第二北大路機関

第二北大路機関は、Weblog北大路機関メンテナンス時及びPC不調時の予備として設定されたブログです。

EOS-M5,評価試験 29:カメラの大きさ、旅先での夜の散策に一眼カメラは無粋か?

DKCIMG_5245_20170221224015bce.jpg

ミラーレス一眼の中でも比較的大型の部類に入りますEOS-M5、旅先の夜の散策にはどうなのでしょうか?

dg IMG_1803

一杯ちょいと、という散策の際にカウンターの一角を大きなカメラが占拠し、杯やグラスと傾けるのは無粋でしょう

DHIMG_9532_20170221224017f57.jpg

この点で、PowershotG-16や、この規模までのカメラならば背広のポケットに収まるのですがEOS-M5となると、ちょっと

DEMDSCF9699_20170221224015099.jpg

もちろん、ビジネスバックやハンドバックを手に足を運ばれる方も多いのですから、持ち込み制限などはありません

DHIMG_1580_20170221224016b2c.jpg

要するに、粋な旅先となるか、カメラに振り回される事になるのか、というところでしょう

DBS-IMG_9563_20170221224628421.jpg

小粋に撮影する事については、前回までに紹介しましたマクロ撮影にEOS-M5の対応が限界がある点も一つ

dbwIMG_5977.jpg

晩酌に一杯やって、そしてその思い出を後で共有する事が目的なのですが、ピントを合わせるべく距離取って撮る、とは

DCHRDSCF1982_20170221224631af3.jpg

マクロ撮影性能が高いコンパクト機種であれば、店主やお客に内心気付かれつつも素早くパチリもできます

ddb IMG_5510

マクロレンズを装着して赴くのも一手ですが、マクロレンズの代えとなる標準レンズを一々取り替えるも無粋でしょう

ddbIMG_8744.jpg

もっとも、筺体が大きければ、間違えて置き忘れるというリスクは、減少するのかもしれませんが、ね

北大路機関:はるな くらま
(本ブログに掲載された本文及び写真は北大路機関の著作物であり、無断転載は厳に禁じる)
(本ブログ引用時は記事は出典明示・写真は北大路機関ロゴタイプ維持を求め、その他は無断転載と見做す)
スポンサーサイト

榛名の旅 |
| HOME |