第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

南スーダン労相が辞任、マシャール前副大統領への忠誠表明 【Weblog北大路機関補足:2017-02-21日付】

kIMG_1732.jpg

南スーダン労相が辞任、マシャール前副大統領への忠誠表明、AFP報道です

自衛隊派遣している故にこの人道危機国家の独裁政権への制裁決議に参加できない我が国、そろそろPKO全ての任務を終了し、全面制裁に移行するべき時期が来ているのではないかと思う。単純に、戦闘地域なので撤収、というのではなく、現大統領はPKO部隊へ戦車部隊や攻撃ヘリ部隊を周辺に展開させる示威行動を選択肢として持ち、PKOへ部隊を派遣する日本とともにインドや中国、それに韓国など各国の制裁を回避しているように構図が成り立っている

↓以下AFP報道
南スーダン労相が辞任、マシャール前副大統領への忠誠表明
AFP=時事 2/18(土) 11:26配信

南スーダン労相が辞任、マシャール前副大統領への忠誠表明
エチオピアの首都アディスアベバでインタビューに応じるリヤク・マシャール前副大統領(2015年8月31日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】南スーダンのガブリエル・ドゥオ・ラム(Gabriel Duop Lam)労相は17日、辞任を表明し、サルバ・キール(Salva Kiir)大統領に対立するリヤク・マシャール(Riek Machar)前副大統領への忠誠を誓った。同国高官の辞任は今週2人目。

 昨年マシャール前副大統領派の一員として統一政府に参加したラム氏は、報道声明の中で辞任理由を明らかにしなかったが、マシャール副大統領に対する「最大限の忠誠と献身」を表明した。

 マイケル・マクエイ(Michael Makuei)情報相はAFPに対し、ラム氏が副労相と共に「離脱」し、スーダンの首都ハルツーム(Khartoum)に向かったと認め「このことによる影響はない。個人の行動にすぎない。去る者には去る権利がある」と述べた。

 南スーダンでは数日前に政府軍の中将で補給部門の副参謀総長を務めていたトマス・シリロ・スワカ(Thomas Cirillo Swaka)氏が辞任したばかり。

 シリロ氏によると、キール大統領とその出身民族ディンカ(Dinka)人の政府軍幹部らは、2015年に結ばれた和平協定の「履行を組織的に妨害し」、ディンカの長老会議の「計略を遂行」しようとしたとされる。

 その計略とは「民族浄化」「先祖伝来の土地からの強制移住」「民族支配」で、いずれも人道に対する罪だとシリロ氏は非難している。

 石油資源が豊富な南スーダンでは独立からわずか2年後の2013年、クーデターを企てたとしてキール大統領がマシャール前副大統領を非難したことから戦闘が発生した。

 2015年に結ばれた統一政府の樹立を目指す和平協定は、昨年7月に首都ジュバ(Juba)で起きた戦闘で瓦解(がかい)した。

 キール大統領派に敵対する勢力は、ハルツームに亡命中のマシャール前副大統領派と、タバン・デン(Tabang Deng)第1副大統領派に割れており、三つどもえの戦いとなっている。【翻訳編集】 AFPBB News
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000012-jij_afp-int
スポンサーサイト
北大路機関:補足記事 |
| HOME |