨同盟全体へ栄養が及ぶ可能性があるとの事、インフレ率が経済成長率を上回る加盟国がある中、堅調に成長している加盟国との差異が大きくなり、通貨同盟の基盤そのものに危殆を及ぼす可能性を国際通貨基金IMFが指摘しました、ギリシャ経済危機が記憶に新しい所ですが、スペインやイタリアとポルトガル経済情勢も際立って悪い状況にあります

↓以下ロイター報道
Business | 2017年 01月 27日 05:46 JST 関連トピックス: ビジネス, トップニュース
ユーロ圏再度危機の恐れ、一段の結束なければ=IMF報告
[ブリュッセル 26日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は26日、ユーロ圏財務相会合に提出したユーロ圏に関する定例報告書で、ユーロ加盟19カ国は結束を一段と高めない限り今後も危機に見舞われ続ける恐れがあると警告した。

IMFは同報告書で「競争力の差が根強いことが一部要因となり、ユーロを当初から導入している12カ国の間の国民1人当たりの実質収入に収束の動きは見られていない」とし、「一段の収束がなければ、通貨同盟は不安定性にさらされる公算が大きい」とした。

ユーロ圏経済については、回復は力強くなっていると指摘。2017年、18年、19年の経済成長率は約1.6%になるとの予想を示した。

ただ、潜在的なリスクに対するバッファーは縮小したとし、中期的な成長率見通しは弱含んでいると指摘。「公的債務を抱える国は、金融政策当局者が緩和措置の縮小に着手した際、借り入れコストの上昇への対応に苦慮する」とした。

IMFは英国の欧州連合(EU)離脱についても言及。「離脱プロセスにはまだ多くの先行き不透明性が存在し、信頼感の重しとなる」とした。

また、ドイツやオランダのような大幅な純輸出国は内需と投資を拡大させる必要があると指摘。一方、イタリアやポルトガルなどの純債務国は構造改革を一段と押し進め、生産性を向上させる必要があるとした。
ttp://jp.reuters.com/article/eurozone-again-crisis-imf-idJPKBN15A2WT
スポンサーサイト
鞍馬の考 |
| HOME |